無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜(15日・月)は今年度2回目の児童育成計画推進部会(以下、児童部会)を傍聴。児童部会は、障害者福祉計画、高齢者在宅計画、地域保健計画とともに、保健福祉協議会を構成する4部会の一つで、各推進部会はこのようなメンバー構成となっています。

熱心な会議の様子は以前にも何度か記しました(コチラコチラ)が、今夜も関係職員も大勢詰める中、まず行政報告事項として、野口町にオープンした子育てひろばが大盛況であること、保育園の保育料を来年度から見直すための諮問が審議会に対して行われたこと、来年度から初めて予定されている認可保育園での13時間保育が当面公立1園だけになりそうなこと、などが報告、質疑された後、「作業部会」の報告へと会議は進みました。

次世代育成支援行動計画(東村山版は「レインボープラン」)作成の時以来、児童部会では年4回の会議のほかに「作業部会」が何度も開かれるようになりました。今年度も完全手弁当の4つの作業部会が精力的に開かれているようで、その地道な取り組みには本当に頭が下がります。

秋津・青葉子育てまつり1
↑秋津・青葉子育てまつり
13日(土)には、男女共同参画推進フォーラム「人生100年 すべての人に居場所と出番を」と題して樋口恵子さん(評論家)のお話がありましたが、そこでも人生100年時代に「男女ともに」「地域で生きる」ことの大切さ、子育てにともに携わることの大切さがウィットに富んだエピソードとともに語られました。
昨日(14日・日)は、市役所前では「あゆみの会(スマイル)」の、野口町健康広場では保育所空飛ぶ三輪車のバザーを開かれ、どちらにもたくさんの子ども・おとなの笑顔がありました。
あゆみの会バザー
↑あゆみの会バザー

↓空飛ぶ三輪車バザー
三輪車バザー2


三輪車バザー1


そして秋水園ふれあいセンターでは、秋津・青葉地区で進む子育て推進ネットワークのイベント「秋津・青葉子育てまつり」が開かれ、大勢の親子で賑わっていました。
秋津・青葉子育てまつり2
秋津・青葉子育てまつり↑

広い道路づくりや駅前再開発が進まないと若い世代が移り住んでこない、と前市長はよく語っていましたが、子育て世代がまちを選ぶとしたらむしろそんな要素ではないでしょう。
小さな子育てサークルが、公民館有料化で活動の場を失っているという声も児童部会の報告にありました。在宅で孤立化する母子へのきめ細かい対応がまだまだ不足していることも提起されていました。
一方で、安心して子どもを産み育てる東村山にしたいと、ここ数年、地道な取り組みが積み重ねられ、少しずつ実を結びつつあるという事実を何より大切にしたいと思います。
顔の見える関係が一番、と今日の児童部会でも発言がありました。官も民もない。大も小もない。立場の違いを理解し乗り越え、地域みんなで手を携えて子どもを育て、親を親に育てていく取り組みが動き始めています。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
13日(土)には、男女共同参画推進フォーラム「人生100年 すべての人に居場所と出番を」と題して樋口恵子さん(評論家)のお話がありましたが、そこでも人生100年時代に「男女ともに」「地域で生きる」ことの大切さ、子育てにともに携わることの大切さがウィットに富んだエピソードとともに語られました。
昨日(14日・日)は、市役所前では「あゆみの会(スマイル)」の、野口町健康広場では保育所空飛ぶ三輪車のバザーを開かれ、どちらにもたくさんの子ども・おとなの笑顔がありました。
あゆみの会バザー
↑あゆみの会バザー

↓空飛ぶ三輪車バザー
三輪車バザー2


三輪車バザー1


そして秋水園ふれあいセンターでは、秋津・青葉地区で進む子育て推進ネットワークのイベント「秋津・青葉子育てまつり」が開かれ、大勢の親子で賑わっていました。
秋津・青葉子育てまつり2
秋津・青葉子育てまつり↑

広い道路づくりや駅前再開発が進まないと若い世代が移り住んでこない、と前市長はよく語っていましたが、子育て世代がまちを選ぶとしたらむしろそんな要素ではないでしょう。
小さな子育てサークルが、公民館有料化で活動の場を失っているという声も児童部会の報告にありました。在宅で孤立化する母子へのきめ細かい対応がまだまだ不足していることも提起されていました。
一方で、安心して子どもを産み育てる東村山にしたいと、ここ数年、地道な取り組みが積み重ねられ、少しずつ実を結びつつあるという事実を何より大切にしたいと思います。
顔の見える関係が一番、と今日の児童部会でも発言がありました。官も民もない。大も小もない。立場の違いを理解し乗り越え、地域みんなで手を携えて子どもを育て、親を親に育てていく取り組みが動き始めています。
スポンサーサイト

【2007/10/15 23:54】 | 子ども&子育て
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。