無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜、定額給付金の支給方法を基礎自治体に丸投げしたことを問われた麻生首相の言葉です。

国民の一人として、国政に対する思いや意見はいくらもありますが、このブログではあまり触れてきていません。今後もできるだけ地に足のついたものとしていきたいという思いでいます。

しかし、一国の総理大臣が、地方分権をこんな次元で口にしている今夜のニュース映像を観て、今夜はかなり頭にきています。
ばっかじゃなかろうか。
地方分権の「ち」の字もわかっていない人間が国政のトップにいるという本当に情けない現実…。

そもそも、政権与党による選挙買収まがいの愚策以外の何ものでもないと私も思ってきましたが、言い出した以上は最低限の責任くらい果たすのだろうと思いきや…。

ただでさえてんてこ舞いの年度末に向け、東村山市役所では、どこの部署が窓口となり、この大迷惑のツケを背負わされるのでしょう?
作業にかかる経費は国が支払うなんて話も聞いてないですよね。
今春の後期高齢者制度導入時も、年度がわりギリギリまで具体的な動きがわからず、基礎自治体は大変な思いをさせられました。導入後の朝令暮改による混乱も続きました。

国民をばかにし、地方自治、基礎自治体を軽んじる政府。

自民党だからとか何とかとは関係なく、こんな無責任なことをしておいて「地方分権だから」などと言い放つ一国のリーダーに対して、基礎自治体を預かる首長として、渡部市長にも断固抗議をしてもらいたいものです。
スポンサーサイト

【2008/11/12 23:59】 | もろもろ
トラックバック(0) |

浅はかですね
row-spec
普段は市のやり方や対応にいらだちを覚えるほうが多いのですが、今回に関してはちょっと同情してしまいました。自治体にとってはほんとに有難迷惑ですね。

時の御仁は、無作為にお金をばらまいてそれで国民がなびくと思ってらっしゃるのかも知れませんが、どう見ても浅はかな策のように思えます。

地方分権というのであれば、世帯分の額を地方自治体に預けてしまって、「あとの使い方は任せた」と言い切ってしまう方がよほど潔く、またその方が本当に必要とされるところに分配されやすくなると思うんですがね。保育とか福祉とか。
まああくまで素人考えですが。

サラリーマン上がりの首相なんて誕生したりしませんかね( ̄ー ̄)



ピラニア鉢に金魚を落とすと。。
ともぞう
こんばんは。本件、自治体からの反発続々ですね。かつて『地域振興券』も税金ドブ捨てに終わりましたが、今回は現金配布。タチの悪さはレベルアップされてます。自治体コスト負担もさることながら、給付窓口が現金を目前にした人間の醜さをさらけ出す舞台となり、自治体・市民の一体感に亀裂を起こしはしないかと強く懸念すると同時に市長による市民へのリーダーシップが試される場面でもあると感じてます。渡部市長には国に対し、主張すべきところは主張する一方で、市民への求心力UPの好機をしっかり活かしていただきたいと思う次第です。

Re:浅はかですね
佐藤まさたか
row-specさん 初めまして。
コメントありがとうございます。

おっしゃる通りだと私も思います。
そもそも鳴り物入りで行われた三位一体改革では、地方への国の補助金・交付金は4.7兆円、地方交付税も5.1兆円削り、地方への税源委譲は3兆円しか行われませんでした。
小泉政権は多くの羊頭狗肉、竜頭蛇尾を重ねてくれましたが、三位一体改革では、地方は差し引き6.8兆円のマイナスを押し付けられて、現在大変なことになっています。
政府あげての詐欺行為に等しいと思います。

麻生首相には特に、国会議員の驕りを感じ、本当に嫌気が差します。
どうしてこんな人しか出せないのでしょうね…。

今は景気だと、先延ばしにされた選挙。
多少なりともまともなことをやってくれれば、とも思いましたが、まさにダメダメですね。
一日も早く民意を問うべきだと改めて思います。

Re:ピラニア鉢に金魚を落とすと。。
佐藤まさたか
ともぞうさん こんばんは。
いつもありがとうございます。

今回は全国の首長が声を上げましたね。当たり前でしょうけれど。
渡部市長も、ちょうど一昨日夕方開いた記者会見の場では、政府のやり方に不快感を示したと聞きます。頑張ってほしいと思います。

しかし、こんな杜撰なことぶち上げて、自治体から猛反発が来ることすら想像できなかったのでしょうか?そのことがまた呆れますよね…。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
浅はかですね
普段は市のやり方や対応にいらだちを覚えるほうが多いのですが、今回に関してはちょっと同情してしまいました。自治体にとってはほんとに有難迷惑ですね。

時の御仁は、無作為にお金をばらまいてそれで国民がなびくと思ってらっしゃるのかも知れませんが、どう見ても浅はかな策のように思えます。

地方分権というのであれば、世帯分の額を地方自治体に預けてしまって、「あとの使い方は任せた」と言い切ってしまう方がよほど潔く、またその方が本当に必要とされるところに分配されやすくなると思うんですがね。保育とか福祉とか。
まああくまで素人考えですが。

サラリーマン上がりの首相なんて誕生したりしませんかね( ̄ー ̄)

2008/11/13(Thu) 09:42 | URL  | row-spec #-[ 編集]
ピラニア鉢に金魚を落とすと。。
こんばんは。本件、自治体からの反発続々ですね。かつて『地域振興券』も税金ドブ捨てに終わりましたが、今回は現金配布。タチの悪さはレベルアップされてます。自治体コスト負担もさることながら、給付窓口が現金を目前にした人間の醜さをさらけ出す舞台となり、自治体・市民の一体感に亀裂を起こしはしないかと強く懸念すると同時に市長による市民へのリーダーシップが試される場面でもあると感じてます。渡部市長には国に対し、主張すべきところは主張する一方で、市民への求心力UPの好機をしっかり活かしていただきたいと思う次第です。
2008/11/14(Fri) 00:06 | URL  | ともぞう #-[ 編集]
Re:浅はかですね
row-specさん 初めまして。
コメントありがとうございます。

おっしゃる通りだと私も思います。
そもそも鳴り物入りで行われた三位一体改革では、地方への国の補助金・交付金は4.7兆円、地方交付税も5.1兆円削り、地方への税源委譲は3兆円しか行われませんでした。
小泉政権は多くの羊頭狗肉、竜頭蛇尾を重ねてくれましたが、三位一体改革では、地方は差し引き6.8兆円のマイナスを押し付けられて、現在大変なことになっています。
政府あげての詐欺行為に等しいと思います。

麻生首相には特に、国会議員の驕りを感じ、本当に嫌気が差します。
どうしてこんな人しか出せないのでしょうね…。

今は景気だと、先延ばしにされた選挙。
多少なりともまともなことをやってくれれば、とも思いましたが、まさにダメダメですね。
一日も早く民意を問うべきだと改めて思います。
2008/11/14(Fri) 23:19 | URL  | 佐藤まさたか #-[ 編集]
Re:ピラニア鉢に金魚を落とすと。。
ともぞうさん こんばんは。
いつもありがとうございます。

今回は全国の首長が声を上げましたね。当たり前でしょうけれど。
渡部市長も、ちょうど一昨日夕方開いた記者会見の場では、政府のやり方に不快感を示したと聞きます。頑張ってほしいと思います。

しかし、こんな杜撰なことぶち上げて、自治体から猛反発が来ることすら想像できなかったのでしょうか?そのことがまた呆れますよね…。
2008/11/14(Fri) 23:30 | URL  | 佐藤まさたか #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。