無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜はお通夜でした。

63歳。早すぎる死です。

家族思いで、仲間思いで、森田みつおさん(日野市議)の後援会にはなくてはならない方でした。

10年前まで子どもたちの現場で一緒に汗を流した同僚と久しぶりに再会し、弔問にお見えになる方たちの案内係として日野駅前に1時間半ほど共に立ちました。彼も今は介護職として新たな毎日をつくり出しています。

その後、斎場へ戻り、後援会の皆さんと故人に献杯を捧げ、偲び、語りました。



「もうあんなおかしなのを相手に闘うのはやめて、一緒にやらないか?」

そう声をかけてくれる森田みつおさんと後援会の皆さん。

先日の衆議院選挙のときにも、長島さんが同じことを言ってくれました。

ホントにありがたい話です。


でも、おかしなのを相手にして闘うことも、縁あって出逢った一人ひとりの仲間と、先輩と、東村山がよくなることを信じて頑張ることも、自分で選んだ「私の生きる道」。



「佐藤辞めろ、目障り」という連中の思いが伝わってくればくるほど、一段と闘志が沸いてきますし、東村山とは縁もゆかりもない方たちが日々闘ってくださっている重さを感じれば感じるほど、元気が出てくる私です。

それにしても、いろんな失敗を重ね、周りの方に心配や迷惑を掛けながら、46年余り生きて来たわけですが、人のつながりの中でどうにかここまで来させてもらえたんだな…と改めてしみじみ思う夜でした。幸せな話です。


明日の告別式にも伺い、棺の中の健二さんに思いを伝えてこようと思います。

今夜はちょっと酔っているかもしれません。おやすみなさい。






追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2009/09/26 23:23】 | もろもろ
トラックバック(0) |
ポストから取り出して、目を疑いました。
総裁自ら「矜持」だ何だとおっしゃっていた政党が、いったいぜんたいどんな成算があって、こんな怪文書以下の配布物を撒いたのでしょう?

有権者の恐怖心を煽る?
どこかで有権者を小馬鹿にしている気持がなければ、こんな手は使わないのではないでしょうか。

ただただ悲しく、情けない…。
誰を、どこを支持するかどうかということとは全く関係のない話として。


どんなに貧しても、こんな風に鈍してはいけない。
そう教えてくれるようです。









【2009/08/23 23:57】 | もろもろ
トラックバック(0) |
基本的に毎日元気な方ですし、プラス思考ですし、あまり溜め込んだりしない性格ですが、それでもいろいろ考えて、キャパいっぱいになったり、煮詰まったりもするわけですが…。

こんな映像を教えてくれた友がいて…。
ありがとうです。

http://www.youtube.com/watch_popup?v=_GHYH89Rq5E

さ、次。
早めに寝て、明日はまた頑張ります。


【2009/08/11 22:30】 | もろもろ
トラックバック(0) |
嵐の前の何とやら?なのか…市役所5階の議会フロア、連日静かです。

来るべき総選挙に向けて動き出している人、9月決算委員会に向けて準備に余念がない人、地元の要望対応に勤しんでいる人、束の間の家族サービスに努めている人…まあいろいろだとは思いますが、総じて静かです。


私自身の8月の入りは、以前の職場で13年前に小中学生を佐渡のキャンプに引率したメンバーによる同窓会的アウトドアランチから始まり、行きつけのMARUがMARU茫々亭としてリニューアルオープンしたので駆けつけ、翌日(2日)は北山わんぱく夏まつりに今年もスタッフ参加するつもりが体調崩して一日ダウンし(久々に寝続けました)、今日(4日)は矢野・朝木議員との裁判に出向き…と公務とはほとんど関係ないながらも、バタバタの毎日です。

そんな中、静かな5階控室で、9月決算委員会に向けて電卓片手にデータとにらめっこを重ねるのもまた楽しいものでありまして…。

今週、6日(木)は多摩住民自治研究所の議会研究会の定例会。
7日(金)は9月議会に向けて会派代表者会議が予定されています。

お盆が明けると、18日(火)には総選挙が公示されて29日(土)まで、私はこれまで同様、21区の長島昭久の完勝目指して走るつもりです。

直後の20日(木)はうちの議会の告示日であり、一般質問と代表質問の通告締切。
27日(木)は9月議会初日ですので、先日の陳情についての委員長報告を用意することになります。

