無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一昨日(27・木)の昼間、思いがけず地域をのんびりと歩く機会を得ました。11時に東村山駅改札口に迎えたのは、私の母とその友人で、八王子や日野に住む「みやまさんぽ会」メンバーの60代、70代の5人。
「東村山に国宝の建物があるんだって?案内してくれないかね。」と母から電話があり、現地ガイドとして一緒に歩きました。
駅コンコースの窓から西口の再開発ビル建設現場が見え、「すごい工事ですね、何が建つんですか?」と初めてお会いしたHさん。天突く100mビルが建つことを説明すると、みなさんしばし絶句…。「反対の声はないの?」の質問に、ここ数年の動きを説明。「どうしてどこの街もみんな同じ顔にしてしまうんでしょうね」とMさん。

階段を下って正福寺をめざします。

前川に沿って歩き、弁天池公園に立ち寄り…その間にも畑が点在する様子に、「いいわね~」を連発するご一行様。
無人販売所では大粒でつやつやした栗を買い込み、庭先の花に立ち止まり…正福寺に着くまで時間のかかることかかること。
でもこんなペースで歩くことなんて、私にとっても初めてのこと。
普段気づかないものがたくさんことに気づかされます。(うん、ホントにいいところだ…。)

みやまさんぽ会

早くも想定していたコースを半分にすることを決め、正福寺でおやつ。
都内唯一の国宝「地蔵堂」は建立(1,407年)から今年でちょうど600年にあたるようです。スゴイ…。
「それにしても誰もいないし、案内板もたいしてありませんね。もっと多くの人に知ってもらえたらいいのにね、もったいないなぁ。」とJさん。確かに…。なんとかしないといけません。

今にも降り出しそうな空を見上げながら北山公園へ。
途中、カリンの実や畑の作物を前にまた道草。

北山公園では、稲穂が頭を垂れ、コスモスが咲き始めていました。
子どもたちの歓声が聞こえるので近づいてみると、保育所「空飛ぶ三輪車」の子たちでした。
「あっ佐藤さんだ~。どうしたの~?」と久しぶりに会う子たちが近寄ってきます。
手には捕虫網。今日はトンボとりです。
とんぼを追う子ども達1


とんぼを追う子ども達2


「こんな風に子ども達が走り回る景色は久しぶりに見るね~」とうちの母。人なつこい年長の子たちがさかんに「えっ?佐藤さんのお母さん?え?」と周りで大騒ぎ。

北山公園に接する北川で、長年の市民の取り組みの結果、コンクリート護岸がはがされて親水化された経過や、世界的に珍しい魚道の説明などをしながら公園を後にしました。

本当は八国山、徳蔵寺なども考えていましたが、1時半をゆうに回っていたので、最後のお楽しみ「武蔵野うどん」へ。
Jさんがお持ちになった新聞記事にあったお店は「とき」。
お昼を回っても次々とお客さんがある繁盛ぶりは、さすが有名店。
名物・肉汁うどんとカレーうどんをそれぞれ注文しましたが、いずれも「旨い旨い」と大好評。

「歩いて訪ねるには本当にいいまちですね。」
そう口々に言いながら、皆さん十分に満足して帰っていただけたようで、なんだかちょっと鼻が高い思いをした秋の一日でした。













追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2007/09/29 18:20】 | もろもろ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。