無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨夜は「第2回 行財政改革審議会」の傍聴に出向きました。

議題は、まず副市長から報告事項「公金横領事件再発防止の取り組み状況について」、その後「第3次行革大綱 後期実施計画(案)について」の審議へと進みました。
「公金横領…」は、今年2月1日2月14日にお伝えした問題の「その後」についての取り組みがどう進められているのか、ということでした。

そしてメインは「行革の後期実施計画」。
配られた資料が傍聴者分は会議後に回収されてしまうので詳細はお伝えできませんが、前回の行革審(8月22日開催)で報告され了承された件が、来年度に向けてある程度具体化されたことがわかりました。


とりわけ、事業点検の末に来年度予算に反映させることになった項目について、現段階での賛否はひとまずおくこととして、簡単に報告します。



21年度予算に反映させる項目(下記の17項目)

1.職員福利厚生経費
  …職員互助会やレクリエーション等への経費を削減へ。
2.嘱託・臨時職員健康管理経費
  …再検査に伴う費用は自己負担をしてもらう方向で考えている。
3.戸籍・住民基本台帳事務経費 印鑑事務経費
  …業務の一部民間委託や窓口職員に再任用職員を採用する等で経費削減。
4.1歳6か月児一般健康診査事業費
  …現在年間20回行っている回数を、他の健診と同じ18回にする。
5.乳幼児歯科相談事業
  …ふっそ塗布については、専門家の間でも効果についての議論分かれていることもあり、取りやめていく。
6.個別健康診査事業費
…必要な見直しを図る。
7.医療機能連携推進事業費
  …※メモしきれず。
8.ひとり親家庭ホームヘルプサービス事業費
  …※メモしきれず。
9.高齢者調髪事業費
  …高齢化が一段と進む中、とりやめていく方向。
10.そ族昆虫駆除事業費
  …スズメバチ駆除の費用だが、今後は業者を紹介することにとどめる。
11.樹林・樹木保存事業費
  …生け垣設置への補助金は、設置時だけにし、維持管理に関する補助はとりやめる。
12.公民館事業
  …中央と4つの分館で行っている事務機能等を中央に一元化する。正規職員が複数配置となっている分館は、館長だけを正職とする。
13.ふるさと歴史館・体験館事業費
  …現在ある歴史館、来春開館する体験館とも、週に2日(月・火)を完全休館とする。
14.小学校運営経費 中学校運営経費
  …既に切り詰めている暖房費等はこれ以上無理なので、むしろ厚くする方向とするが、北山小学校が借用している近所の畑について、地主から返還を求められていることもあり、返上する。
15.小中学校就学奨励事業費 小学校給食費助成事業費
  …要保護、准要保護家庭に出されているが、基準を一部見直す。
16.白州山の家管理経費 運営経費
  …現在9か月使用できるが、6か月のみとする。
17.家庭教育の手引書作成経費
  …小中学生版は残すが、健康課事業などと重なる部分の多い乳幼児版はとりやめる。 



12月議会や3月議会で、条例改正として提案されるものも多いでしょうし、当然、3月の予算委員会では大きな議論になることと思います。

ところで、どうも気になるのが「適正化」という言葉です。
「職員定数の適正化」や「補助金の適正化」、「受益者負担の適正化」等と使われますし、議会に現在設けられている特別委員会も「議員定数適正化調査特別委員会」です。
「適正化」というからには一般的な解釈としては、現在の状態が適正でないから「適正化」を図るのでしょうが、どの立場から何を目的とするのかによって「適正化」の目指すべき方向は180度変わってくることもあり得るわけです。
しかし現実として、役所が「適正化」と言った場合は、「削減」や「引き上げ」を最初から決めている場合がほとんどではないかと思います。

であれば、はっきり「削減」や「引き上げ」と言うべきではないでしょうか。
「職員定数の削減」「補助金の削減」「利用者負担の引き上げ」。
「適正化」という言い方に、主体を不明確にし、責任をとりたがらない役所独特の思考が垣間見える気がします。

説明責任が大切だと言われますが、言葉・用語の使い方からわかりやすく改めていくこともまた必要ではないでしょうか。

追記:上記17項目の次に検討すべき項目がたくさんあがっていたのですが、その中に「議会報発行について」という項目があったのはおかしいのではないか、と思っています。「議会費を削減」という大きな方針を市長部局が掲げ、議会側と折衝するとうことはあり得るでしょうし、今や避けては通れないと思いますが、あくまで議会は議会としての責任において「議会費」の扱いをどうするのか、自分たちで議論をし、決めていかなければならないと思うのです。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
21年度予算に反映させる項目(下記の17項目)

