無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 訴状全文を掲載します。

 私にとっては被告はもちろん、裁判自体が生まれて初めての経験(普通はそんなものかと思いますが…)。
 けれど、コチラ(ganbareusuiサイト内「朝木・矢野両市議関連裁判まとめスレッド」)やコチラ(ブログマガジンエアフォース)を見たり、「民主主義汚染(下写真)」を読めば読むほど、矢野市議らは10年以上にわたって日常的に裁判を抱え続けていることがよくわかり、市議を務めながらいったいどこにそんな時間とお金があるのだろうか?と改めて驚くやら恐れ入るやらです。

 自ら司法の場に持ち込んだことを理由に議会運営委員会(9月20日)への出席は拒否した矢野・朝木市議ですが、その後、矢野市議は自らがパーソナリティを務めるラジオ番組内では滔々と裁判について持論を展開しているようです。議員の取るべき態度として皆さんはどう思われるのでしょうか?

 私たちは議員ですので、議会においてきっちり議論をして、市民生活のために全力を挙げるべき立場です。「もっとちゃんとしたところでやるのよ!」と朝木議員は先日私に向かって言っていましたが、正直言って煩わしいったらありゃしません。しかしまたも一般市民までターゲットにされた以上、黙っているわけにはいきません。
 今まで以上に本来市議としてやるべきことをきっちりやって、その上で裁判もいい経験だと思ってきっちり取り組み、当然の結果を得るつもりです。

 私に対しては4年前から、そして薄井市議には今春の選挙直後から、ひたすら「アクション」を起こし続けている矢野・朝木両市議。彼らによる薄井市議に関する人権侵害の申し立ても、私に対する当選無効の申し立ても未だに続いています。
 私がず~っと解けない答え。それは「目的はいったい何ですか?」ということです。


 最下段の「別紙2 謝罪文」原稿まで訴状に含まれています。
 私たちはいったい何を訴えられたのか、ぜひお読みください。ご意見、ご感想などもいただければ幸いです。
 また「民主主義汚染(1,200円+送料)」をご希望の方は、薄井市議か私の方へご一報ください。

 それでは少し長くなりますが、訴状全文をどうぞ。

民主主義汚染

訴 状


2007(平成19)年9月3日

東京地方裁判所民事部 御中

原告 矢野穂積
原告 朝木直子

被告 ○○○○※請願人
被告 薄井政美
被告 佐藤真和

損害賠償等請求事件
訴訟物の価額 金5,300,000円
貼用印紙額  金32,000円



請求の趣旨

1 被告らは各自、原告矢野穂積に対して金250万円及び本訴状到達後完済に到るまで年5分の割合による遅延損害金を、原告朝木直子に対して金250万円及び本訴状到達後完済に到るまで年5分の割合による遅延損害金を支払え。

2 被告らは、別紙1記載の「請願の趣旨」を掲載したインターネットブログから「請願の趣旨」を削除せよ。

3 被告薄井政美及び佐藤真和は各々が開設するインターネット上のブログに、別紙2記載の謝罪広告を同記載の条件により掲載せよ。

4 訴訟費用は被告らの負担とする
との判決及び第1項につき仮執行宣言を求める。



請求の原因

第1 当事者

原告らはいずれも現職の東村山市議会議員である。
被告○○は請願人として、被告薄井及び被告佐藤は請願紹介議員として、2007(平成19)年8月21日付で「矢野穂積・朝木直子両市議に対する辞職勧告を求める請願」(以下「本件請願」という)に署名、捺印し、これを東村山市議会議長に提出した。
 被告薄井は、インターネット上に「好きになろうよ!東村山(http://usuimasayoshi.blog98.fc2.com/)」と題するブログを、また被告佐藤は、インターネット上に「なんとかしようよ!東村山(http://satomasataka.blog110.fc2.com/」と題するブログを、各々開設している。


第2 不法行為

1 本件請願による名誉毀損

① 本件請願の提出
 被告○○及び被告薄井、被告佐藤は、2007(平成19)年8月21日付け本件請願を東村山市議会議長に提出した。なお、東村山市議会議長に対する請願は紹介議員の署名捺印がなければ提出できない。