決算委員会の質疑通告締切は、一般質問2日目の9月3日。
どう考えても、お盆明けから9月議会最終日の9月29日まではノンストップの暑い夏となりそうです。


追記を閉じる▲

【2009/08/04 22:29】 | もろもろ
トラックバック(0) |

基金の運用
ksofuto2918
当市にいくつかの基金があります。基金の運用ってどのようにしているんでしょう。
いくつかの自治体ではリスクの高い商品で運用を目論んだ結果、損を出しているようです。当市では
昨年度どのように運用(あるいは預け入れ)をしたんでしょう。また、預金通帳などの照合は監査委員がおこなっているんでしょうか。是非確認をお願いいたします。

Re: 基金の運用
佐藤まさたか
ksofutoさん こんにちは。いつもありがとうございます。

確かに、運用に失敗して大きな損失を出してしまった自治体や、私立大学なども話題にのぼる昨今。当市の状態がどうなっているのか、気になるところではあります。

とはいえ、当市では幸か不幸か(?)ハイリターン&ハイリスクな運用に回せるような余裕はないのだろうなぁ、と思料する次第です。

確認でき次第、ご報告します。



コメントを閉じる▲
maruファイナル

maruファイナル



maruファイナル

maruファイナル

maruファイナル

maruファイナル

maruファイナル

maruファイナル

maruファイナル11






maruファイナル






maruファイナル12



さよなら MARU
ありがとう MARU





追記を閉じる▲

【2009/06/22 23:55】 | もろもろ
トラックバック(0) |


akikenyou
熱い思いが込められた言葉二つ……
同感です。

akikenyouさんへ
佐藤まさたか
連投でコメントありがとうございました!

ラストナイトの皆さんの熱唱、ずっと記憶に残ることでしょう。
消える灯、ともる灯。
往く人、来る人。

どんどん新しいものが生まれてくる可能性を感じてますよ。
またよろしくです。

コメントを閉じる▲
PCの不具合もあり、更新が滞ってしまいました。GWも明日でおしまいですね。
この間の報告を簡単にしておきたいと思います。

5月2日(土)は午前10時から「八国山たいけんの里」の開館記念式典に出席。

開館式典

外観


この施設については、平成7年に縄文時代の生活の跡「下宅部遺跡」が発見され、その出土品を収蔵することを主コンセプトとして計画されました。
平成16年には実施設計が完了し、17&18年度に工事予定でしたが、財政難から2年間凍結され、前市長が退任する際の予算(19年度)に計上されて19&20年度の2年間で建設されました。



私自身は工事契約議案審議の際(19年9月4日本会議)に、質疑の上、次のように討論を行って反対をした経過があります。

お金があるときならば、悪い話ではないと私も思います。それから、一定程度のきちんとした保存施設が必要なことも、理解しているつもりですし、生涯学習に資するというコンセプトも有益だと考えます。
しかし、2時間ほど前に、自治体存亡が問われるというような話も、市長の所信表明にあったように、本当に新たな、とりわけ新たなハコモノ計画は精査に精査を重ねるべきであります。
必要以上のハコモノは、維持・管理費もかさむことも当然懸念されます。歴史館とのすみ分けも不明確です。入札ルールについては、改正への意欲も全く感じられませんし、認識が極めて甘いと言わざるを得ません。


あれから1年半。
この日のオープニングには、ふるさと歴史館の学芸員を中心に、多くのボランティアスタッフの方の力が集められていることを感じました。老若男女によるワークショップを重ね、手づくりのソフトを提供する学習の場が準備されたことには率直に敬意を表したいと思います。

1階ホール

1階学習スペース

貴重な出土品を収蔵する場としては必要なものであった、ということもよくわかりました。
説明を受けながら、遺跡の意義について殆ど理解していなかったことを反省もしました。3,500年前の木製の生活道具等がそのまま発見されたことの希少性、栽培から生産、加工に至るまで一貫した漆の技術がこの地にあったことの重み等々、知らないことばかりでした。

