無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

できたてホヤホヤだというのに、頭痛の種が次々明らかになる西口再開発ビルです。

先日の記事で書いた、朝7時まで動かず、夜7時で止まってしまっていた改札口に向かう上りエスカレーターは、朝5時から夜11時まで動くことになったようで、所管の迅速な対応に感謝…と言いたいところですが、どうしてスタートからそうしなかったのかの方が疑問です。
コスト削減くらいしか私には理由が思い浮かびませんが、どれほどの効果を考えてのことだったのでしょう?
東京都建築指導事務所に認められなかった屋根設置のためには、公道としての価値をアピールする実績が必要なわけで…そのためにはエスカレーターを早々に止めてしまうという選択肢はあり得ないように思います。どうにもチグハグです。

トータルにモノを考えていたのはどこだったのですか?とやはり思います。

尚、エスカレーター下には市として安全確保要員を1名置いていましたが、先週12日いっぱいで地下駐輪場の管理業者(指定管理者)サイカパーキングに管理を任せることにしたようです。現在はエスカレーターの柱に設置した監視カメラ2台が地下駐輪場管理室でモニターされていて、何かあった時に対応することに変更となっています。


ということで、せっかくできあがった素晴しい施設にどうしてダメ出しばかりするのか?と他議員から批判されたりもするのですが、私には今のところそうは思えませんし、過去の議会での説明や答弁と明らかに噛み合わないことがいろいろ出てきたり、当時から疑問や懸念を投げかけて来た事柄も少なくありません。

東京ドームグループを5年間の指定管理者に選定して契約を交わした以上、その間は返上とか売却などというわけにはいかないことは承知していますが、東村山市政史上最大の税金を投入し、後世にも「市債」という荷物を渡すことになっている事業ですので、今は、少しでもまともなものにしていくためのチェックと発信を続けていきたいと思っています。

前置きが長くなりました。

今日は、さてどう考えたらよいものか、ご意見をいただけたらな、と思うことについてです。

それはコチラ。

癒しのカフェ「イルソーレ」


先週土曜日、夜9時過ぎのビル3階・古民家風癒しのカフェ「イルソーレ」です。
お客さんの姿が全くなかったのは、たまたまなのかもしれません。オープン初日の10月1日にはサーバーにビールがなくなるくらいの人出で、1階のコープとうきょうに缶ビールを買いに走ったとも聞きます。持ち込み可ですので。多くが市の職員だったとも聞きましたが、それもまあいいでしょう。



私が行ってみたこの時は、シーンと静まり返って、入っていいやらどうやら…という空気。若い店員さん2人の喋り声だけが聞こえていました。

入口左手には食券販売機が光っています。

ここで食券を買う仕組みらしい

「駅直の市の施設であんな値段で提供されたら、うちらはたまらないよ」とある方に聞いたメニューはこれですね。

生350円、サワー260円…確かに安い…。


う~ん、確かに。

お客として行く分には安いに越したことはありません。

とは思いますが、西口再開発事業は「東村山活性化の起爆剤」であり、この公益施設の趣旨は「駅周辺地域の活性化」「西口地区の賑わいの創出」だと市は一貫して説明してきました。

私は、市がことあるごとに「行政として担うべき業務に集中する」とか、「民間にできることは民間に」とか、「受益者負担の適正化」などと強調してきたこととの整合性はどう説明するの?と思いますが…。

さてさて、あなたならどう考えますか?
スポンサーサイト


追記を閉じる▲

ということで、せっかくできあがった素晴しい施設にどうしてダメ出しばかりするのか?と他議員から批判されたりもするのですが、私には今のところそうは思えませんし、過去の議会での説明や答弁と明らかに噛み合わないことがいろいろ出てきたり、当時から疑問や懸念を投げかけて来た事柄も少なくありません。

東京ドームグループを5年間の指定管理者に選定して契約を交わした以上、その間は返上とか売却などというわけにはいかないことは承知していますが、東村山市政史上最大の税金を投入し、後世にも「市債」という荷物を渡すことになっている事業ですので、今は、少しでもまともなものにしていくためのチェックと発信を続けていきたいと思っています。

