無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は2013年1月22日。新たなブログへ移行して7か月ほどたちました。

こちらを1か月以上更新しないと自動的にトップに要らぬ広告が出てしまうため、ちょっと手直ししました。

ぜひこちらを訪ねていただけたらうれしいです。
       ↓
佐藤まさたかWEBSITE


また、ご相談ごとや情報提供は gachapin@sato-masataka.net までお願いします。
ツイッターアカウントは https://twitter.com/sato_masataka
Facebookもぼちぼちやってます。 http://www.facebook.com/people/Masataka-Sato/100003363849915
スポンサーサイト

【2013/01/22 17:18】 | 未分類
トラックバック(0) |
2007年8月以来愛用し、ご覧いただいてきたこのブログですが、ホームページとの一元化をした方がよいよ、という友人のアドバイスもあって、移行中です。
新たなサイトをうまく使いこなせず、まだ整理がついていませんが、新しい記事は順次「佐藤まさたかWEBSITE」へ書いています。

また訪ねていただければうれしいです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2012年6月21日

佐藤まさたか拝




【2012/06/21 17:01】 | 未分類
トラックバック(0) |
東村山市議会として、だとよいのですが、それはもう少し先になりそうです、すみません。
私個人としての集まりのご案内です。

今週の土曜日(21日)午後4時から6時半の予定で、東村山駅西口サンパルネ内2階会議室をお借りして開かせていただきます。

昨春の改選後はほとんど開けていませんでしたので、この1年の東村山市議会と市政についての主要な報告を私なりにさせていただくとともに、お越しいただいた方たちとざっくばらんに情報交換&意見交換ができたら大変うれしいです。

これまでは知り合いの方たちにお知らせして、ということばかりでしたが、初めての方がふらっと立ち寄ってくだされれば、と思い、駅直での開催にトライします。

駅直結のビル2階を入り、本屋を過ぎ、突き当りの自動ドアをお入りください。右側が会場になります。

また終了後、希望者で会費制による懇親会を同ビル内3階飲食コーナー「イルソーレ」でやってますので、会に間に合わないよという方は、ぜひそちらにお越しください。

私をご支持いただくとかなんとかということとは全然関係ありませんので、お気軽にご参加ください。お待ちしています。




【2012/04/16 19:33】 | 未分類
トラックバック(0) |
間もなく23年度が終わります。
役所ではさしずめ大晦日という感じでしょうか。

月曜日(26日)午後11時15分に閉会した3月議会について早く報告しようと思い、何度か書きかけながら、言い尽くせないことが浮かんではアップできずにいます。

ということで、先に年度替わりに思うことを少し。

例年通り、市職員の人事異動の全容が見えてきました。
部長6人、次長2人が定年退職となりましたが、23年度から行われているフルタイム再任用管理職制度により、部長3名、次長2名が現職のまま明日24年度を迎えます。
このことについては、3月議会の代表質問をはじめ再三にわたって疑義を呈してきましたが(7分10秒あたりから質疑&答弁は35分過ぎから)、市長答弁によれば限定的な措置としてしばらく続くことになりそうです。

で、私がいつも本当に気になるのは、部次長職より課長職、課長職より課長補佐職…そして係長職です。

誰がどうこうということは控えますが、え?なんで?という異動が今年もいくつかありました。
身近なセクションの異動についてツイッター等でご心配の声もいただいていますが、せっかく積み重ねられてきたレベルを決して低下させることなく頑張ろうと、心ある議員と職員は腹を決めていますので、そういうことにはならないよう頑張りたいと思っています。

また、特に外に出てしまう若手の中に2人ほど、実に真面目に、そしてコミュニケーション能力も高い職員が含まれていましたので、木曜日、金曜日に所管を訪ねました。
すると一人は、「外に出て学んできたいと以前から思っていたので希望したことです。頑張ってきます!」と明るく答えてくれました。
もう一人も、これまで大変な業務を担いながら、こちらの質問や疑問には誠実に答えてくれた若者で、異動を前向きにとらえている様子でした。

