無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

chuurin1

chuurin2


久米川駅北口に新設されたロータリー(工事中)の地下に約1,500台収容の駐輪場が完成し、一昨日(18・月)午後、お披露目がありました。
この地下駐輪場は、東村山駅西口の再開発事業とは異なる「沿道街路整備事業」という手法で、地権者の協力を得て駅前広場の用地を確保し、その地下に2年間かけて築造したものです。

久米川駅北口整備事業は、施行主体は東村山市ですが、平成11年以来、事業のほぼ全体を(財)新都市建設公社に委託して進めてきました。そのため、本来は議会の議決が必要な1億5千万円以上の工事契約についても議会にかかることはなくなり、そのような進め方をめぐっては度々批判をし、8億2,300万円の特命随意委託契約の議案審議時にも、質疑の上で、共産党、大塚議員、薄井議員らと反対をした経過があります(議案はもちろん賛成多数で通りましたが)。

あれから約2年。
6億円余りをかけて造られた駐輪場です。できた以上は、絶えずフル回転で使っていただける施設になってもらわなければ困りますし、朝のラッシュ時にストレスやトラブルなく利用していただけるようなものであってほしいと思います。
実際、地下への斜路を自転車を押して上り下りしてみたり、ゲートを通ってみたりしましたが、ふたを開けてみてから改善を必要とする点も出てきそうです。

限られた条件の中ですが、担当所管(都市環境部 道路交通課)では、少しでも使っていただきやすい施設にしようと、駐輪機の構造などについてメーカーに直談判してオリジナルの工夫を施したり、利用者の声を聞いて改善に努めていこうとしたりしていることもわかりました。

※1枚目の写真…不安定さの原因になることの多い「前輪を落とし込む溝」のサイズを若干大きくしたそうです。
※2枚目の写真…駐輪機の塗装を、従来品よりも強くて汚れの落ちやすいものに変えたそうです。また、車輪を乗せる溝の角度を少し変えて入れやすくなっています。


施設管理はサイカパーキングという会社が指定管理者として行いますが、会社の青い制服を着た男性から声をかけられました。近所にお住まいの高齢の男性でした。指定管理者の条件の中に、「市内からの雇用」という項目が入っていたことを思い出しました。「開設時間が長いので、早朝や夜の勤務もあるかもしれませんが頑張りますよ」とおっしゃっていました。
事故やトラブルなく運営されることを願いたいと思います。

尚、久米川北口駅前の整備は、駅舎の改良工事とともに来年3月に全て完成する予定です。


chuurin3
全体はかなり明るくなっています(照明代がかかりますが)。冷暖房設備はありません。

chuurin4
市長によるゲート通り初め

chuurin6
各所に監視カメラが設置されています(これも地下にしたことで必要となった費用ですね)

chuurin7
自転車の入路は1か所。下りは自転車から降りて押して&上りは小さなベルトコンベアに自転車のタイヤ部分を乗せて前輪ブレーキを握れば楽に上がれる仕組みです。

chuurin8
駅改札へはこの階段から。

churin9
階段はこのような距離で北口改札口へつながってます。


スポンサーサイト


追記を閉じる▲


久米川駅北口に新設されたロータリー(工事中)の地下に約1,500台収容の駐輪場が完成し、一昨日(18・月)午後、お披露目がありました。
この地下駐輪場は、東村山駅西口の再開発事業とは異なる「沿道街路整備事業」という手法で、地権者の協力を得て駅前広場の用地を確保し、その地下に2年間かけて築造したものです。

久米川駅北口整備事業は、施行主体は東村山市ですが、平成11年以来、事業のほぼ全体を(財)新都市建設公社に委託して進めてきました。そのため、本来は議会の議決が必要な1億5千万円以上の工事契約についても議会にかかることはなくなり、そのような進め方をめぐっては度々批判をし、8億2,300万円の特命随意委託契約の議案審議時にも、質疑の上で、共産党、大塚議員、薄井議員らと反対をした経過があります(議案はもちろん賛成多数で通りましたが)。

あれから約2年。
6億円余りをかけて造られた駐輪場です。できた以上は、絶えずフル回転で使っていただける施設になってもらわなければ困りますし、朝のラッシュ時にストレスやトラブルなく利用していただけるようなものであってほしいと思います。
実際、地下への斜路を自転車を押して上り下りしてみたり、ゲートを通ってみたりしましたが、ふたを開けてみてから改善を必要とする点も出てきそうです。

限られた条件の中ですが、担当所管(都市環境部 道路交通課)では、少しでも使っていただきやすい施設にしようと、駐輪機の構造などについてメーカーに直談判してオリジナルの工夫を施したり、利用者の声を聞いて改善に努めていこうとしたりしていることもわかりました。

※1枚目の写真…不安定さの原因になることの多い「前輪を落とし込む溝」のサイズを若干大きくしたそうです。
※2枚目の写真…駐輪機の塗装を、従来品よりも強くて汚れの落ちやすいものに変えたそうです。また、車輪を乗せる溝の角度を少し変えて入れやすくなっています。


施設管理はサイカパーキングという会社が指定管理者として行いますが、会社の青い制服を着た男性から声をかけられました。近所にお住まいの高齢の男性でした。指定管理者の条件の中に、「市内からの雇用」という項目が入っていたことを思い出しました。「開設時間が長いので、早朝や夜の勤務もあるかもしれませんが頑張りますよ」とおっしゃっていました。
事故やトラブルなく運営されることを願いたいと思います。

尚、久米川北口駅前の整備は、駅舎の改良工事とともに来年3月に全て完成する予定です。


chuurin3
全体はかなり明るくなっています(照明代がかかりますが)。冷暖房設備はありません。

chuurin4
市長によるゲート通り初め

chuurin6
各所に監視カメラが設置されています(これも地下にしたことで必要となった費用ですね)

chuurin7
自転車の入路は1か所。下りは自転車から降りて押して&上りは小さなベルトコンベアに自転車のタイヤ部分を乗せて前輪ブレーキを握れば楽に上がれる仕組みです。

chuurin8
駅改札へはこの階段から。

churin9
階段はこのような距離で北口改札口へつながってます。


スポンサーサイト

【2009/05/20 23:57】 | まちづくり・都市計画・防災
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。