無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月の生活文教委員会報告でもふれましたが、10月1日から図書館のシステムが、便利に、使いやすくなりました。
最大のポイントは、懸案だったインターネットからの予約や、多角的な蔵書検索が可能になったこと。

私も早速使ってみました。 


市のHPのトップページ左下の方にある「図書館のページ」から入ります。
以前はこんな感じでしたが、昨日からこんな風に一新されました。
「蔵書検索」「利用案内」「蔵書情報」などの各種サービス案内は、登録をする必要はなく、そのまま誰でもお使いになれます。

また、貸出や予約など利用状況メニューの表示には、利用者番号とパスワードが必要となりますので、「利用状況」から入って、「利用者情報変更」の中の「パスワード登録」を行います。

さらに、「メールアドレス登録」をすると、予約した本が届いたりした時にメールで知らせてくれるようです。

これらの手続きはお手元のPCや携帯電話から簡単に行えますし、図書館へ行くと、今までの端末にかわって新しいパソコンが数か所に置かれていて、ここからももちろん可能です。

昼過ぎに中央図書館を訪ねた際に木村館長にお会いし、システムスタートの様子をうかがいました。
システム変更のため22日から臨時休館をさせていただいた間、総出で蔵書の点検とシステム移行のための作業を行い、さらに業者に依頼して老朽化してきた天井の蛍光灯を、明るくて節電型のものにベースから取り換えたとのこと。確かにかなり明るくなっていました。
なにより、予想をかなり上回るペースでネットからの予約が増え続けているそうで、館内の端末を手慣れた感じで操作している小中学生が多いことにも驚いてます、とのこと。

そして、利用する市民の方にとって、どこがどう使いやすくなったのか&どこが使いにくいのか等を早くつかむため、少しでも多くの職員でフロアに立ち、対応するようにしているのだそうです。

私の第一印象はかなり使い勝手が向上したように感じていますが、まだ工事中のページがあったりしますし、運用する中で気がつく改善点などもあるかもしれません。
どんどん使っていただき、気がついたことは気軽にお伝えいただくことが、新しいシステムを生かしていくことになると思いますし、皆さんの税金が活きることにもなると思います。

ところで、今回のシステム変更について、市報やHPでもっと積極的に伝えた方がいいのではないかと思います。
市報では9月15日号2面の下の方に「図書館特別整理休館」というタイトルの囲み記事がありましたが、10月1日から新システムがスタートしたことは報じていないようですし、市のHPでも、システム変更に伴う休館について知らせたのみで、トップページを見ただけでは図書館システム&HPリニューアルのことはわかりません。

新たにオープンした施設も大事ですが、全ての世代が毎日利用できる施設の一見地味なこうした改善についても、しっかりPRすることを広報セクションがもっと気にかけてもいいのではないかと思うところです。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲


市のHPのトップページ左下の方にある「図書館のページ」から入ります。
以前はこんな感じでしたが、昨日からこんな風に一新されました。
「蔵書検索」「利用案内」「蔵書情報」などの各種サービス案内は、登録をする必要はなく、そのまま誰でもお使いになれます。

また、貸出や予約など利用状況メニューの表示には、利用者番号とパスワードが必要となりますので、「利用状況」から入って、「利用者情報変更」の中の「パスワード登録」を行います。

さらに、「メールアドレス登録」をすると、予約した本が届いたりした時にメールで知らせてくれるようです。

これらの手続きはお手元のPCや携帯電話から簡単に行えますし、図書館へ行くと、今までの端末にかわって新しいパソコンが数か所に置かれていて、ここからももちろん可能です。

昼過ぎに中央図書館を訪ねた際に木村館長にお会いし、システムスタートの様子をうかがいました。
システム変更のため22日から臨時休館をさせていただいた間、総出で蔵書の点検とシステム移行のための作業を行い、さらに業者に依頼して老朽化してきた天井の蛍光灯を、明るくて節電型のものにベースから取り換えたとのこと。確かにかなり明るくなっていました。
なにより、予想をかなり上回るペースでネットからの予約が増え続けているそうで、館内の端末を手慣れた感じで操作している小中学生が多いことにも驚いてます、とのこと。

そして、利用する市民の方にとって、どこがどう使いやすくなったのか&どこが使いにくいのか等を早くつかむため、少しでも多くの職員でフロアに立ち、対応するようにしているのだそうです。

私の第一印象はかなり使い勝手が向上したように感じていますが、まだ工事中のページがあったりしますし、運用する中で気がつく改善点などもあるかもしれません。
どんどん使っていただき、気がついたことは気軽にお伝えいただくことが、新しいシステムを生かしていくことになると思いますし、皆さんの税金が活きることにもなると思います。

