無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北山小卒業式

ほころび始めた桜と北山小

卒業の季節です。
毎年仕事柄、近所にある北山小学校や第四中学校の卒業式、入学式に伺う機会をいただきますが、子どもたちとご家族の皆さんと、先生方、地域の方たちの集大成の場へ最前列で臨ませていただくことに、なんだか申し訳ないような思いがします。
19日は四中の卒業式でした。
写真はありませんが、中学校の3年間というものが、子どもたちにとってどれほど大きな意味を持つのか、今年もひしひしと伝わってくる素敵な時間でした。
今や定番となった歌「旅立ちの日に」ですが、大人に向けて歩みを始め様々な葛藤の中で過ごした3年間が、一人ひとりの胸に去来するのでしょう。仲間のために涙をこらえて指揮をする女子生徒、卒業証書授与から唇をかみしめる男子生徒…子どもたちの感受性は、いささかも変わってはいないと感じました。

今日は北山小学校の卒業式でした。
中学生とはわずか3年間の違いですが、とても初々しく、でも6年間の成長ぶりが十分に伝わってくる式でした。
小学校では卒業証書を受け取る前に、子どもたちが自分の思いを一言述べます。
中学校での勉強や部活への期待や、将来の夢がそれぞれの言葉で語られる中、医師になって人を救いたいという子や、人の痛みがわかる人になりたい、という子もいました。
私たちが子どもの頃に比べ、式全体が格式ばった感じが強く、学校毎の個性があまり感じられないものになってきたことは個人的には残念に思っていますが、76名の卒業生がこれからものびのびと育って行ってほしいと願いながら、会場を後にしました。


一昨日(23日)は、職員として勤めていた保育所「空飛ぶ三輪車」の「卒業のつどい」に参加させてもらいました。下の写真はそのほんのひとコマです。

今年の卒園児は11名。2001年度生まれの子どもたちです。
この頃はちょうど、保育所にとって大きな転機となる出来事がいくつもあった年で、私も何でも屋の職員として、保育に事務に走り回っていた頃でした。生後2か月、3か月で初めて仲間となったあの日を、今でも鮮明に覚えている子どもたちばかりなのです。

私は職員としては4年足らずの在籍でしかありませんが、子どもたちから、親の皆さんから、そして保育者たちから、本当に多くのことを学ばせてもらったことを今でも感謝しています。
27年目を迎えた三輪車。
卒園のつどいは、今年も野口町にある八坂神社参集殿の大広間をお借りして行いました。
卒園児は11名なのに、出席者は今年も約200名。
卒園児の家族はもちろん、遠方からおじいちゃんおばあちゃん、親戚のおじさんおばさん、卒園児やそのお父さんお母さん、日ごろお世話になっている近所の方たち、元職員、大家さん、近隣の保育園の方たち…。
子どもたちの成長に立ち会ってきた様々な方たちが一堂に会し、ともに歌い、ともに踊り、ともに語り、ともに食し…昔の村の寄り合い風景のようです。
お昼は昔からお世話になっているお弁当くらぶのおいしいお弁当と、大人たちはビールで乾杯!
3時頃にお開きとなったお祝いは、場所を園舎に移して9時頃まで続きました。

保育所とはどんなところですか?何をするところですか?と尋ねられたら、私は真っ先にこう答えます。
「保育所は、人の心と心をつなぐ場です」と。


三輪車卒園のつどい全体

今日はバッチリ決まってます

卒園児による劇

卒園児の親たちも負けじと劇です。「11匹のネコとアホウドリ」

目を丸くして見入る子どもたち

劇はクライマックスへ

園舎でご苦労さん会



スポンサーサイト


追記を閉じる▲


一昨日(23日)は、職員として勤めていた保育所「空飛ぶ三輪車」の「卒業のつどい」に参加させてもらいました。下の写真はそのほんのひとコマです。

今年の卒園児は11名。2001年度生まれの子どもたちです。
この頃はちょうど、保育所にとって大きな転機となる出来事がいくつもあった年で、私も何でも屋の職員として、保育に事務に走り回っていた頃でした。生後2か月、3か月で初めて仲間となったあの日を、今でも鮮明に覚えている子どもたちばかりなのです。