もう一つ、私にとって大事なこと。
それは、庁舎の警備をしてくださっていた方々が、受託会社の変更により、明日朝8時をもってお別れとなること。
目立ちませんが、まさに縁の下の力持ちとして、24時間365日を支えてくれている方たち。
入札による契約先変更ですので仕方ないわけですが、しばらくは様々な戸惑いがあるかもしれませんし、居残りが作業が多い私にとっては、警備さんと宿直さんたちは心の友。さみしい限りです。

お世話になった方々の健康と新たな場でのご活躍を祈り、新年度を迎えたいと思います。


追記を閉じる▲

【2012/03/31 23:38】 | 未分類
トラックバック(0) |
今日は多摩市議会の「市民との意見交換会」にお邪魔しようと思っていたのですが、以前伺った100名規模の報告会と違って今回は定員30名とのこと。貴重な椅子を市外の者が見学に占めてしまうのも申し訳ないと思い直し、戻ってきました。
開会直前に友人の市議から「満席」とのメール。ですよね。テーマが「議員定数」ということもあって、きっと今頃は白熱の意見交換が行われていることでしょう。
何度も通う中で顔なじみになった議員も多い多摩市議会。その方たちの報告がアップされるのを楽しみにしていようと思います。

ということで、自分の話。
レポートの45号ができました。
画像をクリックしてご覧いただけたら幸いです。
また、うちの近所に配ってあげるよ!という奇特な方がおいででしたら、30部でも50部でも…100部でも200部でも、お声掛けいただけると大変ありがたく存じます。
来週はこのレポートを持って駅頭へ出ようと思います。

45号1&4面

45号2&3面

【2012/01/28 15:41】 | 未分類
トラックバック(0) |
昨日は長女が成人式を迎え、立川で朝6時半の着付けに始まり、生まれ育った日野での式典、0歳から自宅以上に長い時間を過ごしたじいちゃんばあちゃんち…と、ほぼお抱え運転手のように夕方まで動くこととなりました。
待ち時間が長かったこともあり、いろんなことを思い返す時間が持てました。

幼いころから実家や弟妹家族たちだけでなく、保育園や学童の親仲間、ご近所のお店屋さん、昔の職場の人たち…本当に多くの方たちに助けられ、育てていただいた20年が浮かびます。

成人の日 おじいちゃん&おばあちゃんと

親が頼りない分、ということもありますが、これからも人に恵まれ、その中で悩みながらも育って行ってくれればな、と思う一日でした。

そんな待ち時間の中、ある先輩のお宅を訪ねました。
日野の街でさんざんお世話になったご夫妻なのですが、年末に喪中を知らせる葉書。娘さんを亡くされたことを私は全然知りませんでした。

突然伺ったにもかかわらず快く上げていただき、遺影と向かい合いました。
31歳。昨年5月に体調不良を訴え、当初は腰痛と診断されコルセットをしたそうですが、増す一方の痛み。検査の結果は全く想像もしなかったもの。
筆舌に尽くせぬ病との闘いの中でご本人はがんばり抜き、一度は劇的に回復する兆しを見せたそうですが、その後再び症状が悪化し、11月4日には帰らぬ人に。

料理の道でたぐいまれなる才能を発揮し、将来を嘱望されていた矢先の発症。
遺影を飾る3つのフォトビジョンに次々と映し出される数えきれない写真が、彼女がどれだけご両親はもちろんのこと周りの人たちに愛されていたかを無言で伝えてくれます。

結局、ご夫妻からお話を伺ううちに、1時間半近くが経っていました。
「10年前、娘の時は大雪でね。車で市民会館まで送ったなぁ…」とご主人。
お嬢さんを亡くされてから2か月。「何にも手につかないけれど、ね…」と。

よもや、であり、なぜ…という思い。
これからやりたかったことがたくさんたくさんあったことでしょう…。
若い命が先に逝ってしまうことは、何事よりも本当につらいつらいことです。

