無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市長自ら「苦肉の策」と言うほどに不完全なのに、可否同数・委員長採決で可決されてしまった「西口公益施設の指定管理者手続に関する条例」や、南台住宅の更地化に反対するための請願、薄井市議を貶める以外何の目的があるのかさっぱり理解できない2件の請願等、昨日(18日)の政策総務委員会は夜6時過ぎまで続き、今夜はその報告を書きとめ、もう少しでアップしようかと思っていたところ…7時過ぎになって連絡が入りました。

「矢野氏と朝木氏から、私たち裁判を起こされたみたいですよ」
薄井市議からの電話でした。
その後、請願人の方にも連絡を入れたところ、「あ、八王子地裁からの郵便物を知らせる不在通知が入ってますね。」とのこと。
そうですか…、市議会議員に突然ネット上で攻撃をされ、やむにやまれぬ気持ちで請願を起こした一介の市民までも被告に仕立て上げたということですね。

でも、うちのポストには入っていません。

すると、娘から電話が入りました。「お父さん、郵便局から不在通知が来てるよ。」
そうですか、わざわざ私の分は日野に送りつけたわけですね。つまらぬ小細工に思わず吹き出しました。

明日は朝10時から議会運営委員会で「どうして市民が矢野・朝木市議の辞職を求めているのか」「私はどうして紹介議員になったのか」を説明するために呼ばれていますし、決算特別委員会の膨大な資料を読み込んだ上での質疑通告締め切りは明後日の昼です。
やらねばならないことが目白押しなのに、こんなことのために日野郵便局まで取りに向かわなくてはならないようです。
当然今後は、裁判への対応を余儀なくされます。

本当に大事なことはこんなことではないとわかっていながら、相当の時間とエネルギーを割かざるを得ない状態が今まで以上に続くということになりそうです。

昨日の薄井市議に対する請願は、本当に問題視するのなら警察や労働基準監督に訴え出るべき内容であり、議会は即刻不採択とすべき類だと私は考えていました。
実際にそこへ持ち込んでも相手にされないことは仕掛けた人間が一番わかった上でのことでしょうし、矢野・朝木市議がホームページ上や自らの宣伝紙上で展開している議論そのものがたった1名の請願者によって「請願」という形で出され、自らが紹介議員になって議論のテーブルに乗せていく、というようなやり方が、あるべき姿でないことは明らかだと私は思います。

人の行動には必ず「目的」があります。
矢野穂積・朝木直子両市議が執拗に薄井市議と私の追い落としを図る「目的」とは、さていったい何なのでしょう?


矢野議員のペースにまんまと引きずられるかのような昨日の政策総務委員会のやり取りを見ていて、傍聴席から怒りの声を挙げた市民に対して、矢野議員がこう言い放ちました。「お前は誰だ?」
そして「○○(請願人の実名)か!?」と大きな声。
そして「そのうち会うことになる」という主旨の言葉を投げたのは、訴状が届くから待っていろ、という意味だったのでしょう。

私たちを訴えた理由は「名誉毀損」のようです。
矢野市議は宣伝紙上と自らがパーソナリティとやらを務めるラジオ番組で、「薄井氏、セクハラどころかついに犯罪の疑惑が浮上しました。」と伝えています。
昨日の委員会室では、薄井市議をあからさまに嘘つき呼ばわりです。
私もこれまでさんざん中傷をされてきました。
他人の名誉も気持ちもお構いなしなのに、自分の名誉だけは別格なのでしょうか?開いた口がふさがりません。


訴状の中身については確認でき次第正確に記すつもりですが、明日10時からの議会運営委員会で私が申し述べようと思っていたことに、提訴されたということがいささかの影響も与えるものではありません。

私たち議員は、市民の皆さんからお叱りや批判を受けることもままあります。その中には不本意なものもありますし、反論をすることだってあります。
しかし、だからといってネット上で攻撃したり、委員会室で大声で名指ししたり、ましてや裁判に持ち込んだりするでしょうか?議員ともあろう者が。
議員同士ならいざ知らず、市民を相手にいったい何を考えているのでしょうか?全く信じがたい行為です。

明日(20日・木)は午前10時から傍聴にぜひいらしてください。
矢野議員、朝木議員もきっと「何らかの発言」をしているでしょうから、生の二人もどうぞじっくりとお楽しみください。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
その後、請願人の方にも連絡を入れたところ、「あ、八王子地裁からの郵便物を知らせる不在通知が入ってますね。」とのこと。
そうですか…、市議会議員に突然ネット上で攻撃をされ、やむにやまれぬ気持ちで請願を起こした一介の市民までも被告に仕立て上げたということですね。

でも、うちのポストには入っていません。

すると、娘から電話が入りました。「お父さん、郵便局から不在通知が来てるよ。」
そうですか、わざわざ私の分は日野に送りつけたわけですね。つまらぬ小細工に思わず吹き出しました。