一方で、「やはり…」と考えされられることがいくつかありました。
最も大きな点は、2億円もかけた複合施設が本当に必要だったのかろうか、ということです。

1階展示室

2階所蔵庫

2階収蔵庫の入口で説明をしてくださったボランティアのリーダー格らしき方がこうおっしゃっていました。
「とにかく、この収蔵庫だけでも、1日も早くつくってほしかったんです」。

まさにそういうことなのだろうと思いました。真に必要だったのは、30万点に及ぶ出土品を適切に管理できる収蔵機能なのです。これまでは、ふるさと歴史館内のあちこち(本来は収蔵スペースではないところにも)に積み上げてあったそうですので、一手に収蔵し、将来にわたって分析を進める場は不可欠だということもわかります。
であれば、どうして収蔵に特化した施設にしなかったのか。外観は大変立派ですが、もっとシンプルなものでよかったのではないか、そう思わずにはいられません。

もちろん、学習機能が無意味だなどとは思っていません。むしろ、展示方法自体にはあまりお金をかけることができなかったことがしのばれるので、一般の方が展示を目的としてリピーターとなってくださることよりも、子どもたちを中心とした学習機能の方にこそ活路を見出していくべきかもしれません。

できあがったものにあれこれ言ってみても、とは思いつつも…。
今年3月の予算委員会で市長自ら「当市の規模で同様の施設を2つ抱えることは大変」という主旨の答弁がありましたが、将来にわたって市民に納得してもらえるための道のりは簡単ではないと改めて感じます。

とにかく一度足を運び、利用していただき、率直な声を届けていただけたらと思います。私自身も外から批判するのではなく、努めて利用する中で考えていきたいと思います。


森羅万象薫風ライブ

その前日、5月1日(金)夜は、東村山駅西口駅近くの「MARU」で開かれた「森羅万象ライブ」に立ち寄りました。4月29日から5月10日(日)まで開催されている木版画家・大久保草子さんの個展に合わせ、仲間たちが中心となって企画したライブで、地元東村山のミュージシャンたちによる素晴らしいセッションが夜遅くまで続きました。

maru5

個展については、草子さんのブログ草楽房をぜひご覧いただき、ぜひ足を運んでいただけたらと思います。どの作品からも、生きとし生けるものへの思いがぐっと伝わってきて、不思議な力をもらえるようでした。

そして昨日(4日)。
GW恒例になった「府中大国魂神社くらやみ祭」に、次女と次女の友達姉弟(ほとんど3きょうだいのようです…)と出かけました。
飴細工職人の坂入さんは今年も健在。
飴細工職人・坂入さん

恒例の飴細工屋さんで

見世物小屋

今年は去年尻込みした「見世物小屋」にも4人して入り、魔法ショウやら蛇女(YouTubeに実際の映像がありましたが、リンクは貼りません)やら…妖しげな昭和の香り(?)を楽しみ、帰ってきました。

さて、明日は、娘たちも私もさぼった宿題を片づけないといけません。



追記を閉じる▲

【2009/05/05 23:57】 | もろもろ
トラックバック(0) |
堤全景

多摩湖堤より東村山駅方面をのぞむ

6年ぶりに開放された多摩湖の堤と狭山公園。

平日でしたが、一気に満開になった桜に誘われるように大勢の人でにぎわっていました。

一新された堤は、かなり危なかった斜面が整えられ、階段やスロープも増設されていて、明るい感じになりました。
満々と水をたたえた多摩湖を見るのは久しぶりですが、いいものですね。

公園入口にある事務所には、こんな看板が出ていました。
狭山公園事務所

親しみやすい公園づくりの工夫があちこちに見られます。

公園事務所2

多摩湖取水塔

オオタカについて

前後しますが、日曜日は東村山駅東口の桜祭りをのぞいてみました。
会場はそう広くないものの、桜のアーチの下では地元の方たちによる様々なアトラクションや出店で大賑わい。
特設ステージからはジャズを中心としたメロディが流れ、思わず踊り出すおばちゃんもいたりして…リレー方式で続く路上ライブにも多くの人が足を止めていました。

東口桜まつり

東口桜まつりステージ


昨日(月曜日)は北山小学校の入学式に伺いました。

北山小入学式

卒業式でほころんでいた桜が入学式まで満開を待ってくれるなんて、滅多にないことでしょう。
背後に広がる八国山と北山公園の春にすっぽり包まれるようなロケーションの北山小。
54名の1年生は少し緊張した面持ちでしたが、穏やかな環境の中でのびのびと育つことを願うばかりです。