ところで、今回のシステム変更について、市報やHPでもっと積極的に伝えた方がいいのではないかと思います。
市報では9月15日号2面の下の方に「図書館特別整理休館」というタイトルの囲み記事がありましたが、10月1日から新システムがスタートしたことは報じていないようですし、市のHPでも、システム変更に伴う休館について知らせたのみで、トップページを見ただけでは図書館システム&HPリニューアルのことはわかりません。

新たにオープンした施設も大事ですが、全ての世代が毎日利用できる施設の一見地味なこうした改善についても、しっかりPRすることを広報セクションがもっと気にかけてもいいのではないかと思うところです。
スポンサーサイト

【2008/10/02 23:10】 | 学習会・研修会
トラックバック(0) |

No title
すごろく
1日(水曜日)に図書館登録を自分で試しましたが、上手く、いきませんでした。
本日(金曜日)佐藤議員の指示どうりにやると、登録できました。
1日は混雑していたのかな。
今後、便利になります。
お教えありがとうございました。

すごろくさんへ
佐藤まさたか
コメントありがとうございます。
ちょっとわかりづらい面もあるかもしれません。
初めからパーフェクトなんてものはないですけど、市民の声を真摯に受け止めて改善を施していこうという思いを図書館の皆さんはお持ちですから、お気づきのことがあったらまた教えていただければ幸いです。

図書館戦略も大局的に!
ともぞう
こんにちは。先日は、書き込みへのお返事ありがとうございました。私は市内在住・千代田区勤務で千代田区図書館をよく利用するのですが、ここは民間に運営委託してて開館時間も長く、質・システムとも素晴らしいです。まぁ、建物の綺麗さや本の充実っぷりは予算の差もあるんでしょうが、何より利用者のマナーが素晴らしい。昼間は品のよいお母さんが一所懸命子供に読み聞かせをし、夜は遅くまで高校生が勉強に集中してて居眠りしてる人はほぼ皆無。図書館が人を育てるのかそういう人を集めるのか、いづれにしても東村山市も目先の利用者インターフェースの改善だけで終わらずに市内公立学校(小・中・高)レベルの底上げ・人材育成のために図書館機能(学校・児童館図書室含む)のさらなる活用戦略を考えてほしいと思います。東村山に引っ越して5年、子供が生まれ今後の教育を考え始めた今日この頃、市内公立高校のレベルの低さに気付き愕然。市はできる子が早々に市外に流出するのをずーっと放置し続けてきたんですねぇ。非常にもったいない。仮に塾・私立に行かなくとも大学合格できるだけの公立校のレベルアップを実現できれば、各種補助金ぎりぎり対象外でうっぷんたまりまくりの中間所得層も集まって来て税収UPだし、学園都市化による治安・地価・地域一体感も少しは醸成できただろうに。。まぁそれ以前に巣立った子供がまた子とお金を連れて戻ってくるよな好循環作りに取り組んでいる自治体はそれだけでPR効果ありなんですけどね。今からでも以下などは運用で簡単に実現できそうな(できないようじゃ困るけど)感じしますけどどうでしょう。無駄なゴミ箱モノ事業に億単位の税金を捨てることを考えたらかなり意義あると思いますが。
(1)平日の開館時間の延長による社会人利用の促進、若者への学習・マナーの手本を示す
(2)学生が勉強の場に使えるような環境(机・参考書等)整備。
(3)杉並区和田中のような課外授業の場として図書館を活用。

何はともあれ願いは、東村山で生まれた子を市内完結で育てきれたらいいなということなんです。

長文にて失礼しました。またブログ拝見しに参ります。ここから市内の英知を結集できるといいですね。がんばってください~



Re:図書館戦略も大局的に!
佐藤まさたか
ともぞうさん
以前の記事にも目を通していただき、丁寧なコメントをくださり、どうもありがとうございます。

このまちでは、俗な言い方をすれば、なにをウリにするの?ということについてのオープンな議論をした経験が皆無に近いはずです。
特に、世の中が追いつけ追い越せの時代ではなくなった以降の10数年間も、遅れてきた青春を取り戻すかのような行政運営を続けてきたのが、今の姿に思えます。

もっと限定的に言えば、人への投資を粗末にしてきたのが、この間の東村山だったのではないか。議員として関わってきたこの5年、私にはそう思えてなりません。
それは、市の職員をどう育てるのか、という点でも同様です。

そんな中、図書館はソフト面を中心にかなり頑張ってきた方ではないか、と思ってはいます。しかしそれも、市のトップに立つ人間にその気がない中で、の話ですから、結果は厳しいですよね。