ご家族のお気持ちは想像を尽くしても全く手が届かないほど、深いところにあることだけはわかりました。
少しでも安寧な時が訪れることを、そしてお嬢さんのご冥福を心よりお祈りし、失礼させていただきました。

生かされていることの意味を深く深く考える日。
心を込めて、合掌。



追記を閉じる▲

【2012/01/10 23:03】 | 未分類
トラックバック(0) |
年末は久しぶりに娘たちと予定が合ったので、友人家族が待つ石打丸山と、20代30代の頃に仕事の関係でずっとお世話になった五日町へ、スキーに出かけてきました。

s111230_154700.jpg

s111231_102949.jpg

日野社会教育センター「冬の自然学園」参加者や学生スタッフとして、また後年は職員として、足かけ25年間にわたってお世話になった五日町。私の原点のような場所を約10年ぶりに訪ねると、民宿の方たちもスキー場の方たちも、昨日まで会っていたような笑顔で迎えてくださいました。
長引く不況や度重なる自然災害、暖冬が多く雪不足が常態化している中(今年は稀にみる豪雪でしたが)、生き残りは本当に大変な様子でしたが、一生懸命生きておられる姿に胸を打たれました。
存続が危ぶまれていた五日町スキー場は、NPO法人「南魚いつかまち」として再スタートを切っておられました。
若い頃から育ててもらった五日町。できる応援はしたい。そう思いながら帰って来ました。


さて、言い尽くせぬ悲しみと苦しみに覆われた2011年から、2012年へ。
暦は替わりましたが、晴れやかなメッセージを発する気持ちにはなかなかなれないというのが正直なところです。

私自身は今年5月を迎えると、この世界に足を踏み入れて10年目に入ります。
10年と言えば、つまらぬ言い訳はもう効きません。

自分は何ができたのか。
自分という存在が加わったことで、東村山市議会は、何が、どう変わったのか。
この街に暮らす人たちのために、どんなプラスがあったのか。

たくさんの方たちと出会い、全く知らなかったことに触れ、学ぶ機会にも恵まれ、私自身には両手で抱えきれないほどのプラスがあったことは間違いありません。
だからこそ、自分は何を成し得たのか、誰の、どんな力になれてきたのだろうか?
そして、自分を取り巻くあらゆる状況を踏まえた上で、何を目的に、何を変えるために、何をつくるために議会人として生きるのか。

役所、職員、議会、議員等々…相手に変わることを求めるのであれば、自分自身もまた更新を怠らず、変わり続けることが前提なわけで。

こんな私をこれまで支えてくださった方たちの力に、思いに、改めて深く感謝するとともに、このままではダメだし、相当頑張り直さないとならない、というかなり重めの気持ちでのスタートとなりました。

新年最初の記事はもっと元気で明るい話を、とも思いましたが、今の思いを率直に書いてみました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


追記を閉じる▲

【2012/01/03 21:57】 | 未分類
トラックバック(0) |
仕事納めの今日。4時40分過ぎから恒例の市長による庁内放送がありました。
全文はほどなく市長のページにアップされることと思いますが、ちょうど控室にいたので、メモできた範囲で概要をお伝えします。

【まず渡部尚市長から】


仕事納めにあたりご挨拶申し上げます。
市民の皆さまには、市政推進に深いご理解と温かいご協力をいただき心より感謝申し上げたい。
職員の皆さまには、国難ともいえる中業務に精励していただき感謝。

今年は東日本大震災と福島原発事故という未曽有の複合災害への対策に追われた年だった。第2の敗戦とも言われるように、3.11を境に価値観、ライフスタイルを根底から問われることとなった。
夏季休暇を利用して被災地各地を訪ねた。石巻市大川小学校校舎の前に立ち、自然の恐ろしさを痛感し、犠牲となった子どもたちを思い胸が詰まった。
改めて、私たちの何気ない日常がどれほどかけがえのないものかと痛感するとともに、市長として生きる意味を考えることとなった。
登米市に避難していた皆さんとの出会いも忘れ難い。
世相を表す漢字として「絆」が選ばれた。
大震災、台風による被害、海外でも地震、水害…女子ワールドカップではなでしこジャパンがチームワークでアメリカに勝った姿に勇気もらい、絆の大切さを実感した一年だった。