明日は朝10時から議会運営委員会で「どうして市民が矢野・朝木市議の辞職を求めているのか」「私はどうして紹介議員になったのか」を説明するために呼ばれていますし、決算特別委員会の膨大な資料を読み込んだ上での質疑通告締め切りは明後日の昼です。
やらねばならないことが目白押しなのに、こんなことのために日野郵便局まで取りに向かわなくてはならないようです。
当然今後は、裁判への対応を余儀なくされます。

本当に大事なことはこんなことではないとわかっていながら、相当の時間とエネルギーを割かざるを得ない状態が今まで以上に続くということになりそうです。

昨日の薄井市議に対する請願は、本当に問題視するのなら警察や労働基準監督に訴え出るべき内容であり、議会は即刻不採択とすべき類だと私は考えていました。
実際にそこへ持ち込んでも相手にされないことは仕掛けた人間が一番わかった上でのことでしょうし、矢野・朝木市議がホームページ上や自らの宣伝紙上で展開している議論そのものがたった1名の請願者によって「請願」という形で出され、自らが紹介議員になって議論のテーブルに乗せていく、というようなやり方が、あるべき姿でないことは明らかだと私は思います。

人の行動には必ず「目的」があります。
矢野穂積・朝木直子両市議が執拗に薄井市議と私の追い落としを図る「目的」とは、さていったい何なのでしょう?


矢野議員のペースにまんまと引きずられるかのような昨日の政策総務委員会のやり取りを見ていて、傍聴席から怒りの声を挙げた市民に対して、矢野議員がこう言い放ちました。「お前は誰だ?」
そして「○○(請願人の実名)か!?」と大きな声。
そして「そのうち会うことになる」という主旨の言葉を投げたのは、訴状が届くから待っていろ、という意味だったのでしょう。

私たちを訴えた理由は「名誉毀損」のようです。
矢野市議は宣伝紙上と自らがパーソナリティとやらを務めるラジオ番組で、「薄井氏、セクハラどころかついに犯罪の疑惑が浮上しました。」と伝えています。
昨日の委員会室では、薄井市議をあからさまに嘘つき呼ばわりです。
私もこれまでさんざん中傷をされてきました。
他人の名誉も気持ちもお構いなしなのに、自分の名誉だけは別格なのでしょうか?開いた口がふさがりません。


訴状の中身については確認でき次第正確に記すつもりですが、明日10時からの議会運営委員会で私が申し述べようと思っていたことに、提訴されたということがいささかの影響も与えるものではありません。

私たち議員は、市民の皆さんからお叱りや批判を受けることもままあります。その中には不本意なものもありますし、反論をすることだってあります。
しかし、だからといってネット上で攻撃したり、委員会室で大声で名指ししたり、ましてや裁判に持ち込んだりするでしょうか?議員ともあろう者が。
議員同士ならいざ知らず、市民を相手にいったい何を考えているのでしょうか?全く信じがたい行為です。

明日(20日・木)は午前10時から傍聴にぜひいらしてください。
矢野議員、朝木議員もきっと「何らかの発言」をしているでしょうから、生の二人もどうぞじっくりとお楽しみください。
スポンサーサイト

【2007/09/19 23:55】 | 変えよう!議会
トラックバック(1) |

驚きです・・・・。
東村山市民の一人
紹介議員だけでなく・・・・
請願人の一般市民まで訴えてしまうとは・・・
自分と意見の違うものは徹底的に排除しようとでも思って
おられるのでしょうか?草の根を指示している市民は何も思わないのでしょうか・・・・?

No title
傍観者
>。「お前は誰だ?」
>そして「○○(請願人の実名)か!?」と大きな声。

本当に品の無い議員ですね。呆れます。
品が無いのは今に始まったことでは無いのかもしれませんが。

地方自治法 第132条
 普通地方公共団体の議会の会議又は委員会においては、議員は、無礼の言葉を使用し、又は他人の私生活にわたる言論をしてはならない



No title
てつ
>私たちを訴えた理由は「名誉毀損」のようです。

なんとまあ!!
言葉がありません。
全く信じがたい。

No title
はてなのゆり
残念で悲しいことです…

でも、もっと悲しいのは 期待して何回 訪問しても この嫌な記事ばかりが 目に入ることです。
集中して調べごとをしていらっしゃるのかもしれませんが、短くても 少しは希望が持てることを書いていただけないでしょうか?

Re:驚きです・・・・。
佐藤まさたか
東村山市民の一人さん こんばんは。
コメントありがとうございます。

私も、普通の市民がターゲットにされたことに信じられない思いでいます。
何を目的にしているのか?それはわかりませんが、昔から彼らを知っている人たちが全く驚いていないことに改めてビックリしています。

傍観者さんへ
佐藤まさたか
そうですね…いくら休憩中の発言とはいえ、耳を疑いました。

大きなよく通る声であんな風に言われたら、普通びびります…。

てつさんへ
佐藤まさたか
てつさんも槍玉に挙げられたままですものね。

>全く信じがたい。
そう思います。

はてなのゆりさん
おともだちくん
>もっと悲しいのは 期待して何回 訪問しても この嫌な記事ばかりが 目に入ることです。
短くても 少しは希望が持てることを書いていただけないでしょうか?

