無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北川クリーンアップ パパと女の子


おとといの日曜日は長靴履いて北川クリーンアップへ。
実行委員会主催という形で春と秋に一度ずつ、北山公園とその周辺を市民と行政が一緒になって保全しようと続けられているイベントです。
この日は、集合場所のひとつ、北山小学校西側には、いつもよりもずっと多くの方たちが長靴&軍手姿で集まっていました。

だいぶ水も温み、小魚の姿が目立つ季節となっていました。
袋を片手に数か所から川へ降り、水際、川原のごみを拾って移動していきます。残念ながら今回もかなりのごみが集まりましたが、それでも他の川に比べればかなり状況はよいはず。
それもそのはずで、北川水辺倶楽部の皆さんが毎月第2土曜日の朝9時から、10年もの間清掃を続けているのです。水辺倶楽部ではゴミの統計、水質調べなども行っておられ、地道に子どもたちの歓声が響く川を取り戻そうという活動が続けられています。

参加していた5歳の女の子とそのパパさんからは、水、ゴミ、魚…いろんな話が聞こえてきます。素敵な休日の過ごし方だなぁ…と思わずシャッターを切りました。

丈の伸びた草に交じって可憐な花も見られます。

カワラナデシコ?こういう色じゃないですよね…

集めたゴミを北山公園の中で可燃、不燃、缶、ペットボトル等に仕分けをし、市のトラックに乗せて無事終了。
市の職員の皆さんもお疲れ様でした。

渡部市長も終了後でしたが「こんな恰好で申し訳ないです」とスーツ姿で顔を出し、参加された方たちや、取材に見えていた記者としばし話し込んでいました。
休日には市長カーを極力使わないで自力で移動するようにしている、と以前話していた市長ですが、おりしも総会シーズンということもあるのでしょう。この日はほどなく次の集まりへと公園を後にされました。

取材に見えていたのは朝日タウンズの記者で、「たまの里」というシリーズの今週号で北川を取り上げてくださるようです。

解散後、北山公園の入口につい先月オープンした茶房に立ち寄りました。
ご自宅を改造した「家系」のお店なので小ぢんまりとはしていますが、なんだかほけ~っとできて、落ち着く落ち着く…。
コーヒーや紅茶もおいしいけれど、むしろ「お茶」をいただくのがよいかも、です。
私も「新茶」をじっくり味わいながらいただきました。
実においしうございました。

スイーツもすべて手づくりだそうです。しばし時を忘れて緑を眺めるには最高です…。

オーナー日記はこちらで見られます。


茶かわせみ


かわせみ入口


落ち着く店内


かわせみの窓から




ところで、蛇足のようで結構気になっていることを最後に一つ。

せっかくの取材なのに、北川の活動についてろくな説明もできなかった所管の職員さん。しっかりしてください。
新聞記者に対して、ゲラができたらみせてください、と言った広報広聴課の職員さん、ご自分のおっしゃった言葉がどういう意味なのかわかってますか?

市長さんがちゃんと話をしてくださったので、やっとほっとしました。そう言って記者の方は帰られましたよ。
頑張っている人たちの努力まで台無しになりますから、あまり恥ずかしい対応をしないでください。お願いしますよ、ホントに。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲

集めたゴミを北山公園の中で可燃、不燃、缶、ペットボトル等に仕分けをし、市のトラックに乗せて無事終了。
市の職員の皆さんもお疲れ様でした。

渡部市長も終了後でしたが「こんな恰好で申し訳ないです」とスーツ姿で顔を出し、参加された方たちや、取材に見えていた記者としばし話し込んでいました。
休日には市長カーを極力使わないで自力で移動するようにしている、と以前話していた市長ですが、おりしも総会シーズンということもあるのでしょう。この日はほどなく次の集まりへと公園を後にされました。

取材に見えていたのは朝日タウンズの記者で、「たまの里」というシリーズの今週号で北川を取り上げてくださるようです。

解散後、北山公園の入口につい先月オープンした茶房に立ち寄りました。
ご自宅を改造した「家系」のお店なので小ぢんまりとはしていますが、なんだかほけ~っとできて、落ち着く落ち着く…。
コーヒーや紅茶もおいしいけれど、むしろ「お茶」をいただくのがよいかも、です。
私も「新茶」をじっくり味わいながらいただきました。
実においしうございました。

スイーツもすべて手づくりだそうです。しばし時を忘れて緑を眺めるには最高です…。

オーナー日記はこちらで見られます。


茶かわせみ


かわせみ入口


落ち着く店内


かわせみの窓から




ところで、蛇足のようで結構気になっていることを最後に一つ。

せっかくの取材なのに、北川の活動についてろくな説明もできなかった所管の職員さん。しっかりしてください。
新聞記者に対して、ゲラができたらみせてください、と言った広報広聴課の職員さん、ご自分のおっしゃった言葉がどういう意味なのかわかってますか?

市長さんがちゃんと話をしてくださったので、やっとほっとしました。そう言って記者の方は帰られましたよ。
頑張っている人たちの努力まで台無しになりますから、あまり恥ずかしい対応をしないでください。お願いしますよ、ホントに。
スポンサーサイト

【2008/05/20 23:30】 | もろもろ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。