無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2日間、10時間にわたる財政ステップアップ講座(主催:多摩住民自治研究所
地方財政健全化法が施行されることに伴う50年ぶりの地方交付税改革、自治体に課せられる新たなテーマ、そして行財政改革のあるべき手順と方法をめぐってみっちり学習するこの講座には、今回もまた全国から政党・会派の枠を超えて大勢の地方議員や市民の方たち等が参加されていました。(会場:三鷹産業プラザ

財政講座風景


いくつかのポイントを記しておこうと思います。

◇夕張ショックを受けて一気に加速した地方財政健全化の流れですが、「実質赤字比率(実質収支比率)」や「実質公債費比率」「連結赤字比率」「将来負担比率」といった「財政の危険度」を示す指数や指標が重視されていますが、本質的に地方の再生や自治体の再建の道筋を示すものではありません。あくまで判断指標を明確にすることが目的とされています。

とはいえ、「健全化を示す指標を精査、明確化し、監査委員の意見を付して議会に提出し、公表するとともに、都道府県知事に報告を義務付ける」という一定のルールが確立されたことには大きな意味があります。
さらに、今まで実態がオモテに出ることのなかった公営企業や一部事務組合(東村山の場合は、東京たま広域資源循環組合、昭和病院組合、十一市競輪組合、四市競艇組合、多摩六都科学館組合、東京都市町村総合事務組合)の会計や、市が25%以上出資している団体(たとえばシルバー人材センターや勤労者福祉サービスセンター、体育協会等)についても財政状況を明らかにしなければならなくなります。

いわゆる「隠れ借金」と言われるものも包み隠さず出すことが求められるわけです。

20年度から完全実施になるので、現在始まっている20年度予算編成は、そのことを念頭に置かなければならないはずです。

同時に、監査委員の位置づけが極めて重要になりますし、チェック機関としての私たち議員の位置づけも、比較にならないほど重くなるはずなのです。
◇「地方交付税改革」の真のねらいは、三位一体改革の実態と同じく国の財政再建にあって、地方自治体にとっては逆風となりそうです。それだけに、自分たちの自治体の財政の状況、課題を明確に分析し、具体的な数値目標を定めて計画的な行政執行をすることが本当に大切な時代になってきます。

現在の東村山市の長期総合計画には「財政フレーム」が示されていません。武蔵野市や多摩市をはじめとする市では明記されていますし、三鷹市では市民委員の公募に対して375名もの応募があり、全員を採用して計画作りが進められたと聞きます。八王子市でも120名を超える市民が全員採用となって、行政職員と一緒になって取り組まれました。
決して不可能ではない、ということがよくわかります。

◇渡部市政になって半年。来年度は次の10年間の骨格を示す新たな長期総合計画策定の年になります。今までのようにコンサルタント会社にお任せとなれば、体裁は整っても、×△市の×△がどこでも通用してしまうような正体不明の計画になってしまうに違いありません。今までがそうでしたから…。
自治基本条例制定もマニフェストに掲げた渡部市長にとっては、財政の透明化はもちろん、財政分析の位置づけや市民参加のルール化は決して避けては通れない屋台骨の部分になるはずです。

「財政の透明度が高まれば高まるほど、自治体財政のリスクは小さくなる。」大和田先生の一言です。

◇今回も、宿題を山ほど抱えて帰ってきました。あらためて学んだことも踏まえ、12月議会へ、そして来年度以降の長期総合計画づくりが従来よりも格段に進歩・進化したものとなるよう、私自身さらに学習を深め、具体的な提案ができるよう頑張っていきたいと考えています。

講座風景2


◇大和田一紘先生の講座は数回目ですが、いつも極めて具体的な事例に即した話が満載な上、電卓片手の演習が中心なので、どうしてこんなに長い時間勉強していられるのか自分でも不思議に思うほど取り組めるところが最大の魅力です。
同時に、自治体の規模も様々、政党・会派も様々なあちこちの地方の方たちと出会え、それぞれの情報を交換したり刺激を受けあったりできるところも自分にとって大きな財産となっています。
今回も、生活者ネットワークとして初の男性議員・辻浩司越谷市議や、沼津市で1,800億円規模の開発事業に異論を唱えて頑張っておられる山下ふみこ市議らと知り合うことができました。

いろいろな既存の地方議員ネットワークもあるようですが、自分自身の実感を通じて一つ一つ広げていけたらいいなぁ、と思っています。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
◇「地方交付税改革」の真のねらいは、三位一体改革の実態と同じく国の財政再建にあって、地方自治体にとっては逆風となりそうです。それだけに、自分たちの自治体の財政の状況、課題を明確に分析し、具体的な数値目標を定めて計画的な行政執行をすることが本当に大切な時代になってきます。