前置きが長くなりました。

今日は、さてどう考えたらよいものか、ご意見をいただけたらな、と思うことについてです。

それはコチラ。

癒しのカフェ「イルソーレ」


先週土曜日、夜9時過ぎのビル3階・古民家風癒しのカフェ「イルソーレ」です。
お客さんの姿が全くなかったのは、たまたまなのかもしれません。オープン初日の10月1日にはサーバーにビールがなくなるくらいの人出で、1階のコープとうきょうに缶ビールを買いに走ったとも聞きます。持ち込み可ですので。多くが市の職員だったとも聞きましたが、それもまあいいでしょう。



私が行ってみたこの時は、シーンと静まり返って、入っていいやらどうやら…という空気。若い店員さん2人の喋り声だけが聞こえていました。

入口左手には食券販売機が光っています。

ここで食券を買う仕組みらしい

「駅直の市の施設であんな値段で提供されたら、うちらはたまらないよ」とある方に聞いたメニューはこれですね。

生350円、サワー260円…確かに安い…。


う~ん、確かに。

お客として行く分には安いに越したことはありません。

とは思いますが、西口再開発事業は「東村山活性化の起爆剤」であり、この公益施設の趣旨は「駅周辺地域の活性化」「西口地区の賑わいの創出」だと市は一貫して説明してきました。

私は、市がことあるごとに「行政として担うべき業務に集中する」とか、「民間にできることは民間に」とか、「受益者負担の適正化」などと強調してきたこととの整合性はどう説明するの?と思いますが…。

さてさて、あなたならどう考えますか?
スポンサーサイト

【2009/10/20 23:35】 | まちづくり・都市計画・防災
トラックバック(0) |


富士見公園
私は未だ東村山市駅西口ビル内及び広場にお邪魔してませんので、大きな口は叩けません。
しかし此のブログを読み、又、10月21日朝日新聞25面の「屋根無し階段記事」、駐輪場等など、
私の周りの市民のビルの見学者からは良い話はきいたことがありまっせんね。
25日(日)の市長タウンミーチングがビル内の施設で有るのでついでに、で出かけて見学してみます。

富士見公園さんへ
佐藤まさたか
いつもご覧いただきありがとうございます。

現状では、今さらなくしてしまうことはできないですから、圧倒的な数の市民が使ってくださることが大事だと思っています。
ではあるのですが…あまりにも準備不足、というか、再開発組合と市と事業者が混在となっていることによる無責任体質極まれりというか…。
オープン早々閑古鳥が鳴いているスペースがたくさんあるのに、誰からも責任感、切迫感が伝わってこないのはどうしたものかと思います。

25日は私も会派報告会後にタウンミーティングへお邪魔しようと思っていますので、終わったらガイドとしてビル内のあれこれ、ご案内しますね。施設内の表示が決定的に足りない上に大変不親切で、未だに迷子になりそうなんですけどね…。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
私は未だ東村山市駅西口ビル内及び広場にお邪魔してませんので、大きな口は叩けません。
しかし此のブログを読み、又、10月21日朝日新聞25面の「屋根無し階段記事」、駐輪場等など、
私の周りの市民のビルの見学者からは良い話はきいたことがありまっせんね。
25日(日)の市長タウンミーチングがビル内の施設で有るのでついでに、で出かけて見学してみます。
2009/10/21(Wed) 05:56 | URL  | 富士見公園 #-[ 編集]
富士見公園さんへ
いつもご覧いただきありがとうございます。

現状では、今さらなくしてしまうことはできないですから、圧倒的な数の市民が使ってくださることが大事だと思っています。
ではあるのですが…あまりにも準備不足、というか、再開発組合と市と事業者が混在となっていることによる無責任体質極まれりというか…。
オープン早々閑古鳥が鳴いているスペースがたくさんあるのに、誰からも責任感、切迫感が伝わってこないのはどうしたものかと思います。

25日は私も会派報告会後にタウンミーティングへお邪魔しようと思っていますので、終わったらガイドとしてビル内のあれこれ、ご案内しますね。施設内の表示が決定的に足りない上に大変不親切で、未だに迷子になりそうなんですけどね…。
2009/10/22(Thu) 23:52 | URL  | 佐藤まさたか #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。