② 本件請願における名誉毀損
 そして、被告○○及び被告薄井、同佐藤は、本件請願の「請願の趣旨」として「東村山市議である矢野穂積・朝木直子両名は、みずから運営する『東村山市民新聞』ウェブサイトにおいて、一般市民への脅迫的・名誉毀損的発言、並びに、誹謗中傷を繰り返し、市政に関する開かれた議論を妨げている。両名が公人たる市議として適格性を欠いていることはもはや明らかであり、東村山市議会が、両名に対して自発的辞職を求める勧告決議を行うよう、請願する」と記載し、客観的真実に反するにもかかわらず、本件請願を読む東村山市内外の多数の者に対して、あたかも原告両名が一般市民に対して「脅迫」、「名誉毀損」を繰り返している人物であるかのように印象づけ、また何の根拠もなく原告両名が公人たる市議としての適格性を欠いているかのように印象づけた。

③本件請願の公表
 被告○○及び被告薄井、同佐藤は、前項の通り原告らの名誉を毀損する記述を為した上、被告薄井は同人が開設したインターネットのブログ(「好きになろうよ東村山」)上に同年8月25日付で
「12件の請願の中で、すでに内容がネット上で公開されているモノがある。一番最後の『矢野穂積・朝木直子両市議に対する辞職勧告を求める請願』だ。以下のサイトで紹介されているので、興味のある方は見てください。
★『おはら汁』
★『職業差別を許しません!』
★『俺@26歳のオワタ\(^o^)/blog』
(http://usuimasayoshi.blog98.fc2.com/blog-entry-109.html)」
と本件請願を掲載しているのが、前記3つのインターネットのブログである事実を明記したが、右記載事実は本件請願の全文は市議会議長に提出した被告○○及び被告薄井、同佐藤以外に知ることはできないから、当然に同人らが前記3つのインターネットのブログ開設者に伝えたものである。
 その結果、その実質において、本件請願を市議会議長に提出した被告○○及び被告薄井、同佐藤らが、前記3つのインターネットのブログ開設者に本件誓願の全文を伝えてこれを公表することとなったのであって、しかも、被告薄井はこれら3つのインターネットのブログにリンクを貼って全国の一般読者が誰でもただちにアクセスし本件請願を閲覧することができるようにしたのであって、これにより東村山市内外多数の者が本件請願を知るところとなった。
 また、被告○○及び被告薄井、同佐藤は本件請願を同年8月21日に東村山市議会議長に提出したが、その後、同年8月28日には全文が印刷されて同士議会議員全員及び東村山市の課長以上の職員全員に配布され、東村山市役所職員多数の知るところとなった。

④ 原告らの社会的評価の低下等
 前項③記載のとおり、被告○○及び被告薄井、同佐藤が本件請願を市議会議長に提出の上、公表したことによって、客観的真実に反するにもかかわらず、あたかも原告両名が一般市民に対して「脅迫」、「名誉毀損」を繰り返している悪質な人物であるかのように印象づけ、また何の根拠もなく原告両名が公人たる市議としての適格性を欠いているかのように印象づけ、本件請願を読む東村山市内外の多数のものに印象づけ、原告両名の社会的評価を著しく低下させ、原告両名は重大な精神的苦痛を受けている。


2 被告らの責任
 被告らは、その後も本件請願を取り下げることをしないばかりか、前記3つのブログ上には現在も本件請願全文が掲載、公表されていて、原告両名に対する名誉毀損行為は現在に至っても放置されており、原告両名は著しくその社会的評価を継続して低下させられている。
 しかも、被告らによる名誉権侵害が極めて悪質であるのは、本件請願には「きつい言葉による批判や不適切・不穏当な表現がネット上で散見されるのは確かであるが、公人である以上、基本的にかかる批判は甘受すべき立場にある。」(本件請願3枚目6行以下)などと記述し、インターネット上では、当該言論が実在の特定者になされた場合であっても、公職者に対してなされる場合には、「不適切・不穏当」な言論すなわち名誉権侵害をしても許されるかのような独自の主張を強調し、自ら為した名誉既存行為を根拠なく正当化するという態度に表現されている。
 従って、被告らは本件請願が原告らの名誉権を侵害することにつきこれを知りまたは知らないで本件請願を提出し、公表し原告らの名誉権を侵害したのであるから、右不法行為につき、民法第709条及び同第719条に基づき、損害賠償の責任を負担するとともに、原告らは現在に至っても依然としてその社会的評価が著しく低下させられ重大な精神的苦痛を受け続けているので、損害賠償の責任に加え、責任の負担として、請求の趣旨第2項記載の本件「請願の趣旨」の削除、撤回が必要である。
 また、被告らは、本件請願を取下げるなどすることによって謝罪の意思を示すどころか、却ってその名誉権侵害が許されるかのような独自の主張を公表しているのであって、極めて悪質であり、単に金銭賠償等のみによる責任の負担は不十分であって、請求の趣旨第3項記載の謝罪広告の掲載が必要である。