現在の東村山市の長期総合計画には「財政フレーム」が示されていません。武蔵野市や多摩市をはじめとする市では明記されていますし、三鷹市では市民委員の公募に対して375名もの応募があり、全員を採用して計画作りが進められたと聞きます。八王子市でも120名を超える市民が全員採用となって、行政職員と一緒になって取り組まれました。
決して不可能ではない、ということがよくわかります。

◇渡部市政になって半年。来年度は次の10年間の骨格を示す新たな長期総合計画策定の年になります。今までのようにコンサルタント会社にお任せとなれば、体裁は整っても、×△市の×△がどこでも通用してしまうような正体不明の計画になってしまうに違いありません。今までがそうでしたから…。
自治基本条例制定もマニフェストに掲げた渡部市長にとっては、財政の透明化はもちろん、財政分析の位置づけや市民参加のルール化は決して避けては通れない屋台骨の部分になるはずです。

「財政の透明度が高まれば高まるほど、自治体財政のリスクは小さくなる。」大和田先生の一言です。

◇今回も、宿題を山ほど抱えて帰ってきました。あらためて学んだことも踏まえ、12月議会へ、そして来年度以降の長期総合計画づくりが従来よりも格段に進歩・進化したものとなるよう、私自身さらに学習を深め、具体的な提案ができるよう頑張っていきたいと考えています。

講座風景2


◇大和田一紘先生の講座は数回目ですが、いつも極めて具体的な事例に即した話が満載な上、電卓片手の演習が中心なので、どうしてこんなに長い時間勉強していられるのか自分でも不思議に思うほど取り組めるところが最大の魅力です。
同時に、自治体の規模も様々、政党・会派も様々なあちこちの地方の方たちと出会え、それぞれの情報を交換したり刺激を受けあったりできるところも自分にとって大きな財産となっています。
今回も、生活者ネットワークとして初の男性議員・辻浩司越谷市議や、沼津市で1,800億円規模の開発事業に異論を唱えて頑張っておられる山下ふみこ市議らと知り合うことができました。

いろいろな既存の地方議員ネットワークもあるようですが、自分自身の実感を通じて一つ一つ広げていけたらいいなぁ、と思っています。
スポンサーサイト

【2007/10/29 22:37】 | どうなる?市の財政
トラックバック(0) |

東村山の将来
富士見公園
この文章、最高ですね。東村山市の財政改善。
改善していかねばならぬというポイント表明、
目標が鮮明に出ていると思います。良く整理されています。
私はまだ読んでいないのですが、週刊ダイヤモンド社の発表したと言う、全国1821市町村の財政危機ランキング表。
東村山市は安全度は506位(一位は佐賀県玄海町)に位置するそうです。これをどう読むか。
1821市町村(最下位は北海道 歌志内市。BBは有名な夕張市)の比較の中では、「全国的にはまだ上位で安全なのだ」と読む。これでは困ります。
ブログ、政治レポートで、3名の当市議員が表明しています。東村山市財政は健全だと。
むろん当市は意外と安全度上位(安全)だったんだと言う驚きを含んでいると思いますが、安心は禁物です。
各市によって将来の財政事情、内容はさまざまです。
現実、東村山市はどうなんでしょう。
ムダな投資。財政改善に無頓着、または無責任な行政者、市職員、議員もいるのではなかろうか。
今なら間に合う、改善余力は十分にある。安全度上昇はと可能と考えるようにランキングを見るべきと思います。
安全度ランキング、下降は許されません。
せっかくの新市長、新議員、多数の職員、理解できつつある熱血市民の努力を期待します。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
東村山の将来
この文章、最高ですね。東村山市の財政改善。
改善していかねばならぬというポイント表明、
目標が鮮明に出ていると思います。良く整理されています。
私はまだ読んでいないのですが、週刊ダイヤモンド社の発表したと言う、全国1821市町村の財政危機ランキング表。
東村山市は安全度は506位(一位は佐賀県玄海町)に位置するそうです。これをどう読むか。
1821市町村(最下位は北海道 歌志内市。BBは有名な夕張市)の比較の中では、「全国的にはまだ上位で安全なのだ」と読む。これでは困ります。
ブログ、政治レポートで、3名の当市議員が表明しています。東村山市財政は健全だと。
むろん当市は意外と安全度上位(安全)だったんだと言う驚きを含んでいると思いますが、安心は禁物です。
各市によって将来の財政事情、内容はさまざまです。
現実、東村山市はどうなんでしょう。
ムダな投資。財政改善に無頓着、または無責任な行政者、市職員、議員もいるのではなかろうか。
今なら間に合う、改善余力は十分にある。安全度上昇はと可能と考えるようにランキングを見るべきと思います。
安全度ランキング、下降は許されません。
せっかくの新市長、新議員、多数の職員、理解できつつある熱血市民の努力を期待します。
2007/10/31(Wed) 08:59 | URL  | 富士見公園 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。