無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎暫定版ではありますが、間もなく出される正式版と大きく変わるものではないはずです。
18年度/17年度/16年度の順で、主な数値を記します。
■人口 145,704/145,081/144,623
■高齢化率(65歳以上人口の割合) 20.80%/20.10%/19.39%

◎決算収支額
①歳入総額A 433億1,048万2千円/407億895万7千円/415億7,767万4千円
②歳出総額B 426億5,933万3千円/401億9,698万5千円/410億8,048万1千円
③歳入歳出差引額C 6億5,114万9千円/5億1,197万2千円/4億9,719万3千円
④翌年度へ繰り越すべき財源D 3,943万1千円/6,092万2千円/6,113万7千円
⑤実質収支E(=C-D) 6億1,171万8千円/4億5,105万円/4億3,605万6千円
⑥単年度収支F 1億6,066万8千円/1,499万4千円/△1億3,477万7千円
⑦積立金G 18万5千円/0円/2万1千円
⑧繰上償還額H 0円/0円/0円
⑨積立金取崩額I 3億8,000万円/2億9,000万円/4億2,500万円
⑩実質単年度収支 △2億1,914万7千円/△2億7,500万6千円/△5億5,975万6千円


◎次に指数等についてです。

市の財政白書(16年度版)にある各指数についての解説を※で一部添えます。
私のコメントは★で一部添えます。

①財政力指数(単年度) 0.866/0.847/0.822
※「1」を超えるほど財政力豊かな自治体です。16年度の多摩26市平均は1.036で較差が広がっています。

②実質収支比率 2.6%/1.9%/1.8%

③公債費比率 11.7%/11.6%/10.9%
※毎年度の公債費(元利償還金)の占める割合です。10%以下が適正な範囲とされています。

④起債制限比率 10.2%/9.7%/9.1%

⑤経常収支比率(新カウント) 94.0%/93.3%/91.5%
※市にどれだけ自由に使えるかお金があるのかを表す数値です。一般的には70~80%が適正な水準とされます。
尚、旧カウントでは 99.9%/100.4%/100.0%

⑥地方債現在高 372億5,531万1千円/378億1,276万4千円/381億9,441万6千円
★この値が市の一般会計における借金総額です。17年度に比べて5億5,745万3,000円(1.47%)減ったことがわかります。
この他に、かつて下水道を一斉に整備したことによる下水道特別予算における借金が約300億円あります。

⑦積立金現在高 32億9,011万9千円/38億4,908万2千円/44億631万7千円

⑧⑦のうち、財政調整基金 4億1,633万2千円/5億4,614万7千円/6億614万7千円
★家計でたとえれば、何か困ったときに用途に関係なく使える貯金のようなものです。


◎次に、歳入の柱を見ていきます。

1.地方税 191億6,461万7千円/186億2,211万9千円/183億1,310万7千円
①1のうち、個人市民税 82億744万3千円/75億6,634万8千円/74億2,899万円
★前年度比で8.5%の伸びです。
②1のうち、法人市民税 9億9,757万2千円/8億6,305万6千円/8億371万1千円
★前年度比で15.6%の伸びです。


2.地方交付税 26億4,010万2千円/29億5,999万5千円/35億1,514万2千円
★三位一体改革の影響が東村山市において最も大きく出ている地方交付税削減。16⇒17年度の15%強ほどではありませんが、17⇒18年度も約12%の削減です。
来年度からは交付税制度が大きく様変わりしますので、その影響をどう受けるのか、シビアに読み込んでいくことがどうしても必要になると思われます。


◎最後に、歳出の目的別内訳について、同じく18年度/17年度/16年度の順で記します。単位はすべて%です。

①議会費 0.8/0.9/0.9
②総務費 10.5/10.6/11.2
③民生費 39.0/41.6/39.1
④衛生費 8.2/8.5/9.0
⑤労働費 0.6/0.6/0.6
⑥農林水産費 0.3/0.3/0.3
⑦商工費 0.6/0.6/0.6
⑧土木費 14.5/9.0/12.2
⑨消防費 4.1/4.6/4.6
⑩教育費 12.0/14.0/12.8
⑪公債費 9.7/9.6/9.1


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2007/08/24 12:57】 | どうなる?市の財政
トラックバック(0) |

感謝!
はてなのゆり
グッドタイミング…でした♪
今日の宿題に、最新のが記入できて、ありがたいです。
ありがとうございました。

No title
富士見公園
多くの市民が参考にして、学んでいる
16年度財政白書(18年3月発行)以降、一部のデーターですが17年度、18年度が解るようになりました。このように並べていただくと理解が早まります。ありがとうございます。

Re:感謝
佐藤まさたか
はてなのゆりさん こんにちは。

お役に立てたようでよかったです。
財政課を訪ねてレクチャーをお受けになったとの記事を拝読しました。
財政課長も丁寧に対応してくださったようで、皆さんの熱意と誠意が通じたのだと思いますよ。

おかしいことはおかしいと率直に声を挙げることも大事ですし、同時に、学ぶ場、情報交換の場を設けることで互いに前進できることの大切さを、はてなのゆりさんたちの集まりから学んでいます。

市民が財政をつかむことは、決して行政にとってもマイナスではない、ということを財政課長も感じてくれたのではないでしょうか。


どういたしまして。
佐藤まさたか
富士見公園さん こんにちは。

口幅ったい言い方で申し訳ありませんが、熱心に皆さんが動いていらっしゃることは、必ず実を結んでいくと感じています。
私も学び、前向きに意見交換することを忘れないでやっていきたいと思っています。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。