無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

31日(土)午前、市民ワークショップ「東村山の未来を考える市民会議」の第1回が開かれました。
といっても、私はメンバーではないですし、傍聴をしていたわけでもないのですが、存じ上げる方が何名か参加されていて、少しずつ情報が入ってきました。

老若男女72名の市民と、24名の職員からなる庁内ブロジェクトチーム、そして事務局を担う政策室、コンサルの富士通総研から3名。
想定を超えた大きな会議となり、ファシリテーターを務める方たちは大変だと思いますが、東村山の新たな時代を拓くためのキックオフだと私自身はとらえ、期待を寄せています。

いろいろな方々が参加されているはずです。
いろいろな考え方や思いがあるはずです。

ぜひ、互いの違いを知ること。そして話し合い、認め合うことが、今回のテーブルを通じて進んだらいいなぁと思っています。

レッテル貼りばかりしてきたこのまち。
何が?ではなく、誰が?ばかりを気にしてきたこのまち。

PTに参加した職員の皆さんには、既成の概念や慣習に囚われず、しなやかな発想で思い切り頑張っていただきたいと思っています。10年後、20年後、30年後の東村山について、遠慮することなくどんどん発言し、市民と議論をしていただきたい。一人ひとりが大切な一員なのですから。
大いに期待をしながら見守りたいと思いますし、議会は議会で時代に相応しい中身に変えていかないと不要の烙印を押されてしまいます。

明日・明後日は「議会改革への道」参加のため、埼玉県武蔵嵐山にある国立女性教育会館へ行ってまいります。どんな出会いと学びが待っているか、楽しみです。





スポンサーサイト

【2009/02/02 23:59】 | 総合計画
トラックバック(0) |

No title
えすぽわーる
市民会議のメンバーの一人です。72人という人数にびっくりしましたが、それだけに熱い思いを持っている方が多かったのでしょう。また新しい市長になってから発言できる機会が増えた(これは当然のことであるべきなのですが)ということもあるのでしょうね。


市職員の方も中堅若手を中心にチームが組まれ、ますますやる気になりました。市役所と市民は対立するものではなく、共通の目的をもって共闘していく、一緒に育っていくものと考えます。参加者の方からは、市役所側からもっと資料を出してほしいとか、要望がたくさん出ていました。


もちろん当然のことなのですが、会議に参加する以上、市が全ておぜん立てしてくれるのを待つのではなく、こちらもできる限り準備や調査し、なおかつ不明なところは聞いていくというスタンスも必要かと思いました。


財政危機などいろいろな課題はありますが、私は希望を持って会議に臨みたいと思います。

えすぽわーるさんへ
佐藤まさたか
こんばんは。コメントありがとうございます。

>市職員の方も中堅若手を中心にチームが組まれ、ますますやる気になりました。市役所と市民は対立するものではなく、共通の目的をもって共闘していく、一緒に育っていくものと考えます。
本当にそうですね。
敵対の構図に持っていくことは実に簡単なことですが、つまらんレッテルを貼りあってる場合じゃないですからね。
実際にはいろいろなハードルが出てくるだろうと思いますが、ぜひ一緒に学び、育ち、乗り越えていくスタイルを見つけたい。私自身もその姿勢で自分なりの役割を果たしていきたいと思っています。

>財政危機などいろいろな課題はありますが、私は希望を持って会議に臨みたいと思います。
そういう思いを持って参加してくださっている市民の重みを、所管は十二分に感じ取って、既成のシナリオに囚われずに頑張ってもらいたいなと思っています。

また会議の様子やご意見など、お寄せください。





コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
市民会議のメンバーの一人です。72人という人数にびっくりしましたが、それだけに熱い思いを持っている方が多かったのでしょう。また新しい市長になってから発言できる機会が増えた(これは当然のことであるべきなのですが)ということもあるのでしょうね。


市職員の方も中堅若手を中心にチームが組まれ、ますますやる気になりました。市役所と市民は対立するものではなく、共通の目的をもって共闘していく、一緒に育っていくものと考えます。参加者の方からは、市役所側からもっと資料を出してほしいとか、要望がたくさん出ていました。


もちろん当然のことなのですが、会議に参加する以上、市が全ておぜん立てしてくれるのを待つのではなく、こちらもできる限り準備や調査し、なおかつ不明なところは聞いていくというスタンスも必要かと思いました。


財政危機などいろいろな課題はありますが、私は希望を持って会議に臨みたいと思います。
2009/02/05(Thu) 22:28 | URL  | えすぽわーる #-[ 編集]
えすぽわーるさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

>市職員の方も中堅若手を中心にチームが組まれ、ますますやる気になりました。市役所と市民は対立するものではなく、共通の目的をもって共闘していく、一緒に育っていくものと考えます。
本当にそうですね。
敵対の構図に持っていくことは実に簡単なことですが、つまらんレッテルを貼りあってる場合じゃないですからね。
実際にはいろいろなハードルが出てくるだろうと思いますが、ぜひ一緒に学び、育ち、乗り越えていくスタイルを見つけたい。私自身もその姿勢で自分なりの役割を果たしていきたいと思っています。

>財政危機などいろいろな課題はありますが、私は希望を持って会議に臨みたいと思います。
そういう思いを持って参加してくださっている市民の重みを、所管は十二分に感じ取って、既成のシナリオに囚われずに頑張ってもらいたいなと思っています。

また会議の様子やご意見など、お寄せください。



2009/02/07(Sat) 23:20 | URL  | 佐藤まさたか #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。