無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狭山公園の桜

早朝の狭山公園。ソメイヨシノの蕾はまだまだ固く握ったままですが、早咲種の桜が鮮やかでした。

昨日は、職員としてお世話になっていた「保育所・空飛ぶ三輪車」&「空飛ぶ三輪車・秋津保育所」の卒園のつどいでした。今年も園児とその家族だけでなく、ご親戚の皆さんや卒園した小中学生、元職員等々、150人以上による大お祝い会。

三輪車卒園のつどい1

恒例の卒園児の親たちによる劇に子ども達は大変な盛り上がりでした。
三輪車卒園のつどい2

一人ひとり、赤ちゃんだった頃がつい昨日のように思い出されましたが、人と自然の中で育った子ども達には、仲間や大人を信頼する力がしっかり育っていることが感じられ、なんとも頼もしい限り。
小さな保育園ですので、同じ小学校へ進む仲間はほとんどありません。入学式よりも早く学童クラブ生活が始まる子どももいます。ゆっくりゆっくりでいいから、のびやかに育っていってほしいものです。


19日(木)は第四中学校の卒業式に伺いました。
義務教育を終えて、それぞれに巣立つ生徒たち。いつになく穏やかで落ち着いた感じが伝わってくる式でした。9年前に卒園した子どもたちも7人おり、その成長した姿には大変驚きました。
田所校長先生から卒業証書授与

田所校長先生から卒業証書授与

進路も様々、歩みもそれぞれのことでしょう。
自分の目で物事をしっかり見て、自分の頭で考え、ゆっくりでいいから自分の足で歩いて行ってほしいと思います。

20日(金)は、子育て総合支援センターで、白梅学園大学子ども学(家族・地域支援)セミナーが開かれ、前田正子さん(前横浜市子育て担当副市長)によるお話があり、その後、山路憲夫さん(白梅学園大学教授)の司会、汐見稔幸センター長(白梅学園学長)、NPOすずめの千葉瑞枝さん、渡部市長の出席によるパネルディスカッションがありました。

ころ森シンポ1

ころ森シンポ2


昨年10月開設以来、大変好評で、多くの親子に利用されていますが、本来の開設目的は「大きな子育てひろば」ではありません。
今後、子育て世代の潜在的なニーズをどれだけキャッチしていけるのか、行政直営ではないよさを発揮するにはどうしたらよいのか等、課題も見えてきているようです。
一方では、急増する保育園待機児の解消など、市は乳児を抱えるお母さんお父さんたちのより切迫したニーズに緊急に応えなければならない状況です。

白梅学園大学としても、今のままの形態がベストだとは思っていない、と汐見学長。
開設まで紆余曲折があり、試行錯誤が続く「ころころの森」ですが、この日は、子育て支援の最前線で奮闘されている前田正子さんから、運営についての様々なアドバイス(指摘?)もありました。
新年度の展開に注目したいと思います。

スポンサーサイト


追記を閉じる▲

恒例の卒園児の親たちによる劇に子ども達は大変な盛り上がりでした。
三輪車卒園のつどい2

一人ひとり、赤ちゃんだった頃がつい昨日のように思い出されましたが、人と自然の中で育った子ども達には、仲間や大人を信頼する力がしっかり育っていることが感じられ、なんとも頼もしい限り。
小さな保育園ですので、同じ小学校へ進む仲間はほとんどありません。入学式よりも早く学童クラブ生活が始まる子どももいます。ゆっくりゆっくりでいいから、のびやかに育っていってほしいものです。


19日(木)は第四中学校の卒業式に伺いました。
義務教育を終えて、それぞれに巣立つ生徒たち。いつになく穏やかで落ち着いた感じが伝わってくる式でした。9年前に卒園した子どもたちも7人おり、その成長した姿には大変驚きました。
田所校長先生から卒業証書授与

田所校長先生から卒業証書授与

進路も様々、歩みもそれぞれのことでしょう。
自分の目で物事をしっかり見て、自分の頭で考え、ゆっくりでいいから自分の足で歩いて行ってほしいと思います。

20日(金)は、子育て総合支援センターで、白梅学園大学子ども学(家族・地域支援)セミナーが開かれ、前田正子さん(前横浜市子育て担当副市長)によるお話があり、その後、山路憲夫さん(白梅学園大学教授)の司会、汐見稔幸センター長(白梅学園学長)、NPOすずめの千葉瑞枝さん、渡部市長の出席によるパネルディスカッションがありました。

ころ森シンポ1

ころ森シンポ2


昨年10月開設以来、大変好評で、多くの親子に利用されていますが、本来の開設目的は「大きな子育てひろば」ではありません。
今後、子育て世代の潜在的なニーズをどれだけキャッチしていけるのか、行政直営ではないよさを発揮するにはどうしたらよいのか等、課題も見えてきているようです。
一方では、急増する保育園待機児の解消など、市は乳児を抱えるお母さんお父さんたちのより切迫したニーズに緊急に応えなければならない状況です。

白梅学園大学としても、今のままの形態がベストだとは思っていない、と汐見学長。
開設まで紆余曲折があり、試行錯誤が続く「ころころの森」ですが、この日は、子育て支援の最前線で奮闘されている前田正子さんから、運営についての様々なアドバイス(指摘?)もありました。
新年度の展開に注目したいと思います。

スポンサーサイト

【2009/03/23 11:40】 | 子ども&子育て
トラックバック(0) |

エナジー
いつもながらエナジー溢れる子供達…元気をいただいてます。

まだまだ知ってる顔の子供達が卒園するので……
いや、生涯参加したい行事ですね。

お疲れ様でした!

Re: エナジー
佐藤まさたか
健さん コメントありがとうございます。

いくつになっても、子どもたちから、たくさんのことを教わりますね。
そして、子どもたちも大人たちも、心を許し合って、互いを必要として支え合いながら生きていければ、たいがいのことは大丈夫だと思います。もちろん、自分の足で立つことの大切さを子どもたちにはしっかり教えなければなりませんが。

近所のじいちゃんになっても、卒園のつどいには出たいと僕も思います(笑)



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
エナジー
いつもながらエナジー溢れる子供達…元気をいただいてます。

まだまだ知ってる顔の子供達が卒園するので……
いや、生涯参加したい行事ですね。

お疲れ様でした!
2009/03/23(Mon) 12:38 | URL  | 健 #IqyBBTXc[ 編集]
Re: エナジー
健さん コメントありがとうございます。

いくつになっても、子どもたちから、たくさんのことを教わりますね。
そして、子どもたちも大人たちも、心を許し合って、互いを必要として支え合いながら生きていければ、たいがいのことは大丈夫だと思います。もちろん、自分の足で立つことの大切さを子どもたちにはしっかり教えなければなりませんが。

近所のじいちゃんになっても、卒園のつどいには出たいと僕も思います(笑)

2009/03/25(Wed) 02:37 | URL  | 佐藤まさたか #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。