無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日から3日間が一般質問となり、24名がそれぞれのテーマに基づいて質問に立ちます。
私はトップバッターで明日10時から。
先日もお伝えしましたが、取り上げるテーマは大きく次の3つです。

1.官製NPO設立に見る東村山市役所流「市民との協働」を質す
2.改善指導に応じないりんごっこ保育園の実態と諸問題について
3.西口再開発の現状と問題点について


東口から臨む100mビル(完成時はこの3倍の高さ)

タワークレーン

タワークレーン直下


今日は西口再開発がおこなわれている地域から立て続けに4本の電話をいただき、現場へ飛んで行きました。
直接の問題は、いきなりテレビの映りが極端に悪くなったことです。
加速度をつけて積み上がっていく100mビルなのか、天を突き刺すようにそびえるタワークレーンなのか、いずれかが原因の電波障害ではないか、ということでした。
すぐに所管に出向いて確認したところ、今日の障害については集中アンテナの中継装置の不具合が起きたことが原因とみられるとのことで、夕方にはほぼ復旧したようでした。
しかし、昨日の地下駐輪場議案の報告でも書きましたが、家が揺れたり工事が夜中まで行われたり、そもそも都市計画区域の変更でいつの間にか対象地区から外れていたり…とにかく一貫して不誠実、不利益な扱いを受け続けてきた方たちなのです。
「みんな賛成している」とうそぶき続けた前市長でしたが、地域の皆さんにしてみれば「我慢も限界」というお気持ちなのが今日も痛いほど伝わってきました。

また、タワークレーンが何トンという資材、ビルのパーツをグランドレベルから吊り上げているのですが、数m脇には子どもたちの通学路にもなっている道路があり、見上げると真上で作業をしているのではないかと感じるような状況です。
想像していたより遙かに高いところで続く作業に、万が一にも何かあったら大惨事になるのではないか?どうして真下にガードマン一人いないのか?と不安げな表情で尋ねられました。

それぞれの所管としては精一杯やっている、というのもわからないわけではないのです。
しかし、トータルとして市民生活の安寧のために市役所がしっかり向き合っているとは言い難いのではないか…。だからこそ、ビルの巨大さが現実のものとなってきた今、皆さんの不安はどんどん大きくなってきたということではないのでしょうか…。
今日も再開発担当所管と地下駐輪場工事担当の管財課、民間駐輪場との協議を担っているはずの道路交通課に出向いて、一段の優しさと丁寧さをもって地域の皆さんのもとへ足を運んでください、とあらためて話をしてきました。

ホント、お願いしますよ…。
耳の痛いことも言われるだろうけれど、地権者だけが市民ではないのですから、ルール上「ひと皮」だ、などと言っていないで、どうかこまめに足を運んでください。

明日10時からの一般質問でも、地域の方にとっての安全をどう確保し、不安を取り除いていくのかについて、市の考え方をしっかり問いたいと思っています。
お忙しいとは思いますが、ぜひ傍聴においでください。
大いに問題ありと考えているりんごっこ保育園問題と官製NPO問題についても、ぜひお聞きいただければと思います。


※ところで、私が先日提訴をした件が、インターネットニュース「JANJAN」で取り上げられているよ、と連絡をくださった方があります。ありがとうございました。
コチラでご覧いただけます。.



スポンサーサイト


追記を閉じる▲

タワークレーン

タワークレーン直下


今日は西口再開発がおこなわれている地域から立て続けに4本の電話をいただき、現場へ飛んで行きました。
直接の問題は、いきなりテレビの映りが極端に悪くなったことです。
加速度をつけて積み上がっていく100mビルなのか、天を突き刺すようにそびえるタワークレーンなのか、いずれかが原因の電波障害ではないか、ということでした。
すぐに所管に出向いて確認したところ、今日の障害については集中アンテナの中継装置の不具合が起きたことが原因とみられるとのことで、夕方にはほぼ復旧したようでした。
しかし、昨日の地下駐輪場議案の報告でも書きましたが、家が揺れたり工事が夜中まで行われたり、そもそも都市計画区域の変更でいつの間にか対象地区から外れていたり…とにかく一貫して不誠実、不利益な扱いを受け続けてきた方たちなのです。
「みんな賛成している」とうそぶき続けた前市長でしたが、地域の皆さんにしてみれば「我慢も限界」というお気持ちなのが今日も痛いほど伝わってきました。

また、タワークレーンが何トンという資材、ビルのパーツをグランドレベルから吊り上げているのですが、数m脇には子どもたちの通学路にもなっている道路があり、見上げると真上で作業をしているのではないかと感じるような状況です。
想像していたより遙かに高いところで続く作業に、万が一にも何かあったら大惨事になるのではないか?どうして真下にガードマン一人いないのか?と不安げな表情で尋ねられました。

それぞれの所管としては精一杯やっている、というのもわからないわけではないのです。
しかし、トータルとして市民生活の安寧のために市役所がしっかり向き合っているとは言い難いのではないか…。だからこそ、ビルの巨大さが現実のものとなってきた今、皆さんの不安はどんどん大きくなってきたということではないのでしょうか…。
今日も再開発担当所管と地下駐輪場工事担当の管財課、民間駐輪場との協議を担っているはずの道路交通課に出向いて、一段の優しさと丁寧さをもって地域の皆さんのもとへ足を運んでください、とあらためて話をしてきました。

ホント、お願いしますよ…。
耳の痛いことも言われるだろうけれど、地権者だけが市民ではないのですから、ルール上「ひと皮」だ、などと言っていないで、どうかこまめに足を運んでください。

明日10時からの一般質問でも、地域の方にとっての安全をどう確保し、不安を取り除いていくのかについて、市の考え方をしっかり問いたいと思っています。
お忙しいとは思いますが、ぜひ傍聴においでください。
大いに問題ありと考えているりんごっこ保育園問題と官製NPO問題についても、ぜひお聞きいただければと思います。


※ところで、私が先日提訴をした件が、インターネットニュース「JANJAN」で取り上げられているよ、と連絡をくださった方があります。ありがとうございました。
コチラでご覧いただけます。.



スポンサーサイト

【2008/06/11 23:09】 | 変えなきゃ!市役所
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。