本年4月スタートの総合計画における将来都市像「人と人、人と緑が響きあい、笑顔あふれる東村山」は、絆という言葉に象徴される3月11日以降、私たちが目指すべき方向性を先取りしたものと考えている。

来年も市民の皆さん、職員の皆さんと力を合わせ、一歩でも近づくよう歩んでまいりたい。

本年4月よりスタートした第4次行財政改革と第4次総合計画を車の両輪として進めていかなければならない。
取り巻く環境は厳しいが、改革を深化させ、自身のバージョンアップを図ってほしい。
私自身もさらなる研鑽をつみ、バージョンアップできるよう渾身の努力をしていくつもりである。

理事者の人事異動について。
金子副市長が12月31日をもって任期満了で退任。就任以来、財政危機にあった市の給与改革はじめあらゆる分野で尽力いただいてきた。
なお、来年1月1日からは荒井浩氏を迎える予定なので、よろしくお願いしたい。

森教育長は12月議会で再任された。ご協力をお願いしたい。

最後に、職員に注意を喚起したい。
残念なことに、2月と8月に不祥事が発生した。本人の人生を台無しにするだけでなく、家族や職場にも大きな影響を与えることとなる。
服務規律に疑惑や不信を与えることのないよう、また、年末年始はお酒の機会も多いので、特に交通ルールの徹底を図ってほしい。

「みんなでつくるみんなの東村山」へ改革と未来へむけたまちづくり、一歩一歩姿勢を着実に前進させて痛く所存。
どうぞよいお年をお迎えいただけるようお祈りし、仕事納めの挨拶とします。


【続いて、金子副市長】

12月31日で退任します。4年間ありがとうございました。
4年前がまるで昨日のことのよう。
公金横領事件への対応が私の最初の仕事だった。
その後、財政状況の窮状から職員の皆さんには迷惑をかけたが、大胆な給与構造改革をし、財政再建に取り組んだ。
この4年間で、政権は福田、麻生、鳩山、菅、野田と5人も変わる中、そのたびに地方は振り回されてきた。

久米川駅北口の工事中断、第八保育園指定管理者選定の混乱、…誤った学校耐震診断の和解等々、思い出される。

また、長期計画に携われたことは行政マンとして幸せなことと思う。

3.11以後は、震災対応と放射能対策に追われた。

毎日は予想外の出来事ばかり。新鮮の連続、充実した4年間だった。

市長とともに職員がつくりあげきた東村山市は素晴らしい職場。

今後も将来都市像実現目指して邁進していただきたい。
必ず達成できるものと信じている。

これまでのご協力に心より感謝申し上げたい。
長い間ありがとうございました。


追記を閉じる▲

【2011/12/28 17:13】 | 未分類
トラックバック(0) |
s111027_113516.jpg
久米川駅南口ロータリーでコレを見つけた方、いらっしゃるのではないでしょうか。
s111027_113455.jpg

全部で20~30枚。
市内小学校の子どもたちに絵を描いてもらい、それを特殊加工したゴム板に印刷したのだそうです。
足元を探してみてみると、いろいろな絵があってそれだけで楽しいですし、なにより、その上に自転車を停めようとは思えない心憎い仕掛けになっています。

これまではこのタイプでした。
s111027_113609.jpg


また、駅周辺で配ったというこのパンフ。

ss111031_172355.jpg

s111031_165303.jpg

「放置自転車禁止」という啓発活動はこれまでも毎年行われてきましたが、「駐輪場をご存知ですか?」という呼びかけは初めてではないでしょうか。

昨日もモザーク祭があったので久米川駅南口へ行きましたが、周辺に停めてある自転車のかごの中にこのパンフが入っていました。
パンフを開くと駅周辺の駐輪場案内MAPが載っていて、最後のページにはこうあります。

便利で楽しい自転車は、私たちの身近な乗り物です。
“大切な自転車をきちんと駐輪場にとめる”
一人ひとりのワンアクションで、
もっと気持ちよく暮らせる街になると思いませんか?