また、今日は第四中学校の入学式に伺いましたが、校長先生の式辞に胸を打たれるという初めての経験をしました。
再現することはできませんが、子ども達に対しても親御さんに対しても、一瞬一瞬、一言一言を本当に大事にしてご自身の思いを伝えたいという意思が緊張感とあたたかさを持って伝わってきて、校長先生自身の責任者としての覚悟のようなものを強く感じました。

ところで、入学した子ども一人一人の名前を呼び、子どもが返事をする、ということが北山小では行われなかったことは残念に感じました。これは校長先生の判断次第のようで、何か事情があったのかもしれません。
総じて入学式や卒業式(中学校では卒業式とは言わず、卒業証書授与式というのですね…)が数年前から大変画一的なものになったように感じて、それはそれで大変気になっています。






追記を閉じる▲

【2009/04/07 19:00】 | もろもろ
トラックバック(0) |

お邪魔しました(^^)
★KEEP BLUE★
こんにちは。
今日は家族で狭山湖に花見に行ってきました(^^)
そのため、今日も仕事はやめときました(><)
明日はがんばって仕事しようと思います。
また、ゆっくり寄らせていただきます。
ブログ応援してます(^_^)/
それでは。失礼します。

こんばんは
遅れてのコメントですいません。
桜祭りは心地よい天気のもと賑やかでしたね。

私も写真の通り楽しんできました。

東村山音楽祭に結び付けたいですね!

コメントを閉じる▲
あたたかな風が吹く中、紙版「なんとかしようよ東村山」34号をポスティングして歩きました。
八国山は遠くから見ればまだ冬枯れですが、北山公園の梅はほころび、足元にはオオイヌノフグリやタンポポも見られ、確実に春が近づいていることを感じます。

途中、北山公園入口近くにある「茶かわせみ」で一服。
カウンターで薫り高いコーヒーをいただいてからもうひと歩き。

明日は久しぶりに早朝の駅頭で、と思いましたが、金曜日に続いて雨のようですね。



【2009/02/22 22:00】 | もろもろ
トラックバック(0) |
2009年がスタートしました。

日比谷公園の年越し派遣村を報じるニュースが気になりつつ、夜はNHKスペシャルに見入りつつ…誰にも同じように穏やかな正月が来ているわけではないことを思いつつ…。

一年間、どんな日々が待っているのでしょう。

メッセージをいただきました。
「未来を背負う子どもたちに、楽しい思い出と輝く夢と豊かな環境を残してあげたい」

本当にそう思います。



「風通しのよいまちに変えたい」
自分なりの初心を忘れることなく、健康に留意し、フットワークよくいきたいと思っています。
もっともっと現場へ出向かないと…。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。







【2009/01/01 23:55】 | もろもろ
トラックバック(0) |
昨夜は立川のホーリゲというお店へ。
日頃は立場も仕事も環境もまるで違う6人。衆院選の闘いから3年少し。みなほぼ40代。久しぶりに集い、飲み、語り、来る日の再会を誓って別れました。
私の東村山での悪戦苦闘話に、驚いたり呆れたりしながらも笑い飛ばしてくれることがありがたく…。もっともっと大変な思いをしながらも笑顔で頑張っている「仲間」たちの存在に、大いに元気をもらって帰って来ました。最高の締めくくりとなりました。

駐車場の片隅に水仙の花


あと8時間ほどで2008年が暮れようとしています。

今年も多くの方に励まされ、支えていただいた一年。
人のつながりがさらに広がり、深まったことが本当にありがたく、うれしい一年でした。

東村山問題=矢野朝木問題では、市内外の方たちがそれぞれの切り口から見事な追及を続け、その本質、根の深さが改めて浮き彫りとなりました。

3羽の雀さんやミハルちっくさんの記事からは、年の最後までいろんなヒントをいただいています。

人を信じること、支え合うことの大切さをどこよりも実感できるのが保育園という場だ、と私自身はずっと思ってきました。誰を信じていいかわからない保育園が私たちの街にあるという現実。本当になんとかしなければなりません。


