無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市のHPにわざわざ「率直なご意見を」という表記を見たのは初めてのように思います。

先ほどアップされた新着情報です。
「屋内プール改修工事」についての率直なご意見をお聞かせください。

この問題は、6月議会の冒頭、市長の所信表明の中で明らかになった話です。

その後、奥谷議員の一般質問に答えて、2億3千万円の内訳を次のように説明しています。

1.建築面 天井のガラスシール部分の改修、プールガラス壁の調整、採暖室の座席と床の改修…5,500万円
2.機械設備面 ろ過装置交換、ポンプ交換、空調改修…1億3,400万円
3.電気設備面 スイッチ類、音響改修…700万
その他を含めて計約2億3,000万円


今回さらに詳しく示された情報を見ると、市は2と3については上記のお金がかかっても改修を行い、1の中の「ガラス張りのプール天井」をどうするか、という点について市民の皆さんから意見をいただきたい、ということのようです。

それにしても、開設から10年程度でどうして?という素朴な疑問を多くの方が持たれるのではないでしょうか。

私も建設当時は議員ではなく詳しいことはわからないのですが、6月議会での説明を聞く限り、建築計画段階の検討が果たして適切だったのかどうか?造った後のことをどれだけ考えていたのか?という点で大いに疑問を感じます。

数年前に初めて利用した際、「なんだか洒落てはいるけれど、ずいぶん金を食うつくりになってるな…」と感じたことを思い出します。
日野で仕事をしていた頃、市の温水プールの監視業務責任者を2年ほど務めたことがありますが、施設は良くも悪くももっと質素な造りになっていました。

天井が高くてガラス張りの東村山のプールは、熱効率は悪いでしょうし、補修するにも足場を全体に組まなければならず、どうしたって金がかかります。
プールサイドやプールの底の素材も少し贅沢にしたのかもしれませんが、結果的に剥がれ落ちた粒子が濾過機やポンプに入り込み、著しい傷みにつながったようです。

身の丈に合わない施設、という印象はぬぐえません。

今回、市は天井の改修方法だけを尋ねているようですが、「2億3,500万円の改修費+高額の維持費」なのか「3億円の改修費+維持費を抑制」なのか、という選択だけでなく、スポーツセンターの運営方法、財政状況などについても広くお知らせし、今後の方針を市民参加で考えるための機会にすべきではないか、と思うのです。

意見募集の締め切りは今月25日。
「パブリックコメントはどこまで政策に反映されるのか?」という別の問題もありますが…、ぜひこの際、「率直なご意見」をお寄せいただければ、と思います。





スポンサーサイト


追記を閉じる▲
その後、奥谷議員の一般質問に答えて、2億3千万円の内訳を次のように説明しています。

1.建築面 天井のガラスシール部分の改修、プールガラス壁の調整、採暖室の座席と床の改修…5,500万円
2.機械設備面 ろ過装置交換、ポンプ交換、空調改修…1億3,400万円
3.電気設備面 スイッチ類、音響改修…700万
その他を含めて計約2億3,000万円


今回さらに詳しく示された情報を見ると、市は2と3については上記のお金がかかっても改修を行い、1の中の「ガラス張りのプール天井」をどうするか、という点について市民の皆さんから意見をいただきたい、ということのようです。

それにしても、開設から10年程度でどうして?という素朴な疑問を多くの方が持たれるのではないでしょうか。

私も建設当時は議員ではなく詳しいことはわからないのですが、6月議会での説明を聞く限り、建築計画段階の検討が果たして適切だったのかどうか?造った後のことをどれだけ考えていたのか?という点で大いに疑問を感じます。

数年前に初めて利用した際、「なんだか洒落てはいるけれど、ずいぶん金を食うつくりになってるな…」と感じたことを思い出します。
日野で仕事をしていた頃、市の温水プールの監視業務責任者を2年ほど務めたことがありますが、施設は良くも悪くももっと質素な造りになっていました。

天井が高くてガラス張りの東村山のプールは、熱効率は悪いでしょうし、補修するにも足場を全体に組まなければならず、どうしたって金がかかります。
プールサイドやプールの底の素材も少し贅沢にしたのかもしれませんが、結果的に剥がれ落ちた粒子が濾過機やポンプに入り込み、著しい傷みにつながったようです。

身の丈に合わない施設、という印象はぬぐえません。

今回、市は天井の改修方法だけを尋ねているようですが、「2億3,500万円の改修費+高額の維持費」なのか「3億円の改修費+維持費を抑制」なのか、という選択だけでなく、スポーツセンターの運営方法、財政状況などについても広くお知らせし、今後の方針を市民参加で考えるための機会にすべきではないか、と思うのです。

意見募集の締め切りは今月25日。
「パブリックコメントはどこまで政策に反映されるのか?」という別の問題もありますが…、ぜひこの際、「率直なご意見」をお寄せいただければ、と思います。





スポンサーサイト

【2010/07/07 17:16】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。