無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自治基本条例市民参画推進審議会」の市民委員公募が始まっています。



『東村山市の「(仮称)自治基本条例」をみんなで考えるための手続に関する条例』が3月議会初日に可決したことによるもので、「プロセスが最も大事」という市長の考え方に基づくもの、ということになっていますが…現実には、推進役になるはずの足元・自民党会派内を中心に、自治基本条例そのものに対する異論、反発が強いため、議会への十分な配慮、念には念を入れ、という事情だと理解しています。


「策定するかどうか」を含めて議論する審議会の設置は、これまで全国に例がありません。

どうにもまだるっこしい感じは否めませんが、市長が言う「多くの市民にとって関心が高いテーマにはなり得ていない」ということも事実だと思いますので、設置される審議会には自治基本条例制定への機運を高める様々な仕掛けを期待したいと思いますし、幅広い市民の声が生かされるよう、力を尽くしていただきたいと願うところです。

公募委員がわずかに2名という点にも不満は残りますが、ぜひお一人でも多くの方に手を挙げていただきたいと思います。
総合計画策定のワークショップに参加してくださった70名を超える皆さんや、より広範な市民の参画を実現する取り組みも進められることでしょう。


自治基本条例策定に異を唱える議員たちの最大のポイントは、「常設型の住民投票に道を開くかどうか」という点のようですが、これについては改めて取り上げたいと思っています。

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
『東村山市の「(仮称)自治基本条例」をみんなで考えるための手続に関する条例』が3月議会初日に可決したことによるもので、「プロセスが最も大事」という市長の考え方に基づくもの、ということになっていますが…現実には、推進役になるはずの足元・自民党会派内を中心に、自治基本条例そのものに対する異論、反発が強いため、議会への十分な配慮、念には念を入れ、という事情だと理解しています。


「策定するかどうか」を含めて議論する審議会の設置は、これまで全国に例がありません。

どうにもまだるっこしい感じは否めませんが、市長が言う「多くの市民にとって関心が高いテーマにはなり得ていない」ということも事実だと思いますので、設置される審議会には自治基本条例制定への機運を高める様々な仕掛けを期待したいと思いますし、幅広い市民の声が生かされるよう、力を尽くしていただきたいと願うところです。

公募委員がわずかに2名という点にも不満は残りますが、ぜひお一人でも多くの方に手を挙げていただきたいと思います。
総合計画策定のワークショップに参加してくださった70名を超える皆さんや、より広範な市民の参画を実現する取り組みも進められることでしょう。


自治基本条例策定に異を唱える議員たちの最大のポイントは、「常設型の住民投票に道を開くかどうか」という点のようですが、これについては改めて取り上げたいと思っています。

スポンサーサイト

【2010/04/19 21:44】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。