無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 昨日の記事のコメント欄でもふれましたが、審査の前提となる行政側作成資料に多数の誤りがあった件について、今日始まった決算委員会の冒頭、収入役と代表監査委員から、それぞれお詫びの言葉がありました。
 自民、公明の与党会派からは、質疑に入る前に「職務に対する意識改革を強く求める」「市民の信頼を失う問題であり、幾重にも緊張感をもって臨んでほしい」との苦言が呈されました。

 渡部市長も「事務執行の基礎的な部分でここのところミスが目立つ。深くお詫び申し上げ、緊張感を持って進めていきたい」と発言。

 9月議会初日に審議された、数年前に契約議案の提出を「失念」していた、という件といい、課題となっているモロモロといい、出直し的見直しが求められている、という意識が幹部達に本当にあるのかどうか、明日からの審査でも問われてくると思います。

 決算の審査は大会派から順に回ることになっており、今日は一般会計の「歳入」について、自民・自治、公明、共産、民主・ネット、草の根、まで進んだところで5時半だったので、私が明日の一番、薄井市議がその後となります。

 その後、「歳出」に移り、まずは議会費・、総務費について、また自民、公明…という順で回ります。明日は恐らく民生費(福祉関係費)が全会派回るかどうか…というところだと思われます。

 今日の「歳入」では、18年度決算総体について問う質疑、そして歳入の中身について確認する質疑が多く見られました。
質疑から見えてきた主なことは…
・歳入、歳出ともに前年度比で約6%伸びた。
・でも歳入増の最大の要因は、税制改正による市民負担の増。個人消費も伸びてはいるが、年間所得は年間約16万円も落ちている。
・法人市民税は景気回復の影響がやっと出てきて伸びた。
・使用料、手数料の値上げや減免廃止などした年だったが、目標値に届いていない。
・三位一体の改革は、当市にとっては3年間トータルで15億4千万円のマイナスとなった。特に地方交付税の削減が大変厳しい。
・将来債務を示す値は軒並み悪化している。「地方債発行の抑制が求めらている」という認識は財政当局にある。
・緊急財政対策の初年度だが、財政の逼迫度はますます上がり、ますます財政運営は一段と悪化している。
・そんな中で、東村山駅西口再開発や久米川駅北口整備などが本格的に進んだので、投資的経費は102.6%という大幅な伸びを示した。
といったところでしょうか。

 そんな中、今日の質疑の中で大変興味深かったのは、第一与党である自民・自治クラブの島崎議員が、「公民館使用料の減免規定の復活」を「検討しているのか」と力を入れて質していたことです。
 自民党は無論、島崎議員も2年前の有料化議案に賛成(反対は共産、草の根、私)していますが、会派として捉え直しがされているかのような印象です。
 教育部次長が「利用者の種々の声があるので、検討は必要かもしれない」という程度の答弁をしたところ、「時期はいつなのか?」と再度尋ねておられました。これに対し、「2年に一度、使用料・手数料審議会で積算のし直しとともに見直しをするので、その時期をにらんで検討したい」と、かなり含みを持たせる答をした教育部。

 朝令暮改はかっこ悪いなんて言ってないで、間違った施策は少しでも早く改めるべきだと私は思います。
 福田議員(共)が、「有料化、減免撤廃の実態をどうとらえているか。市民の社会参加の機会を奪っていないのか」という質疑には、そういう実態はない、と言いながら、実際にはかなり利用率が落ちている現実。
 福田議員が言った言葉が印象的です。
「使用料が払えない小さなグループ等は他市の無料の施設を使ったり、利用抑制が働いたりしている。市民の税金で造った施設を、市民が思い切り使えない実態は明らかにおかしいのではないか。」
 一昨年の予算委員会(18年度予算)で私が声高に質疑したのは、まさしくこの点でした。

 明日の10時からが私の出番となります。
 今日もお忙しい中傍聴にお越しいただいた方がありましたが、資料が一切ない中でやり取りだけを聞いているのは極めてしんどかったであろうと思います。
 9時45分くらいに5階控室にきていただければ、審査に該当する箇所の簡単な資料を差し上げたいと思います。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
 9月議会初日に審議された、数年前に契約議案の提出を「失念」していた、という件といい、課題となっているモロモロといい、出直し的見直しが求められている、という意識が幹部達に本当にあるのかどうか、明日からの審査でも問われてくると思います。

 決算の審査は大会派から順に回ることになっており、今日は一般会計の「歳入」について、自民・自治、公明、共産、民主・ネット、草の根、まで進んだところで5時半だったので、私が明日の一番、薄井市議がその後となります。