 この状況の佐藤さんに対して、そのお願いはちょっと酷なのではないでしょうか?
 もともとこちらは佐藤さんが私たちに「元気を配る」ためのブログではないし、佐藤さんの活動報告が主たる目的でしょう。本来の仕事をほったらかしにしてココで「発信」ばかりしているのでは、どこかの議員さんと同じになります。
 「希望」とは自分で、人様の字面ではなく生身の活動の中で得られるものだと思います。


おともだちくんさんへ
佐藤まさたか
お返事遅くなってすみません。
コメントどうもありがとうございました。

お伝えしたいことが日々たくさんある一方で、今はお伝えできないことや、中にはお伝えする気にもならないことなどもあったりして、ブログの使い方って難しいな、と感ずることもあります。

今後とも皆さんに一緒に考えていただけるような内容を記していけたら、と思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
驚きです・・・・。
紹介議員だけでなく・・・・
請願人の一般市民まで訴えてしまうとは・・・
自分と意見の違うものは徹底的に排除しようとでも思って
おられるのでしょうか?草の根を指示している市民は何も思わないのでしょうか・・・・?
2007/09/20(Thu) 13:37 | URL  | 東村山市民の一人 #GCA3nAmE[ 編集]
No title
>。「お前は誰だ?」
>そして「○○(請願人の実名)か!?」と大きな声。

本当に品の無い議員ですね。呆れます。
品が無いのは今に始まったことでは無いのかもしれませんが。

地方自治法 第132条
 普通地方公共団体の議会の会議又は委員会においては、議員は、無礼の言葉を使用し、又は他人の私生活にわたる言論をしてはならない

2007/09/21(Fri) 23:23 | URL  | 傍観者 #EBUSheBA[ 編集]
No title
>私たちを訴えた理由は「名誉毀損」のようです。

なんとまあ!!
言葉がありません。
全く信じがたい。
2007/09/22(Sat) 02:57 | URL  | てつ #-[ 編集]
No title
残念で悲しいことです…

でも、もっと悲しいのは 期待して何回 訪問しても この嫌な記事ばかりが 目に入ることです。
集中して調べごとをしていらっしゃるのかもしれませんが、短くても 少しは希望が持てることを書いていただけないでしょうか?
2007/09/22(Sat) 22:03 | URL  |  はてなのゆり #-[ 編集]
Re:驚きです・・・・。
東村山市民の一人さん こんばんは。
コメントありがとうございます。

私も、普通の市民がターゲットにされたことに信じられない思いでいます。
何を目的にしているのか?それはわかりませんが、昔から彼らを知っている人たちが全く驚いていないことに改めてビックリしています。
2007/09/23(Sun) 04:42 | URL  | 佐藤まさたか #-[ 編集]
傍観者さんへ
そうですね…いくら休憩中の発言とはいえ、耳を疑いました。

大きなよく通る声であんな風に言われたら、普通びびります…。
2007/09/23(Sun) 04:59 | URL  | 佐藤まさたか #-[ 編集]
てつさんへ
てつさんも槍玉に挙げられたままですものね。

>全く信じがたい。
そう思います。
2007/09/23(Sun) 05:00 | URL  | 佐藤まさたか #-[ 編集]
はてなのゆりさん
>もっと悲しいのは 期待して何回 訪問しても この嫌な記事ばかりが 目に入ることです。
短くても 少しは希望が持てることを書いていただけないでしょうか?

 この状況の佐藤さんに対して、そのお願いはちょっと酷なのではないでしょうか?
 もともとこちらは佐藤さんが私たちに「元気を配る」ためのブログではないし、佐藤さんの活動報告が主たる目的でしょう。本来の仕事をほったらかしにしてココで「発信」ばかりしているのでは、どこかの議員さんと同じになります。
 「希望」とは自分で、人様の字面ではなく生身の活動の中で得られるものだと思います。
2007/09/23(Sun) 08:27 | URL  | おともだちくん #-[ 編集]
おともだちくんさんへ
お返事遅くなってすみません。
コメントどうもありがとうございました。

お伝えしたいことが日々たくさんある一方で、今はお伝えできないことや、中にはお伝えする気にもならないことなどもあったりして、ブログの使い方って難しいな、と感ずることもあります。

今後とも皆さんに一緒に考えていただけるような内容を記していけたら、と思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。
2007/09/27(Thu) 22:34 | URL  | 佐藤まさたか #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 2007年9月20日は、私にとって長い1日だった。そしてこの日は議会が市民の権利を守れるかどうかが問われた1日でもあった――。
2007/09/21(Fri) 23:56:39 |  好きになろうよ!東村山
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。