無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議会改革分科会1

「市民の学び舎・たま」の最終日だった昨日(4月29日)。
午後2時からの「議会改革分科会」は、総勢約40名による情報&意見交換の場となりました。

議会改革分科会2

第1部は、昨春初当選された星野なおこさん(多摩市議会)と内山真吾さん(昭島市議会)が、飛び込んでみて初めて感じる議会のあれこれを率直かつフレッシュに語ってくださいました。

第2部は、議会改革ではすっかりおなじみの安藤邦彦さん(多摩市議会副議長)から、議会基本条例制定のその先に起きていることを中心にご報告いただきました。

そして第3部では、議会改革に関する特別委員会を設けて議論を始めている議会から、菅原直志さん(日野市議会)と私たち東村山市議会から石橋光明さんが、それぞれの取り組みの今をお話くださり、それを受けて池上洋通さんのコーディネートで意見交換を行いました。

東村山市議会からは、熊木議長も来てくださり、福田議員、島崎議員も参加されていました。
超党派で外の場で学べてよかったな…と思います。

それぞれの方の発言を聞いていて、そうそう、そうなんだよね…と言いたくなるような共通の課題もあれば、聞いたこともないそれぞれ独自の議会ルールに関する悩みもあり…。
議員になるまでの歩みや所属する政党、期数などもバラバラの方たちが初めて出会って、互いの話から学び合い、何かヒントを見つけて帰れる。
そんな場をこれからもつくっていけたらと思いますし、自分自身も大いに外に出て、東村山市議会が前へ進むよう力を尽くしたいと改めて思いつつ、会場の入り口で受付係をやっておりました。

内容についての報告は、NPO法人多摩住民自治研究所の会報「緑の風」の原稿として数日かけてまとめたいと思っていますので、その概要を後日改めてアップします。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2012/04/30 19:37】 | 変えよう!議会
トラックバック(0) |
本番を控えて2度目の告知になりますが、明日午後2時から「閉塞の時代…地方議会は何ができるか?」と題して、「市民の学び舎・たま」の議会分科会が開かれます。

この分科会は、NPO法人多摩住民自治研究所の地方議会研究会として企画したもので、私もメンバーの一人です。
議会改革と一口に言っても、それぞれの議会によって事情も経緯も異なることから、現状もアプローチも多種多様な状況です。
互いに共有、共感できることや、新たに学びとれることがいろいろ生まれる3時間であったら、と願いつつ準備をしてきました。
「市民の学び舎・たま」議会改革分科会チラシ(改)


第1部では、昨春の統一地方選挙で初当選された新人議員お二人。
多摩市議会の星野なおこさん(生活者ネットワーク)と昭島市議会の内山真吾さん(民主党)にお願いをしています。
私たち議員は知らず知らずに市民感覚とずれてしまうこともある、という自戒を込めて、一番フレッシュな感覚をお持ちのはずのお二人から、初めて飛び込んだ議会についての率直な感想や思いをお話しいただきます。


第2部では、全国的にも注目されてきた多摩市議会の議会改革の「その後」を、当時の特別委員会委員長で現在は副議長でらっしゃる安藤邦彦さん(公明党)に30分ほどお話しいただく予定です。

そして第3部。
多摩30市町村だけを見てみても、各議会で次々に議会改革に関する特別委員会等の協議機関ができ、具体的な動きがつくられつつあります。
今回は正式な機関を立ち上げて議論を進めている議会から、日野市議会の菅原直志さん(民主党)と東村山市議会の石橋光明さん(公明党)、そして多摩市議会の小林憲一さん(共産党)にパネラーとして登壇いただき、まずそれぞれの取り組みについてご報告いただきます。
そしてそれを受けて、会場の皆さんとの意見交換をコーディネーターの池上洋通さんに進めていただきます。

会場は多摩市の恵泉女学園大学南野キャンパス。
多摩モノレールの多摩センター駅からバスで10分弱、恵泉女学園大学入口で下車。徒歩3分ほどです。[多01][多03][多04][桜46][永65]いずれかにお乗りください。

明日は祝日。各地で様々なイベントが開かれることと思います。東村山市でも「春の緑の祭典」が中央公園で賑やかに開催されます。
いろんなことがかち合っていそうな日ですが、ぜひ恵泉女学園大学へも足をお運びいただけたら幸いです。





