無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議会改革を切望する市民の皆さんが呼びかけて実現した「議員と市民の対話のつどい」。
参加された方が市外も含めて約80名、議員が10名。
会場の様子(※宇留嶋さんにお借りしました)


場の意味をよく理解していない議員が一部おり、フロアの発言のチャンスを奪って的外れな対話に終始したり、カメラ撮影を止めるように司会者に申し入れたりしたようですが、それでも7会派のうち5会派が出席したことは少しだけ前進と受け止めて、次の場へつなげていただけたら、と思っていました。

貴重な場を作ってくださった方たちに感謝です。

対話、というにはまだまだ遠い2時間半でしたが、市民の厳しい目が注がれていることを十分に受け止め、また、議会だけなく市民の皆さんと一緒になって、まともな議会にしていくスタートの日にしたいと思っています。
スポンサーサイト

【2008/02/09 23:16】 | 変えよう!議会
トラックバック(0) |

No title
富士見公園
市議会傍聴とは違った意味で、興奮を感じました。
市議会議員の生の声を議員の正面から聞けたのですから。
第1回目です、改良点もあります。
今後議員数も増えて充実することを期待したいと思いました。

No title
路字山吟
とても意義のある、まさにこれこそ「はじめの一歩」といえる日ではなかったこと思いました。
とにかくこういう場を作った主催者の方々に感謝です。
議員さんにも市民の方にもちょっと勘違いしていた人がいるみたいでしたがね。

参加できず残念
akikenyou
とは言え、あの雪が降り敷きる中、参加した方がみえて、話しを聞く事ができました。
確かに第一歩的な要素が含まれていて、ブログやコメントにもあるよう、反省、又は次回に向けて改善する点も、多々みうけられます。
ただ、一歩…いや半歩かも知れませんが、お互いの距離が縮まったのは確かのようですね。
次回は何とか時間を作りたいものです。

富士見公園さんへ
佐藤まさたか
いつもコメントありがとうございます。

あのような場をまずはスタートさせてくださった皆さんの決断に感謝したいと思っています。

自分だけがいつも正しいなどと考えている議員がいる限り前途は多難だと今回も痛感しましたが、とにかく生を見ていただければ、自ずと道は開けていくと思っています。

財政といい、議会改革といい、周回遅れかもしれませんが、東村山にも「時」がやってきているんですよね、きっと。

路字山吟さんへ
佐藤まさたか
いつも訪ねてくださってありがとうございます。

そうそう、明らかな勘違いだと私も思います。

ご自分達の優位性・正義の味方ぶりを印象付けようとしたのかどうか知りませんが、興奮気味に他者の追及を始めた朝木議員に対して「ここは議会じゃないんだ!」と厳しい指摘の声が飛んだのは当然のことだと思います。

矢野議員が「我々は本来はこういう顔出しはしないことにしている」と言う台詞も、前週の保育園保護者の皆さんとの場の冒頭と同じだったのですが、どういう意味なんでしょう?
「選挙のために顔を売るつもりはない」ということだとしたら、ずいぶんな理屈ですよね…。
私は、恐らく他の多くの議員も、議員といったって万能であるわけがないので、いろいろな実際の場に参加させてもらって、初めて知ること学ぶことだらけのはずです。
まあ矢野さんは議席譲渡問題で一旦失職したといえども通算で11年くらいのキャリアがおありで、あらゆることに精通している方のようですから、市民から学ぶなんて必要はないのかもしれませんが…。

あんまりもったいぶらずに今後もどんどん市民の前で生の姿を見せて、ご高説を開陳してほしいものです。

Re:参加できず残念
佐藤まさたか
akikenyouさん こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。