人の中で生きた、生きさせてもらった2008年。
間もなく始まる2009年。
私自身、一つひとつのつながりをもっと丁寧に、大切にしていかなくちゃ、と思います。

皆さん、どうぞよいお年を。



【2008/12/31 15:49】 | もろもろ
トラックバック(0) |
12月議会初日と昨日終わった自分の一般質問について報告しなくてはならないのですが、取り急ぎ明日(6・土)の告知2件をしておきます。
まず午前10時からは、東村山市「行財政改革後期実施計画」の市民説明会が市役所いきいきプラザのマルチメディアホールで開かれます。
実施計画に関係する様々な議案の審議は来週の各常任委員会で行われるわけですので、「決定事項」としての説明ではないだろうと思いますが、市民生活に直結する事項も多いことから、早めの説明を行うということだと理解しています。
お忙しいとは思いますが、ぜひ足を運んでいただきたいと思います。
土曜日ですが、いきいきプラザの正面玄関が開いているはずです。


もう一つ。こちらの主催は「NPO法人 ごみ・環境ビジョン21」で、「容器包装削減!活動交流会2008 まだまだできる容器のスリム化」という学習会です。
今までも度々「ごみかん」の講演会、学習会には参加をさせていただき取り上げてきましたが、明日の会は昨年の活動交流会2007に続き、メーカー4社の担当者からそれぞれの取り組みの報告があり、市民提案や質疑・意見交換も予定されているようで、楽しみです。
時間は午後1時半~4時半。会場は国分寺労政開館です。
詳しくは「ごみ・かん」のHPをご覧になってみてください。

それでは、一般質問が続きますので議場に戻ります。午後は奥谷議員からのスタートです。

【2008/12/05 12:57】 | もろもろ
トラックバック(0) |
フロンターレVSガンバ
昨日(23日)は、ガンバ大阪・遠藤保仁選手にはまっている長女のリクエストでJリーグ観戦へ。
川崎・等々力競技場なんて20年ぶりか25年ぶりか…。来る日も来る日もサッカーボールを追いかけていた頃は、国立、西が丘、三ッ沢、駒沢…と学ランで本当によく通ったものでした。
当時は日本サッカーリーグの公式戦といっても、よほどの大勝負でもない限り、観客はパラパラでさみしい限りでしたが、30年して娘二人と満員のスタジアムから眺めるなんて、なんだか不思議な感覚です。
試合は川崎フロンターレが4-0で圧勝。かつ遠藤選手はドーハの影響もあり怪我で欠場で長女はガッカリ…。でも、生の試合の観戦は二人とも初めてで、それなりに感じるものがあった様子。

初Jリーグ観戦


これに先立つ午前中は、以前の職場・ひの社会教育センターの秋まつりバザーを久しぶりに訪ねてみました。
開館して間もなく40年、バザーも今年で30年目くらいになるのでしょうか。在職中は事務局を担当することが多く、いろいろな思い出もある秋の一大イベントです。
今年も職員・スタッフはもちろん、利用されている子どもからお年寄りまでの皆さん、賛助会や地域の皆さん、そして長年交流のある新潟県南魚沼市「五日町」や十日町市下条の皆さんが総出で準備をされていました。五日町からは30年間スキーで子どもたちがお世話になっている寿屋旅館柾廣館の方たちが、十日町からは下条地区の子どもたちからお年寄りまで数十名が早朝に現地を立ってかけつけてくださっていました。昔馴染みの顔ばかりです。
私は、十日町市下条と17年目の交流を迎えた「ひのスノーマン」のブースで、着いたばかりの野菜を仕分け、販売の準備をほんの少し手伝ってきました。泥のついたネギと格闘していると、「ネクタイよりそっちの方が似合うよな」と冷やかされたりしながら、久しぶりの「現場」の雰囲気を楽しませてもらいました。
それにしても、丹念に糸をつないで活動を続けている力は本当にすごいことだなぁ…と感じ入ります。
この冬は何年かぶりに娘を連れて雪国へ行けたらな、と思います。

さて、12月議会の一般質問通告締切が明後日(26・水)の昼に迫っています。リフレッシュした勢いでラストスパートをかけなければなりません。

17年目の交流・十日町市下条の皆さん

下条の野菜即売

下条の野菜即売3

下条の野菜即売2




追記を閉じる▲

【2008/11/24 23:06】 | もろもろ
トラックバック(0) |
今夜、定額給付金の支給方法を基礎自治体に丸投げしたことを問われた麻生首相の言葉です。