追記を閉じる▲

【2012/04/28 18:04】 | 変えよう!議会
トラックバック(0) |
スライド1

先週土曜日に開かせていただいた「活動報告&意見交換会」。
午後4時から6時半というちょっと変則的な時間帯にも関わらず、足を運んでくださった皆さま、ありがとうございました。
昨春の改選以降は初めてでしたので、議会全体の構成がどう変わったのか、この1年間はどう進んだのかといった概要を中心に約1時間の報告をさせていただき、その後、お集まりの方たちから質問や意見をお受けするという進め方にしてみました。



やはり原発による放射能の問題への取り組みについての声を何人かからいただいたほか、東村山市議会として22年度にボーナス時の加算を廃止したことを評価する声、もっと市民から見える議会、傍聴しすい議会にしてほしいという声等々、いただきました。

私が預からせていただいている議席の意味は、私を支持いただくとかいただかないとかいうことに関係なく、一人でも多くの方に市政、市議会に目を向けていただけるような環境を整えること、一人の率直な声、切実な声を、このまちの制度として形にしていくことにある、と改めて感じた時間でした。

今回はお知らせから実施までの日が短く、お叱りもちょうだいしました。
次回は6月定例市議会終了後に、また同じ会場(東村山駅西口サンパルネ内会議室)、同じ時間帯(午後4時から6時半)で開かせていただこうと考えており、決まり次第できるだけ早くお知らせいたします。

ご参加いただいた方から、ツイッターを通じてこんなメッセージをいただきました。
「先日はお疲れ様でした。特定の支持政党を持たず市政については初心者の私のような者にも分かり易く参考になる会でした。同様の立場の皆さんも是非次回はお越しになると良いなと。明らかに「支持者ということではなく情報収集に来ました」っていうのもOKですよね?」

ありがとうございました。
もちろん、そういう方たちが気軽に参加いただけるような場にできるよう、工夫を重ねていきたいと思っています。

では、当日見ていただいたスライドをそのまま掲載します。



スライド2


スライド3

スライド4

スライド5

スライド6

スライド7

スライド8

スライド9

スライド10

スライド11

スライド12

スライド13

スライド14

スライド15

スライド16

スライド17

スライド18

スライド19

スライド20

スライド21

スライド22


追記を閉じる▲

【2012/04/24 18:00】 | 変えよう!議会
トラックバック(0) |
本日(4月19日)、市長より4月26日(木)に臨時議会を招集する旨の告示が以下のようにありました。

臨時会招集告示

案件は「防災行政無線デジタル機器設置工事(第1期)請負契約」「市税条例の専決処分報告」の2件。





議案とともに配布された参考資料によると、防災無線デジタル化の工事については、3月から4月にかけて「公募型プロポーザル方式」で事業者選定が行われ、4社(応募は5社で1社辞退)による書類選考とプレゼンの結果、「日本無線株式会社」が1億3,053万6,000円(予定価格は1億8,632万2,858円)と仮契約。
1億5千万円以上の契約については議会の議決が必要なため、臨時議会の開会となったわけです。

同社を選定した理由としては
・設置予定の32か所の子局のスピーカー毎に音声制御が可能なため、町別、地域別の放送が可能となる。テレホンサービス機能、メールによる情報発信を一元操作による多角的な情報発信が可能。無線電話によって親局と子局の日常的な連絡も可能等。
・停電時にも96時間の無停電対応が可能で、ソーラーパネル電源を保有している。
・親局からの制御でスピーカー毎に6段階の音量制御が可能。
・緊急時の支援体制が整備されていて、災害時の迅速な対応が可能。
等とされています。

今日は臨時議会当日の議会運営を話し合いましたが、臨時議会当日は、10時から新たな管理職体制の紹介があり、その後ただちに議案に入ることとなります。

尚、これとは別に、請願2件が付託されている議会運営委員会をいつ開催するかの調整も行い、5月9日(水)午前10時からと決まりました。


追記を閉じる▲

【2012/04/19 18:44】 | 議会報告
トラックバック(0) |
今年1月19日の記事「かねてより指摘されていた特命随意契約業者への有名無実の指名停止措置」で書いた件の「その後」です。

3月14日、秋水園の焼却炉運転管理業務委託に関する入札が行われました。結果はJFE環境サービス(株)が1億4,250万6千円(税込)で落札。指名された6社中3社が辞退し、3社のみでの入札でした。

焼却炉運転管理業務 入札経過調書

業務委託には建設工事のような予定価格の公表制度がないため、落札率という値もありません。が、実は2月末には公表されていた市の新年度予算書には1億4,416万7千円という数字が明記されており、これが実質的な上限を意味することは明らかです。JFE環境の落札金額は、市予算額の98.85%にあたります。
そうすると、予算オーバーで落札不可能なことが一目瞭然な額で入札した2位(108.52%)と3位(116.53%)の業者の行為に疑問が湧きます。予算額も調べずに入札に参加した可能性が全くゼロとは言いませんが、形だけの入札だった可能性を強く感じるのは私だけでしょうか?