そうですか、早速現場ルポが入ったのですね。

大事なのは継続であり、諦めずに一致点を探ろうとする努力だろうと思います。

与党だ野党だ、正義だ悪だ。
他者を叩くことで自らを利し、存在を知らしめる。
そんなカビ臭い二極対立には多くの方たちがうんざりしていることを痛感する毎日です。

少しずつ、でも確実にあるべき方向へ進んでいると私は思います。
一緒にがんばっていきましょうね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
市議会傍聴とは違った意味で、興奮を感じました。
市議会議員の生の声を議員の正面から聞けたのですから。
第1回目です、改良点もあります。
今後議員数も増えて充実することを期待したいと思いました。
2008/02/10(Sun) 18:58 | URL  | 富士見公園 #-[ 編集]
No title
とても意義のある、まさにこれこそ「はじめの一歩」といえる日ではなかったこと思いました。
とにかくこういう場を作った主催者の方々に感謝です。
議員さんにも市民の方にもちょっと勘違いしていた人がいるみたいでしたがね。
2008/02/10(Sun) 21:45 | URL  | 路字山吟 #-[ 編集]
参加できず残念
とは言え、あの雪が降り敷きる中、参加した方がみえて、話しを聞く事ができました。
確かに第一歩的な要素が含まれていて、ブログやコメントにもあるよう、反省、又は次回に向けて改善する点も、多々みうけられます。
ただ、一歩…いや半歩かも知れませんが、お互いの距離が縮まったのは確かのようですね。
次回は何とか時間を作りたいものです。
2008/02/11(Mon) 08:16 | URL  | akikenyou #IqyBBTXc[ 編集]
富士見公園さんへ
いつもコメントありがとうございます。

あのような場をまずはスタートさせてくださった皆さんの決断に感謝したいと思っています。

自分だけがいつも正しいなどと考えている議員がいる限り前途は多難だと今回も痛感しましたが、とにかく生を見ていただければ、自ずと道は開けていくと思っています。

財政といい、議会改革といい、周回遅れかもしれませんが、東村山にも「時」がやってきているんですよね、きっと。
2008/02/15(Fri) 22:25 | URL  | 佐藤まさたか #-[ 編集]
路字山吟さんへ
いつも訪ねてくださってありがとうございます。

そうそう、明らかな勘違いだと私も思います。

ご自分達の優位性・正義の味方ぶりを印象付けようとしたのかどうか知りませんが、興奮気味に他者の追及を始めた朝木議員に対して「ここは議会じゃないんだ!」と厳しい指摘の声が飛んだのは当然のことだと思います。

矢野議員が「我々は本来はこういう顔出しはしないことにしている」と言う台詞も、前週の保育園保護者の皆さんとの場の冒頭と同じだったのですが、どういう意味なんでしょう?
「選挙のために顔を売るつもりはない」ということだとしたら、ずいぶんな理屈ですよね…。
私は、恐らく他の多くの議員も、議員といったって万能であるわけがないので、いろいろな実際の場に参加させてもらって、初めて知ること学ぶことだらけのはずです。
まあ矢野さんは議席譲渡問題で一旦失職したといえども通算で11年くらいのキャリアがおありで、あらゆることに精通している方のようですから、市民から学ぶなんて必要はないのかもしれませんが…。

あんまりもったいぶらずに今後もどんどん市民の前で生の姿を見せて、ご高説を開陳してほしいものです。
2008/02/15(Fri) 22:41 | URL  | 佐藤まさたか #-[ 編集]
Re:参加できず残念
akikenyouさん こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。

そうですか、早速現場ルポが入ったのですね。

大事なのは継続であり、諦めずに一致点を探ろうとする努力だろうと思います。

与党だ野党だ、正義だ悪だ。
他者を叩くことで自らを利し、存在を知らしめる。
そんなカビ臭い二極対立には多くの方たちがうんざりしていることを痛感する毎日です。

少しずつ、でも確実にあるべき方向へ進んでいると私は思います。
一緒にがんばっていきましょうね。
2008/02/15(Fri) 22:49 | URL  | 佐藤まさたか #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。