国民の一人として、国政に対する思いや意見はいくらもありますが、このブログではあまり触れてきていません。今後もできるだけ地に足のついたものとしていきたいという思いでいます。

しかし、一国の総理大臣が、地方分権をこんな次元で口にしている今夜のニュース映像を観て、今夜はかなり頭にきています。
ばっかじゃなかろうか。
地方分権の「ち」の字もわかっていない人間が国政のトップにいるという本当に情けない現実…。

そもそも、政権与党による選挙買収まがいの愚策以外の何ものでもないと私も思ってきましたが、言い出した以上は最低限の責任くらい果たすのだろうと思いきや…。

ただでさえてんてこ舞いの年度末に向け、東村山市役所では、どこの部署が窓口となり、この大迷惑のツケを背負わされるのでしょう?
作業にかかる経費は国が支払うなんて話も聞いてないですよね。
今春の後期高齢者制度導入時も、年度がわりギリギリまで具体的な動きがわからず、基礎自治体は大変な思いをさせられました。導入後の朝令暮改による混乱も続きました。

国民をばかにし、地方自治、基礎自治体を軽んじる政府。

自民党だからとか何とかとは関係なく、こんな無責任なことをしておいて「地方分権だから」などと言い放つ一国のリーダーに対して、基礎自治体を預かる首長として、渡部市長にも断固抗議をしてもらいたいものです。

【2008/11/12 23:59】 | もろもろ
トラックバック(0) |

浅はかですね
row-spec
普段は市のやり方や対応にいらだちを覚えるほうが多いのですが、今回に関してはちょっと同情してしまいました。自治体にとってはほんとに有難迷惑ですね。

時の御仁は、無作為にお金をばらまいてそれで国民がなびくと思ってらっしゃるのかも知れませんが、どう見ても浅はかな策のように思えます。

地方分権というのであれば、世帯分の額を地方自治体に預けてしまって、「あとの使い方は任せた」と言い切ってしまう方がよほど潔く、またその方が本当に必要とされるところに分配されやすくなると思うんですがね。保育とか福祉とか。
まああくまで素人考えですが。

サラリーマン上がりの首相なんて誕生したりしませんかね( ̄ー ̄)



ピラニア鉢に金魚を落とすと。。
ともぞう
こんばんは。本件、自治体からの反発続々ですね。かつて『地域振興券』も税金ドブ捨てに終わりましたが、今回は現金配布。タチの悪さはレベルアップされてます。自治体コスト負担もさることながら、給付窓口が現金を目前にした人間の醜さをさらけ出す舞台となり、自治体・市民の一体感に亀裂を起こしはしないかと強く懸念すると同時に市長による市民へのリーダーシップが試される場面でもあると感じてます。渡部市長には国に対し、主張すべきところは主張する一方で、市民への求心力UPの好機をしっかり活かしていただきたいと思う次第です。

Re:浅はかですね
佐藤まさたか
row-specさん 初めまして。
コメントありがとうございます。

おっしゃる通りだと私も思います。
そもそも鳴り物入りで行われた三位一体改革では、地方への国の補助金・交付金は4.7兆円、地方交付税も5.1兆円削り、地方への税源委譲は3兆円しか行われませんでした。
小泉政権は多くの羊頭狗肉、竜頭蛇尾を重ねてくれましたが、三位一体改革では、地方は差し引き6.8兆円のマイナスを押し付けられて、現在大変なことになっています。
政府あげての詐欺行為に等しいと思います。

麻生首相には特に、国会議員の驕りを感じ、本当に嫌気が差します。
どうしてこんな人しか出せないのでしょうね…。

今は景気だと、先延ばしにされた選挙。
多少なりともまともなことをやってくれれば、とも思いましたが、まさにダメダメですね。
一日も早く民意を問うべきだと改めて思います。

Re:ピラニア鉢に金魚を落とすと。。
佐藤まさたか
ともぞうさん こんばんは。
いつもありがとうございます。

今回は全国の首長が声を上げましたね。当たり前でしょうけれど。
渡部市長も、ちょうど一昨日夕方開いた記者会見の場では、政府のやり方に不快感を示したと聞きます。頑張ってほしいと思います。