焼却炉運転管理業務契約については、金額が不当に高いとして数年前に住民監査請求が起こされた他、同じ業者(JFE環境)と無競争で随意契約を続けていることが市議会で指摘を受け、一度は「競争入札にする」と答弁したものの、市はその後も「老朽化して管理には熟練が必要なので、現在の業者でなければ難しい」と随意契約を続けてきました。

ところが、以前お伝えした通り、昨年10月半ばに秋水園でJFE環境による労災隠しが発覚。
同社は発生から半年遅れで市に報告し、市の担当も迅速な対応をとらず、市長も新聞報道で知るというお粗末さでした。
12月末、同社は労働安全衛生法違反で起訴され、有罪判決を受けました。そして3月の予算委員会では、私の「それでも随意契約を続けるのか」という質疑に「今後は競争入札にする」と答弁がされました。

12月議会で、私は業者と所管への厳正な措置を求めました。しかし新年度の契約に影響の出ない10月末から2か月間の指名停止処分のみ。同社は今回の入札参加が可能となっていました。

結果は、市の願い通りにJFE環境が落札。他の事業者には落札の意思がそもそもなかったとしか思えませんし、競争は形だけだったのではないか、と思えてなりません。


追記を閉じる▲

【2012/04/18 15:31】 | 入札・契約問題
トラックバック(0) |
東村山市議会として、だとよいのですが、それはもう少し先になりそうです、すみません。
私個人としての集まりのご案内です。

今週の土曜日(21日)午後4時から6時半の予定で、東村山駅西口サンパルネ内2階会議室をお借りして開かせていただきます。

昨春の改選後はほとんど開けていませんでしたので、この1年の東村山市議会と市政についての主要な報告を私なりにさせていただくとともに、お越しいただいた方たちとざっくばらんに情報交換&意見交換ができたら大変うれしいです。

これまでは知り合いの方たちにお知らせして、ということばかりでしたが、初めての方がふらっと立ち寄ってくだされれば、と思い、駅直での開催にトライします。

駅直結のビル2階を入り、本屋を過ぎ、突き当りの自動ドアをお入りください。右側が会場になります。

また終了後、希望者で会費制による懇親会を同ビル内3階飲食コーナー「イルソーレ」でやってますので、会に間に合わないよという方は、ぜひそちらにお越しください。

私をご支持いただくとかなんとかということとは全然関係ありませんので、お気軽にご参加ください。お待ちしています。




【2012/04/16 19:33】 | 未分類
トラックバック(0) |
議会基本条例制定を進める特別委員会(石橋光明委員長)が昨日(11日)午後1時半から開かれ、各会派から上がってきた数多くの項目を基本条例に盛り込むべきかどうかについての議論を前回までに引き続いて行いました。
昨日は「議会運営について」という大きなくくりの中で「議長・副議長選挙の立候補制」「議員間の自由討議(討論の見直し)」に大半の時間を割きました。
東村山市議会では、議長・副議長選挙は何らかの波乱でもない限り2年に1度行われます。地方自治法上は4年間の任期全てを務めて構わないわけですが、通例により2年間で辞職し、つぎの2年は別の人が担ってきました。全国的にみると2年間が最も多く、1年ごとに交代という議会も依然として少なくありません。2年も1年も、基本的にはポストの分配が主な目的であり、第1党と第2党が交互に務める等の事例が目立ちます。
候補者については、学級委員のように立候補制や推薦制度があるわけではなく、多数を形成する会派あたりから事前に非公式に提案された名前をだまって書くか、自分たちはNOだと言って過半数に達しないことを承知の上で自会派の議員の名前を書くか、といったことで決まってきました。

