無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一昨日の「入札改革フォーラム2007」で、東村山市からはどなたも参加されていなかった、と書きました。
しかし事情をご存知の方が「参加されていたようですよ」と一報くださり、契約課の課長に確認をしました。

フォーラムには契約係長が参加され、今日も自治会館で行われているさらなる研修に出向いているのだそうです。
当日配布された参加市町村一覧の資料から判断して記事にしたのですが、「行政と議員が対立するような話では全くない」と自分で書いておきながら、肝心の所管とコミュニケーションをとらないままに断定的に書いてしまったことを全くもって恥じ入る次第です。
大変申し訳ありませんでした。

時折こういうミスをして、どなたかにいやな思いをさせてしまうことがあります。
十分気をつけ、市民にとっての施策が前へ進むために何ができるのか、という視点を間違えないように心していきたいと思っています。
スポンサーサイト

【2007/10/12 13:34】 | どうなる?市の財政
トラックバック(0) |

No title
富士見公園
他の市町村が入札率改善(下落)されている中。
東村山市だけが入札率、毎年上昇しています。
この状況がどういうことか、解明したいです。
入札要件、環境が、他の市と同じなのに、当市だけが入札率、逆行してるのが不思議です。
市職員が講習会に参加は
入札を真剣に考え出した動きと見ました。
東村山市職員の努力に注目したい。

富士見公園さんへ
佐藤まさたか
いつも的確かつ建設的なコメントをありがとうございます。

私も、平均落札率が徐々に上がっている実態は明らかにおかしいと考えています。
市は部材が高騰したから、と言いますが、ということは都が発行する同じ材料単価表を用いながら、東村山市だけ積算の仕方が違うということになりますが、そんなことってあるんでしょうか?
横須賀市では入札改革に踏み切った途端、平均が95%から85%に落ちたそうです。
しかしその結果として、横須賀市の建設業者が軒並み倒れたという話はありません。

東村山で、小学校の体育館建て替えを手がけた業者が相次いで倒産した(化成小、回田小)ことを、業者の厳しさも理解するべきだという時の引き合いに市側が出すのも、やっぱりおかしな話だと思っています。

落札率が下がると工事の品質が低下することを懸念する声も必ず上がりますが、これも、入札改革に踏み切った自治体では必ず「検査体制の強化」を同時に進めることで解消してきています。
品質を「あらかじめ確かそうな業者を選んで指名する」ことによって確保しようとするより、「一律の条件で一般競争に付し業者を決め、抜き打ち検査を含めて厳しく監視する」ことによって確保しようという考え方です。

先進事例が山ほどあるのに、「できない理由」を並べることはもはや許されないと思っています。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
他の市町村が入札率改善(下落)されている中。
東村山市だけが入札率、毎年上昇しています。
この状況がどういうことか、解明したいです。
入札要件、環境が、他の市と同じなのに、当市だけが入札率、逆行してるのが不思議です。
市職員が講習会に参加は
入札を真剣に考え出した動きと見ました。
東村山市職員の努力に注目したい。
2007/10/15(Mon) 05:15 | URL  | 富士見公園 #-[ 編集]
富士見公園さんへ
いつも的確かつ建設的なコメントをありがとうございます。

私も、平均落札率が徐々に上がっている実態は明らかにおかしいと考えています。
市は部材が高騰したから、と言いますが、ということは都が発行する同じ材料単価表を用いながら、東村山市だけ積算の仕方が違うということになりますが、そんなことってあるんでしょうか?
横須賀市では入札改革に踏み切った途端、平均が95%から85%に落ちたそうです。
しかしその結果として、横須賀市の建設業者が軒並み倒れたという話はありません。

東村山で、小学校の体育館建て替えを手がけた業者が相次いで倒産した(化成小、回田小)ことを、業者の厳しさも理解するべきだという時の引き合いに市側が出すのも、やっぱりおかしな話だと思っています。

落札率が下がると工事の品質が低下することを懸念する声も必ず上がりますが、これも、入札改革に踏み切った自治体では必ず「検査体制の強化」を同時に進めることで解消してきています。
品質を「あらかじめ確かそうな業者を選んで指名する」ことによって確保しようとするより、「一律の条件で一般競争に付し業者を決め、抜き打ち検査を含めて厳しく監視する」ことによって確保しようという考え方です。

先進事例が山ほどあるのに、「できない理由」を並べることはもはや許されないと思っています。
2007/10/19(Fri) 14:16 | URL  | 佐藤まさたか #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。