 その後、「歳出」に移り、まずは議会費・、総務費について、また自民、公明…という順で回ります。明日は恐らく民生費(福祉関係費)が全会派回るかどうか…というところだと思われます。

 今日の「歳入」では、18年度決算総体について問う質疑、そして歳入の中身について確認する質疑が多く見られました。
質疑から見えてきた主なことは…
・歳入、歳出ともに前年度比で約6%伸びた。
・でも歳入増の最大の要因は、税制改正による市民負担の増。個人消費も伸びてはいるが、年間所得は年間約16万円も落ちている。
・法人市民税は景気回復の影響がやっと出てきて伸びた。
・使用料、手数料の値上げや減免廃止などした年だったが、目標値に届いていない。
・三位一体の改革は、当市にとっては3年間トータルで15億4千万円のマイナスとなった。特に地方交付税の削減が大変厳しい。
・将来債務を示す値は軒並み悪化している。「地方債発行の抑制が求めらている」という認識は財政当局にある。
・緊急財政対策の初年度だが、財政の逼迫度はますます上がり、ますます財政運営は一段と悪化している。
・そんな中で、東村山駅西口再開発や久米川駅北口整備などが本格的に進んだので、投資的経費は102.6%という大幅な伸びを示した。
といったところでしょうか。

 そんな中、今日の質疑の中で大変興味深かったのは、第一与党である自民・自治クラブの島崎議員が、「公民館使用料の減免規定の復活」を「検討しているのか」と力を入れて質していたことです。
 自民党は無論、島崎議員も2年前の有料化議案に賛成(反対は共産、草の根、私)していますが、会派として捉え直しがされているかのような印象です。
 教育部次長が「利用者の種々の声があるので、検討は必要かもしれない」という程度の答弁をしたところ、「時期はいつなのか?」と再度尋ねておられました。これに対し、「2年に一度、使用料・手数料審議会で積算のし直しとともに見直しをするので、その時期をにらんで検討したい」と、かなり含みを持たせる答をした教育部。

 朝令暮改はかっこ悪いなんて言ってないで、間違った施策は少しでも早く改めるべきだと私は思います。
 福田議員(共)が、「有料化、減免撤廃の実態をどうとらえているか。市民の社会参加の機会を奪っていないのか」という質疑には、そういう実態はない、と言いながら、実際にはかなり利用率が落ちている現実。
 福田議員が言った言葉が印象的です。
「使用料が払えない小さなグループ等は他市の無料の施設を使ったり、利用抑制が働いたりしている。市民の税金で造った施設を、市民が思い切り使えない実態は明らかにおかしいのではないか。」
 一昨年の予算委員会(18年度予算)で私が声高に質疑したのは、まさしくこの点でした。

 明日の10時からが私の出番となります。
 今日もお忙しい中傍聴にお越しいただいた方がありましたが、資料が一切ない中でやり取りだけを聞いているのは極めてしんどかったであろうと思います。
 9時45分くらいに5階控室にきていただければ、審査に該当する箇所の簡単な資料を差し上げたいと思います。
スポンサーサイト

【2007/10/03 23:56】 | どうなる?市の財政
トラックバック(0) |

No title
富士見公園
当市に不在で、傍聴できなかった。
早々、市議会の 詳細報告有り難うございます。
佐藤市議他5名の議員の市議会報告を読まして頂き、議会の仕組み、詳細、現状問題点 理解できました。
有り難うございました。今後とも宜しく。活躍を!

富士見公園さんへ
佐藤まさたか
いつもコメントありがとうございます。

事実をできるだけわかりやすく記すこととともに、自分の考えを交えて伝えることの大事さを改めて感じ
ています。
様々なテーマについてきめ細かくほぼ毎日アップしている先輩議員もおられ、自分にとっても大変参考になっていますし、大事なトレーニングだと思っています。
今後とも忌憚のないご意見いただければ幸いです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
当市に不在で、傍聴できなかった。
早々、市議会の 詳細報告有り難うございます。
佐藤市議他5名の議員の市議会報告を読まして頂き、議会の仕組み、詳細、現状問題点 理解できました。
有り難うございました。今後とも宜しく。活躍を!
2007/10/04(Thu) 04:08 | URL  | 富士見公園 #-[ 編集]
富士見公園さんへ
いつもコメントありがとうございます。

事実をできるだけわかりやすく記すこととともに、自分の考えを交えて伝えることの大事さを改めて感じ
ています。
様々なテーマについてきめ細かくほぼ毎日アップしている先輩議員もおられ、自分にとっても大変参考になっていますし、大事なトレーニングだと思っています。
今後とも忌憚のないご意見いただければ幸いです。
2007/10/07(Sun) 01:01 | URL  | 佐藤まさたか #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。