1.職員福利厚生経費
  …職員互助会やレクリエーション等への経費を削減へ。
2.嘱託・臨時職員健康管理経費
  …再検査に伴う費用は自己負担をしてもらう方向で考えている。
3.戸籍・住民基本台帳事務経費 印鑑事務経費
  …業務の一部民間委託や窓口職員に再任用職員を採用する等で経費削減。
4.1歳6か月児一般健康診査事業費
  …現在年間20回行っている回数を、他の健診と同じ18回にする。
5.乳幼児歯科相談事業
  …ふっそ塗布については、専門家の間でも効果についての議論分かれていることもあり、取りやめていく。
6.個別健康診査事業費
…必要な見直しを図る。
7.医療機能連携推進事業費
  …※メモしきれず。
8.ひとり親家庭ホームヘルプサービス事業費
  …※メモしきれず。
9.高齢者調髪事業費
  …高齢化が一段と進む中、とりやめていく方向。
10.そ族昆虫駆除事業費
  …スズメバチ駆除の費用だが、今後は業者を紹介することにとどめる。
11.樹林・樹木保存事業費
  …生け垣設置への補助金は、設置時だけにし、維持管理に関する補助はとりやめる。
12.公民館事業
  …中央と4つの分館で行っている事務機能等を中央に一元化する。正規職員が複数配置となっている分館は、館長だけを正職とする。
13.ふるさと歴史館・体験館事業費
  …現在ある歴史館、来春開館する体験館とも、週に2日(月・火)を完全休館とする。
14.小学校運営経費 中学校運営経費
  …既に切り詰めている暖房費等はこれ以上無理なので、むしろ厚くする方向とするが、北山小学校が借用している近所の畑について、地主から返還を求められていることもあり、返上する。
15.小中学校就学奨励事業費 小学校給食費助成事業費
  …要保護、准要保護家庭に出されているが、基準を一部見直す。
16.白州山の家管理経費 運営経費
  …現在9か月使用できるが、6か月のみとする。
17.家庭教育の手引書作成経費
  …小中学生版は残すが、健康課事業などと重なる部分の多い乳幼児版はとりやめる。 



12月議会や3月議会で、条例改正として提案されるものも多いでしょうし、当然、3月の予算委員会では大きな議論になることと思います。

ところで、どうも気になるのが「適正化」という言葉です。
「職員定数の適正化」や「補助金の適正化」、「受益者負担の適正化」等と使われますし、議会に現在設けられている特別委員会も「議員定数適正化調査特別委員会」です。
「適正化」というからには一般的な解釈としては、現在の状態が適正でないから「適正化」を図るのでしょうが、どの立場から何を目的とするのかによって「適正化」の目指すべき方向は180度変わってくることもあり得るわけです。
しかし現実として、役所が「適正化」と言った場合は、「削減」や「引き上げ」を最初から決めている場合がほとんどではないかと思います。

であれば、はっきり「削減」や「引き上げ」と言うべきではないでしょうか。
「職員定数の削減」「補助金の削減」「利用者負担の引き上げ」。
「適正化」という言い方に、主体を不明確にし、責任をとりたがらない役所独特の思考が垣間見える気がします。

説明責任が大切だと言われますが、言葉・用語の使い方からわかりやすく改めていくこともまた必要ではないでしょうか。

追記:上記17項目の次に検討すべき項目がたくさんあがっていたのですが、その中に「議会報発行について」という項目があったのはおかしいのではないか、と思っています。「議会費を削減」という大きな方針を市長部局が掲げ、議会側と折衝するとうことはあり得るでしょうし、今や避けては通れないと思いますが、あくまで議会は議会としての責任において「議会費」の扱いをどうするのか、自分たちで議論をし、決めていかなければならないと思うのです。
スポンサーサイト

【2008/10/28 23:56】 | 変えなきゃ!市役所
トラックバック(0) |

No title
ksofuto2918
ところで、職員給与の見直し(賃下げ)はどうなるんでしょうね。28日の団交のビラがB1の掲示板に貼ってありましたが簡単に決着する話ではないですね。上部組織としても他の組織への波及を警戒しているでしょうし、なにより現下の経済状況における組合員の生活防衛視点からも、先の見えない一方的な要請には応じられないでしょう。
ところで、役所の幹部に組合との賃下げ交渉の経験者はいるんですかね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
ところで、職員給与の見直し(賃下げ)はどうなるんでしょうね。28日の団交のビラがB1の掲示板に貼ってありましたが簡単に決着する話ではないですね。上部組織としても他の組織への波及を警戒しているでしょうし、なにより現下の経済状況における組合員の生活防衛視点からも、先の見えない一方的な要請には応じられないでしょう。
ところで、役所の幹部に組合との賃下げ交渉の経験者はいるんですかね。
2008/10/29(Wed) 17:08 | URL  | ksofuto2918 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。