久米川駅周辺の駐輪場はご存知でしたか?
この駐輪場マップがお役にたてたらうれしいです!


s111031_172912.jpg


駅周辺ではあふれる放置自転車に手を焼いている一方で、近隣商店への買い物客からは「店先に止めただけで監視員から咎められて不快だった」という声も上がったりして、所管ではかなり苦労をしてきたと聞いています。
今回は初めて、役所が一方的に注意を喚起するというのではなく、商店や駐輪場の管理事業者と共通のテーブルを設けて率直な意見交換をしたのだそうです。とっても大事なことだと思います。
パンフの費用等にも関係事業者の協力をいただいたりして、同じ予算でも今まで以上の効果が期待できそうとのこと。

とはいえ、何より私たち一人ひとりのモラルが問われている問題。
車いすや視覚障害の方たちにとっても安全で歩きやすい駅前ロータリーや歩道にしたいものです。

今回のやわらかいキャンペーン。来年以降も主要な駅前で順次展開していくそうです。


追記を閉じる▲

【2011/10/31 18:12】 | 未分類
トラックバック(0) |
9月議会が始まって10日目。
市長所信表明、4会派による代表質問20名による一般質問まで終わり、明日からは委員会での審議、審査に移ります。

ブログの更新、2週間ぶりです。ここ半年くらい頻度が落ちていたとはいえ、こんなのは初めて。
ツイッターでちょこちょこ発信しているから、なんて言い訳はきかないレベルなわけでして、時々訪ねてくださっている方、申し訳ありません。


ブログを続けるという行為。
小学生の頃の日記のようにその日にあったことを並べてみてもな…と思うものですから、私の場合、起きている事象や問題についておおよそ整理をし、組み立て直さないと発信まで辿り着きません。なんて言うほどの中身でない日も多いわけですが…。

書けないのは、書く時間がないというよりも、目の前で起きる物事に追われるばかりで、整理する作業が殆どできていないからだ…と気づいたところです。(今頃か!?)

もともと整理整頓は大の苦手なわけですが、議会控室の机の上も自宅の部屋も、いやぁそれにしても…な状態。

とりあえずは、深呼吸して、目の前に積みあがった書類を少しずつ整理して、寝るべき時間には寝て、ワンワン日記のような日もあるかもしれませんが「日記」をできるだけ書いて、一つ一つ片づけるべきことを片づけていこうと思うところです。

ということで、つまらぬ言い訳話ですみませんでした。
今日からとにかく再開しよう、と書き残すことで明日に、明後日につなげていこうと思います。

明日は9時から厚生委員会と生活文教委員会。
厚生委員会は、「地域福祉センター条例の一部改正」つまりは「ころころの森」を指定管理者制度へ移行させるための条例改正について審議が行われます。課題がたくさんありますし、手順としては大いに問題があると思われますので、質疑にはかなりの時間がかかるのではないかと思われます。
継続審査となっている4件の請願(6~9号)は、議案採決後に審査されます。午後になるのかもしれません。

同時刻には生活文教委員会も開かれ、私はこちらの委員ですので、4本の議案審議(35号と39~41号)と、請願3件(2~4号)の審査を行います。

議案4本については反対をすべきものはない、と判断していますが、このような機会でなければ確認できない点も含めて質疑するつもりです。
ちなみにこんな中身に↓なっています。

39号白秋山の家条例一部改正

議案40号スポーツ振興審議会条例一部改正

41号スポーツセンター条例一部改正

本会議場とは違って一問一答方式ですのでわかりやすいですので、もしお時間ありましたらぜひ傍聴にいらしてください。


追記を閉じる▲

【2011/09/07 16:38】 | 未分類
トラックバック(0) |
寝苦しい夜が続いていますね。
今朝は4時過ぎに目覚めたら、娘二人が女子ワールドカップを観ていました。
15年前か20年前のイメージのまま「女子だろ…」なんて言って私は一度も観ていなかったのですが…プレーの質の高さに驚きの連続でした。
そして、よもやの優勝。
驚異的な精神力と120分走り切った力。決してあきらめない心に、胸を熱くしました。
世紀の一番であれだけの力を出し切れた選手はもちろん、ともにしのぎを削り、それを支えた控えの選手や、コーチングスタッフの力が夢を実現させたのでしょう。