実際、昨年の東村山市議会議長選挙を振り返ると、最大会派の自民党から2期目の熊木議員の名前が改選後の臨時議会近くになって示され、副議長には公明党の島田議員をぜひ、という話が伝えられました。
私たち「変わろう!議会・東村山」では会派結成後すぐに、「立候補制による議長選挙の実施」「候補者によるマニフェスト(議長としての方針説明)」を求めましたが、その段階では正副議長が決まっていないので代表者会議自体がまだ存在せず、議論のテーブルがないことや、臨時議会までの時間が限られていること等を理由に実現には至りませんでした。しかし熊木議長候補からは、それらも含めて議会改革の一環として前向きに議論していく意向が示されましたので、私たちは投票用紙に「熊木敏己」と書きました。
共産党は会派代表である「福田かづこ」議員と書き、草の根はいつも通り「矢野穂積」議員と書いたと思われるので、熊木18票、福田4票、矢野2票、肥沼1票という結果となりました。(肥沼議員1票の理由はよくわかりまんし、ちょっと気にはなりますがテーマとは関係ないので省きます。)

しかし、これらの経過を傍聴されていた方やネット配信で動画を見られた方にとっては、誰が候補者なのかも一切明らかにされないままに投票が行われ、にもかかわらず整然と票が入って議長が決まる、という摩訶不思議な光景になるわけです。

地方自治法上は、立候補をしない議員に投票をすることを禁ずるわけにはいかないようですが、やはり「誰が候補者で」「なぜ議長をめざすのか」「議長になったらどんな議会運営を行うのか」といった点について、誰からもわかる自分の言葉で述べることは、その後の議会のあり方を大きく左右すると考えられます。

昨日の委員間のやり取りで「議長としては公平公正な議事運営を行うこと以外に何を謳うことが想定されるのか?現在の議会改革論議に伴う一過性のものとなるのではないか?」「副議長選挙は議長選挙とは異なるむずかしさがあるのではないか?」といった意見も出されました。確かに議長と副議長はセットで考えた方がよさそうですし、その際の選挙のあり方には工夫も要りそうです。
しかし、仮に毎回同じような議長マニフェスト(方針)であっても、どの候補者からも同じような内容が示されることになっても、公の前で自分の言葉で述べることに伴う責任を負うことで、単に数の論理で順送りに議長になるようなことはなくなっていくのではないかと思いますし、議会が一つの機関として責任をもって仕事をすることにつながるものと思うのです。

各委員間から大きな異論は出されませんでしたので、この項目については条例に盛り込んでいくことで集約がされました。

長くなりましたので、「議員間の自由討論(討論の見直し)」については、稿を改めたいと思います。


追記を閉じる▲

【2012/04/12 17:49】 | 変えよう!議会
トラックバック(0) |
やわらかな桜色に包まれた週末。
午前中は回田小学校の入学式に伺い、74名の1年生の晴れ姿を微笑ましく見させていただきました。
明日、明後日は絶好のお花見日和になりそうですね。私も自治会員として廻田町の桜まつりのお手伝い。明日は9時から会場準備、明後日は10時開会のため8時に集合。ベテランのおば様たちが800本の焼き団子を売り切るまで、下働きをする予定です。

ところで、議会基本条例制定に向けた議論を重ねている私たち東村山市議会。次回の特別委員会は4月11日(水)午後1時半からを予定しますので、お時間の取れる方はぜひ傍聴にいらしてください。シナリオなしで議員の本音が聞けておもしろい、と言っていただいています。

そして、同特別委員会の石橋光明委員長に議会改革をテーマとしたフォーラムのパネリストとして登壇いただくことになりましたので、お知らせいたします。
舞台は、NPO法人多摩住民自治研究所と、多摩市民の皆さんの実行委員会形式によってスタートしている「市民の学び舎・たま」。
全国的にも議会改革の先進地である多摩市議会の次に続いて、特別委員会を設置して動いている議会として、日野市議会から菅原直志さん、そして東村山市議会から石橋光明さんに登場をお願いしました。
内容はチラシをご覧いただき、4月29日(日)の午後には、多摩市の会場までぜひお越しになってください。
議会改革分科会ちらし

尚、既に3月25日(日)からスタートしている「市民の学び舎・たま」の内容がわかる全体チラシは多摩研HPからご覧いただけます。

【2012/04/06 18:18】 | 変えよう!議会
トラックバック(1) |
3月議会閉会から今日で8日。一昨日、新年度を迎えましたので、賛成多数で可決成立した予算案は当然ながら執行されています。