しかし、こんな杜撰なことぶち上げて、自治体から猛反発が来ることすら想像できなかったのでしょうか?そのことがまた呆れますよね…。


コメントを閉じる▲
今日は立冬。今年もあと2か月を切り、八国山も狭山緑地もだいぶ色づいてきました。
心配されていた雨も早々と上がり、市役所とその周辺では今、明日・明後日に迫った「第47回市民産業まつり」&「第2回どんこい祭」の準備が関係者の皆さん総出で進められています。
東村山最大のおまつりですので、どうぞお出かけください。



昨日・一昨日は珍しく体調を崩したため家でグダグダ過ごし、昨日は予定していた道路大会への出席を取りやめました。

先週金曜日の夜は、市民センターの会議室で、恒例の議会報告&懇談会を開かせていただき、7名の方がお越しくださいました。寒い中、どうもありがとうございました。小人数ではありましたが、その分、この間の状況について大変濃い話がさせていただけ、私自身大変ありがたく感じています。

その後、日・月と気のおけない仲間家族たちと名栗川上流のキャンプ場へ行き、束の間でしたが竈の火を見つめながらゆったりとした時間をすごしました。
明けて火曜日、請願裁判のための陳述書をつくり、夜は打合せのために立川の法律事務所へ出向きました。昨年9月に矢野・朝木両市議がいきなり提訴してきて始まった請願裁判は、今月26(水)午後4時から次回(東京地裁八王子支部)がありますが、約1年がたつ中で、そろそろ終結に向けて動いている感じです。

もう一つの裁判。私が矢野・朝木両市議を名誉毀損で訴えた裁判の方は、次回が17日(月)午後1時10分から(東京地裁八王子支部)となります。こちらは前回、被告の彼らから準備書面1が出されましたので、私としての準備書面1を作成中で週明けに提出する予定です。

裁判はやはり思っていた以上に手間を取られますが、今まで知らなかったことがわかったり、新たな出会いなどもあり、自分にとっていい経験になりそうです。

今月は12月議会が11月29日に告示となるため、一般質問の準備や、予想される議案の下調べ、継続して追っているモロモロの問題を調べ、都庁へ出向いたりしています。
また再来週の22日(土)の午後には、町田市中央公民館主催の講座「議会のトリセツ」の報告者として伺うことになっており、その準備も進めています。

噂されていた総選挙が遠のいたこともあり、自分自身の予定もだいぶ変わってきましたが、9月議会を揺るがした指定管理者問題を含め、12月議会へ向けて積み上げていきたいと思っています。


ところで、東村山市の人口が、遂に15万人を突破しました(11月1日現在 150,004人/男性74,255人/女性75,749人/66,868世帯)。
15万人というのは基礎自治体にとって位置づけ上も一つの節目になる数です。

 



追記を閉じる▲

【2008/11/07 10:55】 | もろもろ
トラックバック(0) |
20081019095515.jpg
20081019095519.jpg
20081019095522.jpg
写真は、野口町二丁目の「けんこうひろば」で間もなく始まる保育所「空飛ぶ三輪車」のバザー準備、現在進行形の様子です。買い物だけでなく、こどもが楽しめるコーナーや模擬店も盛り沢山ですので、お近くの方はぜひお出かけください。
10時からは北川クリーンアップも始まります。
また、久米川駅前モザーク通りでは、恒例のモザークまつり。
こちらもこどもたちが楽しめるおまつりですので、あっちこっちとハシゴも楽しそうです。
2時からは中央公民館ホールで、多摩六都フレッシュコンサートも開かれます。新進気鋭の音楽家たちの登竜門として定着してき感があります。
クラシック好きの方はどうぞお運びください。

(追記)
20081019113307.jpg
20081019113304.jpg


北川清掃には大勢の方が参加されていました。毎月続けてくださっている方もいるので、ゴミは以前に比べてだいぶ少なくなったように感じます。

(追記2)

こちらはところかわって、久米川駅前で開かれた「モザークまつり」。
子ども達の笑顔がはじけていました。

モザーク1

モザーク3

モザーク2



追記を閉じる▲

【2008/10/19 09:51】 | もろもろ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。