無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日(12・火)は、日野市百草にある「東電ハミングワーク」という会社で、障がい者雇用の現場を見学させていただく機会に恵まれました。

これは、東村山市でも今年度から障がい者の雇用相談窓口を開設することになり、実際の現場を一度見てみる機会がほしいよね、という話から、鈴木忠文議員のご尽力で実現したもので、超党派の有志(伊藤真一議員、奥谷浩一議員、大塚恵美子議員、薄井政美議員、佐藤)で伺いました。

東電ハミングワーク視察1



会社の詳細は上記HPをご覧いただく方が早いかもしれませんが、実際に出向くことで、一般就労として、清掃、印刷、園芸の3部門でいきいきと働く障がい者の方の声や、雇用している側のご苦労などを具体的に知ることができました。

東電ハミングワーク視察2

東電ハミングワーク視察4

東電ハミングワーク視察3


知的(35名)、聴覚(4名)、視覚(1名)、肢体(2名)、精神(1名)と様々な障がいのある方たちに十分配慮した施設、雇用する側の意識の高さ、ともに東京電力という有数の大企業だからできること、という側面はあると思いますし、現在の経済状況の中では、中小の企業では法による義務付けがあっても現実が許さないということもあるでしょう。

一方で、障害者自立支援法の矛盾、課題に苦しむ作業所や施設の厳しい現実。

一自治体、一企業のレベルでの取り組みに限界があることもまた事実ですが、開設される就労支援窓口が東村山市に暮らす障がい者の皆さんにとって少しでも安心できる支えとなるよう、丁寧な取り組みを求めていきたいと思います。

ところで、このような形で関心のある議員が呉越同舟?学ぶ機会は大変有意義だと感じます。それぞれの議員がそれぞれのスタンスで報告されることと思いますので、そちらもぜひご覧になってください。

スポンサーサイト


追記を閉じる▲


会社の詳細は上記HPをご覧いただく方が早いかもしれませんが、実際に出向くことで、一般就労として、清掃、印刷、園芸の3部門でいきいきと働く障がい者の方の声や、雇用している側のご苦労などを具体的に知ることができました。

東電ハミングワーク視察2

東電ハミングワーク視察4

東電ハミングワーク視察3


知的(35名)、聴覚(4名)、視覚(1名)、肢体(2名)、精神(1名)と様々な障がいのある方たちに十分配慮した施設、雇用する側の意識の高さ、ともに東京電力という有数の大企業だからできること、という側面はあると思いますし、現在の経済状況の中では、中小の企業では法による義務付けがあっても現実が許さないということもあるでしょう。

一方で、障害者自立支援法の矛盾、課題に苦しむ作業所や施設の厳しい現実。

一自治体、一企業のレベルでの取り組みに限界があることもまた事実ですが、開設される就労支援窓口が東村山市に暮らす障がい者の皆さんにとって少しでも安心できる支えとなるよう、丁寧な取り組みを求めていきたいと思います。

ところで、このような形で関心のある議員が呉越同舟?学ぶ機会は大変有意義だと感じます。それぞれの議員がそれぞれのスタンスで報告されることと思いますので、そちらもぜひご覧になってください。

スポンサーサイト

【2009/05/12 23:46】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。