私は職員としては4年足らずの在籍でしかありませんが、子どもたちから、親の皆さんから、そして保育者たちから、本当に多くのことを学ばせてもらったことを今でも感謝しています。
27年目を迎えた三輪車。
卒園のつどいは、今年も野口町にある八坂神社参集殿の大広間をお借りして行いました。
卒園児は11名なのに、出席者は今年も約200名。
卒園児の家族はもちろん、遠方からおじいちゃんおばあちゃん、親戚のおじさんおばさん、卒園児やそのお父さんお母さん、日ごろお世話になっている近所の方たち、元職員、大家さん、近隣の保育園の方たち…。
子どもたちの成長に立ち会ってきた様々な方たちが一堂に会し、ともに歌い、ともに踊り、ともに語り、ともに食し…昔の村の寄り合い風景のようです。
お昼は昔からお世話になっているお弁当くらぶのおいしいお弁当と、大人たちはビールで乾杯!
3時頃にお開きとなったお祝いは、場所を園舎に移して9時頃まで続きました。

保育所とはどんなところですか?何をするところですか?と尋ねられたら、私は真っ先にこう答えます。
「保育所は、人の心と心をつなぐ場です」と。


三輪車卒園のつどい全体

今日はバッチリ決まってます

卒園児による劇

卒園児の親たちも負けじと劇です。「11匹のネコとアホウドリ」

目を丸くして見入る子どもたち

劇はクライマックスへ

園舎でご苦労さん会



スポンサーサイト

【2008/03/25 23:54】 | もろもろ
トラックバック(0) |

No title
kawauso
子供達の元気に触れるたびに、どうかこの元気を壊されないで行って欲しいといつも思います。

 人間の繋がり方がまずいと、柔らかい子どもたちは、深いところで元気を奪われてしまいます。

 これからもしたたかに頑張っていってください。

No title
富士見公園
私も20名ほどの小さな会合ですが、食事をとものう会合はよく弁当クラブの弁当を注文します。
1個でも自宅へ配達してくれますし、老人にとっては程よい量です。弁当箱も回収してくれますし、大助かりです。おいしいですよ。1度利用されたら如何でしょうか。弁当を利用さている大手は保健所と聞いております。衛生管理も抜群ですよ。


kawausoさんへ
佐藤まさたか
獺さんですね。
コメントありがとうございます。

本当にそう。
子ども達の笑顔を守り、育てるのは、私たち大人の最大のつとめであるはず。
何をさておいても…と思っています。



富士見公園さんへ
佐藤まさたか
こんばんは。いつもコメントありがとうございます。

今年も本当においしいお弁当でした。
保育所の畑で採れた青菜をおひたしと使ってくださっていて、さらに彩を加えてくれていました。
そんな心遣いも嬉しいんですよね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
子供達の元気に触れるたびに、どうかこの元気を壊されないで行って欲しいといつも思います。

 人間の繋がり方がまずいと、柔らかい子どもたちは、深いところで元気を奪われてしまいます。

 これからもしたたかに頑張っていってください。
2008/03/26(Wed) 08:56 | URL  | kawauso #-[ 編集]
No title
私も20名ほどの小さな会合ですが、食事をとものう会合はよく弁当クラブの弁当を注文します。
1個でも自宅へ配達してくれますし、老人にとっては程よい量です。弁当箱も回収してくれますし、大助かりです。おいしいですよ。1度利用されたら如何でしょうか。弁当を利用さている大手は保健所と聞いております。衛生管理も抜群ですよ。
2008/03/27(Thu) 04:30 | URL  | 富士見公園 #-[ 編集]
kawausoさんへ
獺さんですね。
コメントありがとうございます。

本当にそう。
子ども達の笑顔を守り、育てるのは、私たち大人の最大のつとめであるはず。
何をさておいても…と思っています。

2008/03/28(Fri) 00:21 | URL  | 佐藤まさたか #-[ 編集]
富士見公園さんへ
こんばんは。いつもコメントありがとうございます。

今年も本当においしいお弁当でした。
保育所の畑で採れた青菜をおひたしと使ってくださっていて、さらに彩を加えてくれていました。
そんな心遣いも嬉しいんですよね。
2008/03/28(Fri) 00:26 | URL  | 佐藤まさたか #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。