無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公共事業の入札をめぐっては、先日の記事をはじめ、過去にいくつも書いてきました。
*99.53%はやっぱりダメなんじゃないでしょうか?
*報告したくもない「案の定」
*入札延期
*予定価格の大嘘
*誰が決めた条件なのか?その2
*97.12%と99.53%
1円でも安く落札されることが税金を無駄にしないことにつながる、とする立場と、業者がつぶれたり働く人たちの冷遇につながってしまってはどうにもならない、という立場。いずれも正しく、いずれもパーフェクトではないことは明らかでしょう。
東村山では、学校体育館の建替工事を手がけた業者はつぶれる、というジンクスが言われ、実際に近年行われた化成小、回田小ともにその通りだから笑ってはいられません。

しかし、それでも「適正価格」は事業者側の論理だけから導き出されてはならず、「いかに透明化するか」という取り組みの手を緩めてはならないと考えています。


■縄文体験館の入札調書を調べる中で、同じ頃に入札のあった「八坂小学校耐震補強工事」の調書を見て、思わずうなってしまいました。

入開札日:7月18日
予定価格:2,512万2,300円
入札方法:指名競争入札
落札者:なし(8社が指名されるも、全社が辞退したため、打ち切り)

仕方ないので業者を全社入れ替えて、7月27日に再度行わました。
結果は7社すべてが辞退。またも打ち切りとなりました。

この結果、この夏予定していた八坂小の耐震補強工事は、日程的にもう難しいということになっているようで、所管の教育委員会も頭を抱えている様子です。

東村山市発注の建築工事の常連15社を指名してのこの結果を、どう見たらよいのでしょうか?

同じ7月18日に行われた第1中学校の耐震補強工事(2,819万400円)は、八坂小に参加した15社のうちの一つ、K建設東村山営業所が98.70%(2,782万5,000円)で落札し、2位:Mコーポレーション(98.89%)、3位:S建設(99.11%)、4位:T建設(99.75%)、5位:I組(99.97%)、他3社が辞退となっている。
非常に高値ではありますが、入札は成立しています。

八坂小の予定価格だけが、どうにも受けようがないほど安かったということなのでしょうか?
学校の耐震補強工事は国の補助頼みということもあって、奇をてらったような工事であるはずもなく、極めてスタンダードなもののはずです。
それでも1社も応札しないとは、どういうことなのでしょうか?

これによって、ただでさえ財政難から遅れ遅れになっている学校耐震補強という最重要施策が、また遅れることになったことは確かです。
もう少し調べてまた報告したいと思っています。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2007/08/17 14:57】 | 入札・契約問題
トラックバック(0) |

No title
富士見公園
入札前に入札業者の会社状況を調査しないのでしょうか、市の仕事をして入札業者が倒産したと言うのはどういうことでしょうか。解らない。
普通、公共工事は工事費が高いという認識をしてきましたが。
また入札には最低入札価格と言う制度があり、極端な安い価格ははずされています(これはダンピングや手抜き工事を避けるという意味だと市役所から聞きました)。
昨年発刊された市の16年財政白書には財政危機について、
随所に警告が出ています。市の貯金(基金)の払底、市債残高(借金)の増加、公債費(利息込みの借金)の増加。
17年以降もっと悪くなっています。市報に掲載されている通りです。この状況を基礎にして、考え、行動しようじゃありませんか。節約大歓迎です。


佐藤まさたか
富士見公園さん 書き込みありがとうございます。

最低価格は原則として毎度設定されているはずです。全国的には66%~80%の間とされています。
西口の解体除却工事(組合施行)で、2位が79%で失格とされて3位が落札した、というおかしなケースも昨年ありました。
本来ならば、低い価格を入れてきたところは、低入札価格調査をして、本当にそれでできるのかどうかを確認すればいいことなのですが、そういう何でもない手間はかけないから不思議がられてしまうのではないでしょうか。

高い落札率の問題に対して、予定価格が低いのではないか、という指摘もあり、もちろん検証が必要だろうとは思っています。
しかし、やっぱり落札率というのは物差しとしてはかなり意味のあるものですので、厳しい目で見ていくべきだと私は考えています。

No title
茶研
茶研です。

いきなり横レスからで失礼しますが…
>富士見公園さん
ご存じかもしれませんが、建設業許可業者で公共工事の入札に参加しようとする業者については、「経営規模等評価」(経営事項審査・経審)というものを受けることを原則的に義務づけられています。
これは毎年決算をするたびに点数をつけてもらい、その点数によって参加できる工事の規模が変わってくるのです。私は「センター試験」になぞらえて説明しますが。(笑)

