無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AERAの最新号に「保育園規制緩和いいの?」という記事を見つけました。(ジャーナリスト猪熊弘子さん記)
記事は、昨年12月7日の日経1面に「保育所 入所基準を緩和」という記事が掲載されたことを入口に、これ以上の「緩和」に向かう危険性を指摘し、すでに「こんな保育所さえ」という保育所が認可保育所としてまかり通っている現実を伝えています。

保育所に入りたくても入れない待機児童が社会問題化してから久しいですし、小泉内閣が打ち上げた「待機児ゼロ作戦」も記憶に強く残っているところです。

待機児問題とはなにか。
認可保育園の規制緩和とはなにか。

これは、私たちのまち東村山において、他の自治体より一層はっきりした形で、その変化と影響をもたらしてきました。
不連続シリーズとして綴っていきたいと考えています。
スポンサーサイト

【2008/01/15 17:40】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。