ところで…。
夜8時9時まで残ったり、終わらない仕事を土日にこなしたりすることが多く、警備さんや宿直さんに大変お世話になっている私。
土日に控室に入るときは、地下の宿直室でノートに記入の上で鍵を借りるのですが…。

宿直を毎日交代で担っている嘱託職員の方3人のうち、一番長かったKさんの姿が最近見えないので先ほど尋ねたら、6月いっぱいでお辞めになったとのこと。
昔の職場でも、夜間警備の方たちとはなぜかとっても親しくなったものですが、現在の仕事に就いてもそれは変わらず。
その中でも、Kさんには、笑顔とジョークで励ましていただいたこと多々。

宿直さんは陰の存在ですが、一般職員がいない時間の対応を一手に引き受けているので、本当に大変だな、といつも感じます。
何年か前の年末などは、ゴミ収集に絡む苦情電話が鳴りっぱなしでした。
なんで来ないのか?とか、いつまでなのか?とか、早く取りに来い!とか…。
他にも、市役所で不祥事などあろうものなら、酔った勢いで怒鳴り散らす電話や早朝の嫌がらせ電話が続くことなどもあり…不眠不休で応対されていることもありました。

最後は面と向かってちゃんとお伝えしたかった…。
おつかれさまでした。そして、ありがとうございました、と。





【2011/07/18 14:32】 | 未分類
トラックバック(0) |


めたぼちょ子2号
仕事で時間外にいろんな役所に電話をすることがありますが、どこでもご丁寧な対応で頭が下がります。
もちろん表舞台では、職員の方々ががんばっていることと思います。でも、表裏関係なく、市民や都民とともにいい街づくりの一員として、これからもご活躍していただきたいと思ってます。
退職された方にも、佐藤議員の思いが通じていると思いますよ。


佐藤まさたか
めてぼちょ子2号さん
コメントありがとうございました。

いろんな力に支えられて自身も仕事ができているんですよね。
宿直、警備の方たち以外にも、清掃や機械設備の方たちも、老朽化した施設・設備と悪戦苦闘しながら頑張ってくださってます。目立ちませんけどね。

コメントを閉じる▲
一昨日(25・土)夕方、みんなで決めよう「原発」国民投票の設立総会に参加のため、ビデオカメラと三脚を抱えて月島へ向かいました。

会場の月島区民館には80名ほどの方がかけつけ、報道もTBS、日テレのカメラ、共同通信と読売新聞の記者が入っていました。

「原発」国民投票 設立総会1

「原発」国民投票設立総会 2

この日の様子は今のところ、こちらで報じられています。

名古屋での準備会も無事終了し、7月3には大阪で開催される予定です。
着々と広がる動き。
「大事なことだから、私たち自身で決めよう。国民投票で決着をつけよう」という一点で、来年3月の実現を目指して活動は続きます。


ところでこの日、会場に着く間際に、携帯に1本の電話。
旧知の代議士秘書からでした。

「日野市議の今井昭徳さんが亡くなられた」とのこと。
体調を崩しておられたことは聞き及んでいましたが、よもやの報…。
46歳と6か月。あまりに早すぎる、若すぎる旅立ち。言葉を失いました。

多摩地区を中心に何人もの首長や議員の誕生を参謀として支え、5年前にご本人が満を持して日野市議選に挑戦。
以来2期。多くの方の信頼を集め、将来を嘱望されていた矢先の訃報です。

4月の私の選挙では陣中見舞いに来てくださいました。私はあいにく不在にしていてお会いできなかったのですが、後で聞くと既に体調は相当お悪かったようなのです。

ご本人は無論、ご家族や周囲の方たちはさぞかし無念でおられることと思います。
弟さんが、今井さんのHPツイッターでお知らせくださっていますが、お気持ちはいかばかりかと…。
ただただ衷心よりご冥福をお祈りするだけです。