第3 損害及びその評価

1 原告らの損害
 原告両名は、前項までに記載したとおり、本件請願による被告らの悪質な不法行為により、その社会的評価が著しく低下させられ、現在に至ってもなお重大な精神的苦痛を受け続けている。

2 損害の評価
 前項記載の原告両名得の精神的苦痛を慰謝しつつ、被告の悪質な不法行為およびその強い違法性は、以下のとおり法的に評価される。

(1)被告らの悪質な不法行為により原告両名が被った損害及び慰謝料は、各々金250万円をくだらない。

(2)被告らの本件請願の「請願の趣旨」の提出、公表により、現在に至っても依然としてその社会的評価が著しく低下させられ、重大な精神的苦痛を受け続けているのであって、本件「請願の趣旨」の削除、撤回が必要である。

(3)被告らはその名誉毀損行為についてむしろ正当化していてその不法行為は極めて悪質であって、原告両名が被った名誉権侵害を救済し失われた評価を回復する処分としては、民法第723条適用により別紙記載の「謝罪広告」をなさしめることが必要である。


第4 結語
 よって、原告らは、被告らに対し、民法第709条及び719条に基づき請求の趣旨第1項記載の損害賠償および民法第723条に基づき趣旨第3項記載の謝罪広告の掲載を求め、本件提起するものである、




証拠方法
 
 甲第1号証 本件請願


 別紙2 謝罪広告

 私達は、東村山市議会議長に提出した請願(以下「本件請願」という)の「請願の趣旨」において、矢野穂積氏及び朝木直子氏に対して、極めて不適切な文言を使用して名誉を著しく傷つける記述を掲載したことについて、両氏の社会的評価を著しく低下させるという多大なご迷惑をおかけしました。
 しかし、本件請願の前記「請願の趣旨」は全て根拠がなく誤りであって、ただちに前記「請願の趣旨」を撤回し取り消すとともに、インターネット上のブログに記載した前記「請願の趣旨」は削除し、今後このような名誉毀損行為を一切行わないようお約束するとともに、矢野穂積氏及び朝木直子氏に対して心より深くお詫び申し上げます。

  年  月  日

 ○○○○
 薄井政美
 佐藤真和

 矢野穂積様
 朝木直子様

※薄井政美開設ブログ(「好きになろうよ東村山」)及び佐藤真和開設ブログ(「なんとかしようよ!東村山2」)に、2007(平成19)年8月25日から本件請願(「請願の趣旨」)が請求の趣旨第2項記載の通り、削除、撤回されるまでの日数相当期間に掲載すること。
※掲載条件 「謝罪広告」の4文字は20ポイント、その他は12ポイントにより、上記ホームページのトップ頁に、1ページの4分の1のスペースで掲載すること。

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
訴 状


2007(平成19)年9月3日

東京地方裁判所民事部 御中

原告 矢野穂積
原告 朝木直子

被告 ○○○○※請願人
被告 薄井政美
被告 佐藤真和

損害賠償等請求事件
訴訟物の価額 金5,300,000円
貼用印紙額  金32,000円



請求の趣旨

1 被告らは各自、原告矢野穂積に対して金250万円及び本訴状到達後完済に到るまで年5分の割合による遅延損害金を、原告朝木直子に対して金250万円及び本訴状到達後完済に到るまで年5分の割合による遅延損害金を支払え。