これには、経営状況分析(収益力などの評価)なども含まれており、大きな指標の一つになっているのですが、そのためこの点数をあげるため(自分の希望する規模の工事を受注するため)に、虚偽事項による申請などが後を絶たず、国交省なども頭を悩ませています。
#決算書のねつ造からもあるようです。架空売り上げの計上など。

逆に、経審の点数のみを基準として、経営状況などの内容にも踏み込まないでランク付けをする発注者にも問題があるとも思いますが…。
最近は、独自に点数を付加してランク付けを考慮することもでてきましたが。

>佐藤さん(さん付けでよろしいでしょうか?)

>西口の解体除却工事(組合施行)で、2位が79%で失格とされて3位が落札した、というおかしなケースも昨年ありました。

現実としてこういった事例はかなりの数あります。
私は神奈川県民なので神奈川を基準にしてしまうのですが、神奈川県は「入札情報サービス」(https://nyusatsu-joho.e-kanagawa.lg.jp/DENTYO/GPPI_MENU)で結果をすべて公表していますが、落札結果を見ると入札業者のうち半分くらいが制限価格未満による失格をうけていることがままあります。

大手ゼネコンが低価格入札について「廉価販売」と公取委に摘発された事例もあるのである程度は必要かと思います。

最低制限価格も公表し、最低制限価格に複数の業者が入札してきて、結果的にくじ引きで決めるような市町村もありますが、少なくともこんなものは「競争」だとは思えません。

また、最低価格を公表していないのに、その額とほぼイコールで落札した会社がいた場合や、予定価格を公表していないのに99%近くで落札した場合などは、談合などではなく、機密情報の漏洩事件として考えるべきだと思っております。

相変わらずの長文、申し訳ありませんでした。

No title
茶研
茶研です。たびたびすいません。

「機密情報漏洩」のくだりですが、予定価格のみ公表されていて、最低制限価格が公表されていない場合。
経験則から最低制限価格近くに入札した場合は、漏洩もなにもありませんね。その点は慎重にしなければならないということを申し添えておきます。

予定価格等の公表は、業者から積算能力の競争の機会を奪うものではないかとも思います。

No title
さかえ
教育委員会は、今年度の八坂小学校の耐震補強工事中止を決定したそうですね。
もう夏休みも終わってしまって工事できないから、来年度実施に向けて準備を進めていくとのことだそうで。
八坂小学校は本日、防災訓練、引き取り訓練で人が大勢集まっていました。「緊急避難場所が崩れそうじゃ洒落にもならないわね」との話が聞こえてきてやりきれない気持ちになりました。
何がどうなっているのかさっぱり分かりません。

茶研さんへ
佐藤まさたか
ごめんなさい、コメントいただいていながら確認漏れでした。

入札に関しては、いくらルールや手法を改善しても、横の連絡がついてしまう以上はどうにもならない、と各市の担当者の答えは異口同音ですね。
なんでもかんでも怪しい不正だ、というのはおかしいと思っていますが、主体的にチェックするつもりもない、という市の姿勢にはやはり疑問を感じています。

調べれば調べるほど、難しいテーマだなと感じていますが、さらに学び、研究していこうと思っています。
またぜひご意見ください。

さかえさんへ
佐藤まさたか
八坂の耐震補強工事については、2回、計15社を対象に指名競争入札をしながら、2度とも全社が辞退をして業者が決まらず、結局この夏の工事ができないという事態になりました。
昨日の説明ですと、今年度と来年度の2か年をかける予定だったものを、来年度の夏にいっぺんに行うことで保護者にも伝えた、とのこと。
この入札不調に関しては、8月中に終わらせなければならない工事なのに入札日が7月下旬になったので、各社とも人手の確保が難しかったのではないかとか、市の予定価格が原材料の高騰などを見込まない低いものだったのでどこも受けなかったとか言われていますが、どうも今ひとつわかりません。

確かに、完工まで実質1か月足らずの時期に入札を行ったことは遅すぎるでしょうし、工法を内部工法としたことによって長期休業中でないと施工できなくなった、など、見通しに問題があったと言われても仕方ないと思います。

いずれにしても、先延ばしになったことはまずいことで、今後の他校の計画に影響するようなことがないよう、チェックをしていきます。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。