無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3日間の一般質問が終わりました。
議会報告は次の記事に譲って、日曜日(6・日)の報告から書きます。

日曜午後は急遽、「町田市学童保育を考える会」総会が開かれる町田市民文学館に駆けつけました。なぜなら、土曜日の多摩研総会でご一緒した古川和隆さんから、総会前に「町田の子育て支援は何点ですか?」と題したシンポジウムが開かれるとメールをいただいたから。

町田市民文学館

シンポジウム


市議会4会派の議員(藤田学さん斎藤ゆうぜんさん上野たかのりさん池川友一さん)と三多摩学童連協事務局長の妹尾浩也さん(そう、多摩研副理事長です)がパネラーで、考える会の会長さんがコーディネーター。藤田さんとは立川の衆議院選挙応援で一緒に汗を流したご縁。久しぶりにお会いしました。

町田の子育て支援、特に学童保育の課題をみんなで共有するため、と司会者。こういう仕掛けは珍しいのではないでしょうか…。

町田市では50数か所の学童クラブのうち、34か所が指定管理者制度で運営されているとのこと。
現在の課題や、全児童対策事業(放課後子どもクラブ)、この春に東京都が打ち出した「都型学童」等の問題点、保護者同士の横のつながりの大切さ等々、話題は多岐にわたりましたが、お母さんお父さん方は大変熱心に耳を傾けておられました。

質疑でも、厳しい実情を切々と語られるお母さんがいらっしゃったり、指定管理者として実際に運営にあたっている方からの発言があったりと、大変参考になりました。

広くみんなで一緒に学び、情報や課題をしっかり共有し、一緒にがんばる。
保育園や学童の保護者会活動の最大の魅力だと思います。

部外者にもかかわらず快く受けてくださった「考える会」の方々に感謝です。


ということで、今年の「三多摩学童フォーラム」が6月27日(日)12時から、東京学芸大学を会場に開かれます。

三多摩学童フォーラム


全体講演は福田雅章さん(DCIジャパン)による「今、見つめよう!子どもの権利」。
学童クラブに関わっている方、関わってきた方だけでなく、子どもの幸せを願う多くの方の参加をお待ちしています、とのことです。
昨年の様子はコチラからどうぞ。

スポンサーサイト

【2010/06/07 23:55】 | 子ども&子育て
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。