お通夜は29日(水)18時から、告別式は30日(木)10時から、いずれも京王線高幡不動駅から程近い観音院(日野市高幡709 電話042-591-8871)で執り行われるとのことです。


今日、一つ歳を重ね、48になりました。
40をはるかに超え、50がはっきり見えてきているのに、相変わらず迷いっぱなしの毎日。
今井市議の悲報、収束の見通しの立たない原発、南相馬の子どもたちの顔…まだまだいろんなことが浮かび、心も頭もグチャグチャのまま一日が終わりました。




追記を閉じる▲

【2011/06/27 23:59】 | 未分類
トラックバック(0) |
昨日、薄井さんがこんなツイートをされていました。

masa44hm2 2011.05.02 18:48
選挙の悔しさや喜びを語るブログ記事がまだでているようだけど、そろそろいいんじゃないの。会派がどうなるのか? 臨時会はいつなのか? 6月1日からは6月定例会もスタートする。一般質問は何をやるの? 次に向けた記事がそろそろ欲しいなぁ。


確かにそうかもしれません。


矢野・朝木両議員による薄井議員に対して仕掛けられた攻撃は、まさに人の道にもとる卑劣さであり、断じて許されるものではありません。

しかし今、私がそれを声高に改めて書き連ねることが望まれていることではないかもしれません。

薄井さん、鈴木さん、それぞれに仕掛けられたあまりに理不尽な攻撃がどうにも許せなくて、私なりに何度かに分けて記します、と前回書きましたが、ご本人の思いと違うところで私があれこれ書くのは筋が違うかもしれませんね。

そもそも一昨年、自民党会派分裂のきっかけとなった「競艇・競輪組合議員」選出をめぐって仕掛けられた低レベルな諍い、協働・市民参加を掲げた渡部市政の最大抵抗勢力となり続けた分裂後の自民党会派の水面下での動き、市議選に向かって計画的に野口町界隈で流布された根も葉もない鈴木忠文さんへの悪評…等々、ここまでやるのか、という思いを持っていましたし、細渕前市長をオヤジと慕う市職員元幹部らの自民党各陣営への深い関与も、私には度を越したものに思えていました。

選挙戦初日には、細渕前市長がある自民党新人候補者の出陣式で「この町には私の功績にことごとく反対をしてきたとんでもない人間が越してきた。◎◎さんをこの町から議会に出さないと、東村山はとんでもないことになる」等と力を込めて挨拶をしたと聞き、ただただ情けなく、恥ずかしくなりました。
同じ集まりでは元自民党議員が「議員はその町に金を持ってくるのが仕事だ。そういう意味でこの町には議員がいない」と力説したそうです。
いつの時代に生きているのか?と呆れ果てました。

しかし、もうこういう話は今日限りでやめようと思います。

薄井さんと鈴木さんがそれぞれご自身の言葉で今回の選挙戦を振り返っておられますので、そちらをご覧いただければと思います。
薄井政美さんブログ「好きになろうよ!東村山」
鈴木忠文さんブログ「見えない風をさがして」

東村山市議会最大の発信者であった薄井さんと、党派会派の枠を超えた議会改革の牽引役であった鈴木さんが、これからの4年間この議会にいないことによる損失は計り知れません。

それを私が埋められるとは全く思いませんが、まずは、これまで以上にどんどん発信し、これまで以上にオープンに粘り強く合意形成を目指す自分に変わらないといけない。そう思っています。

鈴木さん、薄井さん、これまで本当にありがとうございました。
そしてこれからも、開かれた市政、開かれた議会へ確実に歩を進めるために、私は4年間、議会の中で頑張ります。
どうか外から厳しい厳しい目で議会を見つめ、どんどん刺激を与えてください。
どうぞよろしくお願いいたします。