3月26日(月)の議会最終日の報告が遅くなりました。すみません。

この日、開会に先立って9時15分から開かれた代表者会議で、福田議員と私から「24年度一般会計予算案について改めて修正動議を出させてほしい」という申し出をしたことから、その扱いをめぐって議論となり、開会が11時35分にずれ込みました。定刻に傍聴にいらしていた方たち、結果として深夜に及んだことから足止めを食わされた形になった職員の方たちには申し訳なかったと思っています。
3月16日の予算特別委員会最終日に提出した修正動議が提案説明すらできずに終わったことから、4会派10名の議員として改めて行いたいと申し出たのですが、「委員会に所属していた同じメンバーによる全く同じ提案が再度認められるなら、委員会審議は何だったのかということになる」「委員会での修正動議否決の後、原案を全面否定するような反対討論をした会派は、もし修正案が通った場合には原案に対してどういう説明をするのか?」という声があがりました。これらの指摘はこれまでの議会内ルールによれば、確かにその通りでした。
しかし一方で、半数に近い10名の賛成があるのに、修正案の説明さえさせないこれまでのやり方は、論点を明らかにして議論する場として自殺行為に等しいということを主張し、動議を提出したいと重ねて伝えました。
「同じメンバーで同じ動議をかければ、同じ結果になる可能性が高いことがわかっているのか?」「慣例とはいえこれまでのルールを破ってでも行うという重さを自覚しているのか?」等を福田議員と私は代表者会議で問われましたが、8名が待つ控室に戻って協議した結果、続いて開かれた議会運営委員会の場で「そういうことを理解した上で、それでも進めたい」旨を申し上げました。

11時35分に開会となった後、政策総務委員会と環境建設委員会の委員長報告と議決を行い昼休憩に入り、13時に再開。厚生委員会と生活文教委員会の委員長報告と議決後、13時45分頃から肥沼予算特別委員会による委員長報告があり、採決に移ろうとしたタイミングで14時05分に島崎議員が「議長!」と声を上げました。
熊木議長から指名された島崎議員が「一般会計予算案に対し、修正動議を提出いたします」と発言。
複数の議員から「賛成!」と声があがったので熊木議長は「所定の賛同者がありましたので動議は成立しました。よって本件動議を直ちに議題とすることに賛成の方の起立を求めます」と続けます。
傍聴者を含め多くが3月16日と同様に、起立少数で否決となると予測したことと思いますが、この日は違いました。
3名の議員が新たに起立したため、賛成13・反対11。
「起立多数と認めます。よって本動議は可決されました」と熊木議長。
修正案が議論のテーブルに乗ることが決まった瞬間でした。

ここで休憩が宣され、議会運営委員会を開催。開会後の議事を確認し、15時30分に再開となりました。

福田(共)島崎(市・自)矢野(草)佐藤の4名が答弁席であるひな壇に並び、島崎議員が提案説明。
これに対し、三浦(自)石橋光(公)両議員から質疑がありました。

質疑とそれに対する答弁が終了後、16時25分に山口(共)朝木(草)佐藤が「修正案可決・修正案を除く部分の原案も可決」の討論を行い、それ以外の討論はなく、採決。
まず修正案を賛成10(共産4、変!議3、草の根1、市民自治1)反対14(自民7、公明6、みんなの党1)で否決。その上で原案が賛成14:反対10で可決と決まりました。

最終日の動画が公開されましたので、「予算特別委員長報告」の14分頃からぜひご覧いただければと思います。
予算案のどこが問題だと考え、どう改めようという提案なのか。お互いに全否定をするわけでなく、どう譲り、どう合意形成を図るのか…。
事前通告のない中での質疑と答弁という形で、傍聴者はもちろん、録画配信を通じてどなたにも見ていただけることになったことは、ほんの少しかもしれませんがあるべき姿に近づけたのではないかと思っています。
特に福田議員の答弁にはこの間の事実を正確に踏まえた思いが詰まっていると私は感じています。

また、修正案を議題とすることに賛成をしてくれた3名の議員は、「とにかく相手の話を聞いてみようじゃないか」という当たり前のことを、言論の府である議会の一人の議員として判断されたものと受け止めています。
とはいえ、これまでの慣例・慣習から考えれば想像以上の重い決断だったはずですし、その後かなりのプレッシャーもかかっているのではないかと思われます。
その決断をしっかり受け止めて、議論する議会、市民から見える議会、わかる議会への歩みを、相互理解を深めながら進めていかなければならないと思っています。

議事はこの後、補正予算案の審議や議会内の人事等を決め、最終的には23時15分に閉会となりました。





追記を閉じる▲

【2012/04/03 16:14】 | 議会報告
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。