新たなハコに金を掛けるのではなく、今ある施設をどれだけ有効に、特に人を育てるためにどれだけ活用できるのか。
ともぞうさんが挙げてくださった3つの例のようなアイディアを、もっともっと出し合っていきたいです。

ダサいとか、不便とかって、決して欠点ばかりじゃないんじゃないかと思うのです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
1日(水曜日)に図書館登録を自分で試しましたが、上手く、いきませんでした。
本日(金曜日)佐藤議員の指示どうりにやると、登録できました。
1日は混雑していたのかな。
今後、便利になります。
お教えありがとうございました。
2008/10/03(Fri) 09:11 | URL  | すごろく #-[ 編集]
すごろくさんへ
コメントありがとうございます。
ちょっとわかりづらい面もあるかもしれません。
初めからパーフェクトなんてものはないですけど、市民の声を真摯に受け止めて改善を施していこうという思いを図書館の皆さんはお持ちですから、お気づきのことがあったらまた教えていただければ幸いです。
2008/10/05(Sun) 22:35 | URL  | 佐藤まさたか #-[ 編集]
図書館戦略も大局的に!
こんにちは。先日は、書き込みへのお返事ありがとうございました。私は市内在住・千代田区勤務で千代田区図書館をよく利用するのですが、ここは民間に運営委託してて開館時間も長く、質・システムとも素晴らしいです。まぁ、建物の綺麗さや本の充実っぷりは予算の差もあるんでしょうが、何より利用者のマナーが素晴らしい。昼間は品のよいお母さんが一所懸命子供に読み聞かせをし、夜は遅くまで高校生が勉強に集中してて居眠りしてる人はほぼ皆無。図書館が人を育てるのかそういう人を集めるのか、いづれにしても東村山市も目先の利用者インターフェースの改善だけで終わらずに市内公立学校(小・中・高)レベルの底上げ・人材育成のために図書館機能(学校・児童館図書室含む)のさらなる活用戦略を考えてほしいと思います。東村山に引っ越して5年、子供が生まれ今後の教育を考え始めた今日この頃、市内公立高校のレベルの低さに気付き愕然。市はできる子が早々に市外に流出するのをずーっと放置し続けてきたんですねぇ。非常にもったいない。仮に塾・私立に行かなくとも大学合格できるだけの公立校のレベルアップを実現できれば、各種補助金ぎりぎり対象外でうっぷんたまりまくりの中間所得層も集まって来て税収UPだし、学園都市化による治安・地価・地域一体感も少しは醸成できただろうに。。まぁそれ以前に巣立った子供がまた子とお金を連れて戻ってくるよな好循環作りに取り組んでいる自治体はそれだけでPR効果ありなんですけどね。今からでも以下などは運用で簡単に実現できそうな(できないようじゃ困るけど)感じしますけどどうでしょう。無駄なゴミ箱モノ事業に億単位の税金を捨てることを考えたらかなり意義あると思いますが。
(1)平日の開館時間の延長による社会人利用の促進、若者への学習・マナーの手本を示す
(2)学生が勉強の場に使えるような環境(机・参考書等)整備。
(3)杉並区和田中のような課外授業の場として図書館を活用。

何はともあれ願いは、東村山で生まれた子を市内完結で育てきれたらいいなということなんです。

長文にて失礼しました。またブログ拝見しに参ります。ここから市内の英知を結集できるといいですね。がんばってください~

2008/11/06(Thu) 21:43 | URL  | ともぞう #-[ 編集]
Re:図書館戦略も大局的に!
ともぞうさん
以前の記事にも目を通していただき、丁寧なコメントをくださり、どうもありがとうございます。

このまちでは、俗な言い方をすれば、なにをウリにするの?ということについてのオープンな議論をした経験が皆無に近いはずです。
特に、世の中が追いつけ追い越せの時代ではなくなった以降の10数年間も、遅れてきた青春を取り戻すかのような行政運営を続けてきたのが、今の姿に思えます。

もっと限定的に言えば、人への投資を粗末にしてきたのが、この間の東村山だったのではないか。議員として関わってきたこの5年、私にはそう思えてなりません。
それは、市の職員をどう育てるのか、という点でも同様です。

そんな中、図書館はソフト面を中心にかなり頑張ってきた方ではないか、と思ってはいます。しかしそれも、市のトップに立つ人間にその気がない中で、の話ですから、結果は厳しいですよね。

新たなハコに金を掛けるのではなく、今ある施設をどれだけ有効に、特に人を育てるためにどれだけ活用できるのか。
ともぞうさんが挙げてくださった3つの例のようなアイディアを、もっともっと出し合っていきたいです。

ダサいとか、不便とかって、決して欠点ばかりじゃないんじゃないかと思うのです。
2008/11/08(Sat) 23:23 | URL  | 佐藤まさたか #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。