2 被告らは、別紙1記載の「請願の趣旨」を掲載したインターネットブログから「請願の趣旨」を削除せよ。

3 被告薄井政美及び佐藤真和は各々が開設するインターネット上のブログに、別紙2記載の謝罪広告を同記載の条件により掲載せよ。

4 訴訟費用は被告らの負担とする
との判決及び第1項につき仮執行宣言を求める。



請求の原因

第1 当事者

原告らはいずれも現職の東村山市議会議員である。
被告○○は請願人として、被告薄井及び被告佐藤は請願紹介議員として、2007(平成19)年8月21日付で「矢野穂積・朝木直子両市議に対する辞職勧告を求める請願」(以下「本件請願」という)に署名、捺印し、これを東村山市議会議長に提出した。
 被告薄井は、インターネット上に「好きになろうよ!東村山(http://usuimasayoshi.blog98.fc2.com/)」と題するブログを、また被告佐藤は、インターネット上に「なんとかしようよ!東村山(http://satomasataka.blog110.fc2.com/」と題するブログを、各々開設している。


第2 不法行為

1 本件請願による名誉毀損

① 本件請願の提出
 被告○○及び被告薄井、被告佐藤は、2007(平成19)年8月21日付け本件請願を東村山市議会議長に提出した。なお、東村山市議会議長に対する請願は紹介議員の署名捺印がなければ提出できない。

② 本件請願における名誉毀損
 そして、被告○○及び被告薄井、同佐藤は、本件請願の「請願の趣旨」として「東村山市議である矢野穂積・朝木直子両名は、みずから運営する『東村山市民新聞』ウェブサイトにおいて、一般市民への脅迫的・名誉毀損的発言、並びに、誹謗中傷を繰り返し、市政に関する開かれた議論を妨げている。両名が公人たる市議として適格性を欠いていることはもはや明らかであり、東村山市議会が、両名に対して自発的辞職を求める勧告決議を行うよう、請願する」と記載し、客観的真実に反するにもかかわらず、本件請願を読む東村山市内外の多数の者に対して、あたかも原告両名が一般市民に対して「脅迫」、「名誉毀損」を繰り返している人物であるかのように印象づけ、また何の根拠もなく原告両名が公人たる市議としての適格性を欠いているかのように印象づけた。

③本件請願の公表
 被告○○及び被告薄井、同佐藤は、前項の通り原告らの名誉を毀損する記述を為した上、被告薄井は同人が開設したインターネットのブログ(「好きになろうよ東村山」)上に同年8月25日付で
「12件の請願の中で、すでに内容がネット上で公開されているモノがある。一番最後の『矢野穂積・朝木直子両市議に対する辞職勧告を求める請願』だ。以下のサイトで紹介されているので、興味のある方は見てください。
★『おはら汁』
★『職業差別を許しません!』
★『俺@26歳のオワタ\(^o^)/blog』
(http://usuimasayoshi.blog98.fc2.com/blog-entry-109.html)」
と本件請願を掲載しているのが、前記3つのインターネットのブログである事実を明記したが、右記載事実は本件請願の全文は市議会議長に提出した被告○○及び被告薄井、同佐藤以外に知ることはできないから、当然に同人らが前記3つのインターネットのブログ開設者に伝えたものである。
 その結果、その実質において、本件請願を市議会議長に提出した被告○○及び被告薄井、同佐藤らが、前記3つのインターネットのブログ開設者に本件誓願の全文を伝えてこれを公表することとなったのであって、しかも、被告薄井はこれら3つのインターネットのブログにリンクを貼って全国の一般読者が誰でもただちにアクセスし本件請願を閲覧することができるようにしたのであって、これにより東村山市内外多数の者が本件請願を知るところとなった。
 また、被告○○及び被告薄井、同佐藤は本件請願を同年8月21日に東村山市議会議長に提出したが、その後、同年8月28日には全文が印刷されて同士議会議員全員及び東村山市の課長以上の職員全員に配布され、東村山市役所職員多数の知るところとなった。

④ 原告らの社会的評価の低下等
 前項③記載のとおり、被告○○及び被告薄井、同佐藤が本件請願を市議会議長に提出の上、公表したことによって、客観的真実に反するにもかかわらず、あたかも原告両名が一般市民に対して「脅迫」、「名誉毀損」を繰り返している悪質な人物であるかのように印象づけ、また何の根拠もなく原告両名が公人たる市議としての適格性を欠いているかのように印象づけ、本件請願を読む東村山市内外の多数のものに印象づけ、原告両名の社会的評価を著しく低下させ、原告両名は重大な精神的苦痛を受けている。


