無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分厚い21年度決算関係書類は、9月議会が告示される23日(月)に配られますが、それに先立って決算概要をまとめた「決算カード」が全議員に配布されました。
以前は求めなければ決算書配布まで手に入らなったのですが、決算重視の流れもあり、改善されてきました。

コチラです

左ページ
東村山市21年度決算カード左ページ

右ページ
東村山市21年度決算カード右ページ

主な数値を記しておきます。(カッコ内は昨年度)

財政力指数  0.858(0.875) ※高いほど良。1未満の自治体には国から地方交付税が交付。
実質収支比率 4.5%(2.8%) ※黒字の率。高すぎるのも問題。3~5%が望ましいとされる。
公債費比率  9.6%(10.6%) ※10%以下が健全の目安。
経常収支比率 91.1%(95.8%) ※財政の弾力性を示す。100に近いほど硬直化。
特例債を加えない経常収支比率 98.5%(101.8%) ※かつての算式はこちら。過去との比較からも必要な数値。
地方債現在高 374億1,067万8千円(378億2,355万円) ※一般会計における借金総額。
実質公債費比率 5.0%(6.7%) ※25%以上は危険水域。
将来負担比率 76.8%(104.7%) ※350%以上は危険水域。
実質単年度収支 7億2,629万円(1億6,777万5千円) ※但し、職員退職手当債2億3,900万円を発行。

市税徴収率 93.3%(93.9%)
国民健康保険税徴収率 64.2%(65.4%)




スポンサーサイト

【2010/08/13 07:59】 | どうなる?市の財政
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。