新しい議員25名がどういう会派構成になるのかは、9日(月)12時が届出の締切なので、そこまでに決着することになります。
議長、副議長をはじめとする全ての人事は、その後の話になりますが、立候補制による議長選挙を行うことが、議会改革を標榜する議会としては最低限度のスタートであると思っており、その働きかけには全力を挙げていきたいと思っています。
私自身は3名会派として薄井さんを失ってしまったので、大塚さんと十分協議をしながら、あらゆる可能性を探っているところです。


追記を閉じる▲

【2011/05/03 16:37】 | 未分類
トラックバック(0) |
大事な同僚と最も信頼する先輩議員を同時に失い、なかなか気持ちの整理がつかずに、ご報告が遅くなりました。

3度目の選挙、下から2番目で当選させていただき、4年間という大切な時間をいただきました。

投票用紙に私の名前を書いてくださった1,517人の方の思い、そして選挙戦で出会った多くの方の思い、志半ばでいったん議場を去ることになった同僚議員の思い…。
深く深く心に刻んで、新たなスタートを切らせていただきます。

議会を変えれば、まちは変わる。

市民から見える議会。
大いに議論する議会。
外から学ぶ議会。
オモテでものを決める議会。
市民の中へ飛び込んでいく議会。

志を同じくする人たちとも、異なった意見を持った人たちとも、丹念に議論を重ねながら、ようやく進み始めた時計の針を確実に前へ進めるため、全力を挙げることをお約束します。

これまでにない責任の重さをひしひしと感じています。
前途多難な船出ですが、ひるまず、逃げず、進んでいく覚悟です。
4年間、どうぞよろしくお願いいたします。




【2011/04/27 18:52】 | 未分類
トラックバック(0) |

がんばってください
めたぼちょこ2号
まさに「なんとかしようよ東村山」という状況だと思っています。
この街を原始時代に戻さぬように、方向性を定めて、4年間しっかりとがんばってください。
佐藤議員に投票した方々は、きっと同じ方向を見ていますから。応援しています。

Re: がんばってください
佐藤まさたか
コメントありがとうございました。お返事遅くなってごめんなさい。
励ましの言葉を胸に、一日一日がんばります。どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

コメントを閉じる▲
今度の日曜日からスタートする選挙に向けて、たいへん恵まれた場所に事務所をお借りすることができました。
ほぼ、自宅の一室を使うことで乗り切らざるを得ないと思っていたのですが、つい最近になって本当に幸いなことにスペースをご提供いただけるというお申し出をいただき、一昨日の日曜日に事務所開きも行わせていただくことができました。



事務所開きには、これまで様々な場面で出会わせていただいた方たちがつどってくださり、アットホーム、かつ引き締まった雰囲気の中で、今後に向けた思いを共有させていただくことができたように思います。
事務所は無しでも…という考えもあったわけですが、実際に人がつどい、互いが知り合い、また輪が広がっていく姿を目の当たりにすると、「場」の持つ力、人と人とが互いに生み出す力の重み、ありがたさを感じずにはいられませんでした。

りんごっこ保育園開園騒動、新山手病院敷地内のマンション建設問題、栄町3丁目の日陰規制緩和問題、本町都営跡地の桜並木皆伐問題、東村山駅西口再開発をめぐる住民投票運動…なぜかいつも市内で起きる大きな問題や争点の渦中にいた1期目の4年。
結果がよかったことばかりではありません、というよりもむしろ望んだ結果になったことの方が少なかったわけですが、その時その時の当事者の皆さんの出会い、一緒に汗をかき、笑い、涙したことが、その後、思いもしない新たなものを生んできたように思います。
2期目の4年は、異なる立場の方たちとも議論し、知恵を重ねることで、新たな流れをつくりだすことができたように思います。

東村山の地に来て11年半。
これまでの全ての出会いに感謝して、今日からも歩いていきたいと思っています。

事務所は、東村山税務署北の信号前、鷹の道に面したところ。25日(月)までお借りしています。

【追記】ツイッターでは既にご報告しましたが、新しいHPを開設することができました。


追記を閉じる▲

【2011/04/12 06:17】 | 未分類
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。