2 被告らの責任
 被告らは、その後も本件請願を取り下げることをしないばかりか、前記3つのブログ上には現在も本件請願全文が掲載、公表されていて、原告両名に対する名誉毀損行為は現在に至っても放置されており、原告両名は著しくその社会的評価を継続して低下させられている。
 しかも、被告らによる名誉権侵害が極めて悪質であるのは、本件請願には「きつい言葉による批判や不適切・不穏当な表現がネット上で散見されるのは確かであるが、公人である以上、基本的にかかる批判は甘受すべき立場にある。」(本件請願3枚目6行以下)などと記述し、インターネット上では、当該言論が実在の特定者になされた場合であっても、公職者に対してなされる場合には、「不適切・不穏当」な言論すなわち名誉権侵害をしても許されるかのような独自の主張を強調し、自ら為した名誉既存行為を根拠なく正当化するという態度に表現されている。
 従って、被告らは本件請願が原告らの名誉権を侵害することにつきこれを知りまたは知らないで本件請願を提出し、公表し原告らの名誉権を侵害したのであるから、右不法行為につき、民法第709条及び同第719条に基づき、損害賠償の責任を負担するとともに、原告らは現在に至っても依然としてその社会的評価が著しく低下させられ重大な精神的苦痛を受け続けているので、損害賠償の責任に加え、責任の負担として、請求の趣旨第2項記載の本件「請願の趣旨」の削除、撤回が必要である。
 また、被告らは、本件請願を取下げるなどすることによって謝罪の意思を示すどころか、却ってその名誉権侵害が許されるかのような独自の主張を公表しているのであって、極めて悪質であり、単に金銭賠償等のみによる責任の負担は不十分であって、請求の趣旨第3項記載の謝罪広告の掲載が必要である。


第3 損害及びその評価

1 原告らの損害
 原告両名は、前項までに記載したとおり、本件請願による被告らの悪質な不法行為により、その社会的評価が著しく低下させられ、現在に至ってもなお重大な精神的苦痛を受け続けている。

2 損害の評価
 前項記載の原告両名得の精神的苦痛を慰謝しつつ、被告の悪質な不法行為およびその強い違法性は、以下のとおり法的に評価される。

(1)被告らの悪質な不法行為により原告両名が被った損害及び慰謝料は、各々金250万円をくだらない。

(2)被告らの本件請願の「請願の趣旨」の提出、公表により、現在に至っても依然としてその社会的評価が著しく低下させられ、重大な精神的苦痛を受け続けているのであって、本件「請願の趣旨」の削除、撤回が必要である。

(3)被告らはその名誉毀損行為についてむしろ正当化していてその不法行為は極めて悪質であって、原告両名が被った名誉権侵害を救済し失われた評価を回復する処分としては、民法第723条適用により別紙記載の「謝罪広告」をなさしめることが必要である。


第4 結語
 よって、原告らは、被告らに対し、民法第709条及び719条に基づき請求の趣旨第1項記載の損害賠償および民法第723条に基づき趣旨第3項記載の謝罪広告の掲載を求め、本件提起するものである、




証拠方法
 
 甲第1号証 本件請願


 別紙2 謝罪広告

 私達は、東村山市議会議長に提出した請願(以下「本件請願」という)の「請願の趣旨」において、矢野穂積氏及び朝木直子氏に対して、極めて不適切な文言を使用して名誉を著しく傷つける記述を掲載したことについて、両氏の社会的評価を著しく低下させるという多大なご迷惑をおかけしました。
 しかし、本件請願の前記「請願の趣旨」は全て根拠がなく誤りであって、ただちに前記「請願の趣旨」を撤回し取り消すとともに、インターネット上のブログに記載した前記「請願の趣旨」は削除し、今後このような名誉毀損行為を一切行わないようお約束するとともに、矢野穂積氏及び朝木直子氏に対して心より深くお詫び申し上げます。

  年  月  日

 ○○○○
 薄井政美
 佐藤真和

 矢野穂積様
 朝木直子様

※薄井政美開設ブログ(「好きになろうよ東村山」)及び佐藤真和開設ブログ(「なんとかしようよ!東村山2」)に、2007(平成19)年8月25日から本件請願(「請願の趣旨」)が請求の趣旨第2項記載の通り、削除、撤回されるまでの日数相当期間に掲載すること。
※掲載条件 「謝罪広告」の4文字は20ポイント、その他は12ポイントにより、上記ホームページのトップ頁に、1ページの4分の1のスペースで掲載すること。

スポンサーサイト

【2007/10/01 23:55】 | 裁判日記
トラックバック(0) |

私の勘違いか
gun
 イヤミではなくせっかく心配してあげたの
にどうやら矢野氏には十分責任能力がある
ようですね。私の勘違いでした。
  自分が正義だと思い込んでるタイプの人
間となると、こんな厄介なものはないな。

不思議なのは・・・
小平市民
こういう人達を支持して、市議会議員として当選させる人達がいるということですね。
非常に不思議な現象だと思います。

Re:私の勘違いか
佐藤まさたか
gunさん こんばんは。
お返事が滞ってしまいすみません。

正義は構わないんですが、肝心なのは目的じゃないかと思っています。

誰にだって生きていればいろいろなトラブルや失敗があるものですが、私たちはぎりぎりまで話し合いでなんとかしようとします。
それに、相手の人格ごと潰しにいこうなんて考えません。問題が解決すればいいんですから。

でも、法に長けているという並外れた自負があると、何でもかんでも法律論で勝負をつけようと考えるのかもしれません。
他人との心豊かな関係を築ける人は、そういう回路にはならないんじゃないかな、と思います。

家族や仲間との穏やかな時間、なんの損得も勝ち負けもない関係。
私たちには普通、そんな大事な日常がありますから、明日をまたいい日にしたいなって思うんじゃないでしょうか。

ところで、3日にいただいたコメントの件は、gunさんおっしゃる通りなのですが、いろいろ考えているところがありまして、コメント欄でのお返事は控えさせていただけたらと思っています。ごめんなさい。
詳細には本が1冊書けるくらいの記録があり、必ず活かせる日が来ると考えています。

Re:不思議なのは…
佐藤まさたか
小平市民さん こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。

やはりまだまだ紙媒体の力は大きいです。
しかもそこそこまともなことも書いてあるし…(苦笑)
住民の入れ替わりもわりと大きいので、「越してきた時はしばらく丸ごと信じてた」という人、私の周りにもかなりいるんですよ。
今は…と皆さん笑いますけど。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
私の勘違いか
 イヤミではなくせっかく心配してあげたの
にどうやら矢野氏には十分責任能力がある
ようですね。私の勘違いでした。
  自分が正義だと思い込んでるタイプの人
間となると、こんな厄介なものはないな。
2007/10/02(Tue) 22:39 | URL  | gun #-[ 編集]
不思議なのは・・・
こういう人達を支持して、市議会議員として当選させる人達がいるということですね。
非常に不思議な現象だと思います。
2007/10/06(Sat) 22:53 | URL  | 小平市民 #-[ 編集]
Re:私の勘違いか
gunさん こんばんは。
お返事が滞ってしまいすみません。

正義は構わないんですが、肝心なのは目的じゃないかと思っています。

誰にだって生きていればいろいろなトラブルや失敗があるものですが、私たちはぎりぎりまで話し合いでなんとかしようとします。
それに、相手の人格ごと潰しにいこうなんて考えません。問題が解決すればいいんですから。

でも、法に長けているという並外れた自負があると、何でもかんでも法律論で勝負をつけようと考えるのかもしれません。
他人との心豊かな関係を築ける人は、そういう回路にはならないんじゃないかな、と思います。

家族や仲間との穏やかな時間、なんの損得も勝ち負けもない関係。
私たちには普通、そんな大事な日常がありますから、明日をまたいい日にしたいなって思うんじゃないでしょうか。

ところで、3日にいただいたコメントの件は、gunさんおっしゃる通りなのですが、いろいろ考えているところがありまして、コメント欄でのお返事は控えさせていただけたらと思っています。ごめんなさい。
詳細には本が1冊書けるくらいの記録があり、必ず活かせる日が来ると考えています。
2007/10/07(Sun) 00:48 | URL  | 佐藤まさたか #-[ 編集]
Re:不思議なのは…
小平市民さん こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。

やはりまだまだ紙媒体の力は大きいです。
しかもそこそこまともなことも書いてあるし…(苦笑)
住民の入れ替わりもわりと大きいので、「越してきた時はしばらく丸ごと信じてた」という人、私の周りにもかなりいるんですよ。
今は…と皆さん笑いますけど。
2007/10/07(Sun) 01:09 | URL  | 佐藤まさたか #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。