無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日(6日)今日(7日)と、生活文教委員会の行政視察として広島市と岡山市へ出向きました。
広島市では商店街活性化事業の実例としての「タカノ橋商店街」、岡山市では文科省がすすめるコミュニティスクールの実践例「地域協働学校」について、学んできました。

まず、広島市がすすめる商業振興施策。
市は、オーソドックスな商店街に対する補助事業や、中小企業センターを通じての経営支援事業、女性・シニア創業支援事業などを進める一方で、今回視察した「商店街活性化プラン支援事業」は、NPO、学生、地域団体などが商店街と協働して空き店舗などを活用して行う事業に対して費用の半額を補助する、というもの。
タカノ橋商店街 子ども達

実際、タカノ橋商店街のケースでは、隣接する女性会館で活動する女性たちが立ち上げたNPO「たかのばしWE」という団体が主体となって、①まち歩きマップの作成②放置自転車の整理③タウンモビリティの導入(カートや車椅子、ベビーカーなどの無料貸し出し)に向けた社会実験 などを通じて、地域住民と商店街をつなごうというものでした。

この日はちょうど、地元の小学校2年生が生活科の授業の一環として、特売セールの販売体験にチャレンジしていました。
現場には子どもたちのお母さんたち、そして地域の方たちも詰めかけ、なかなかの賑わい。そろいの法被を着て威勢のいい掛け声が響いていました。

とはいえ、振興組合の方のお話から伝わってくるのは、いずこも変わらぬ商店街の大変厳しい現状。郊外型の大型店舗に客足を奪われ苦戦する姿は全国共通です。
それでも振興組合の方たちからは、打って出る意志を感じました。

東村山の場合もここ1年だけでも大型店が増え、商圏はどんどん変わりつつあります。商店街として機能しているところが殆どなくなってしまっている中、果たしてどんな知恵が絞れるのでしょうか…。

今週末は第46回 市民産業まつり
商工会も青年会議所とともに新たな仕掛けとして「どんこい祭」を開催するとのこと。
大型店にはない個性をどれだけ売り出せるのか…。個々のお店の意欲が何よりの原動力のはず。
当日の空模様も気になりますが、イベントの成功を祈りたいと思います。

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
実際、タカノ橋商店街のケースでは、隣接する女性会館で活動する女性たちが立ち上げたNPO「たかのばしWE」という団体が主体となって、①まち歩きマップの作成②放置自転車の整理③タウンモビリティの導入(カートや車椅子、ベビーカーなどの無料貸し出し)に向けた社会実験 などを通じて、地域住民と商店街をつなごうというものでした。

この日はちょうど、地元の小学校2年生が生活科の授業の一環として、特売セールの販売体験にチャレンジしていました。
現場には子どもたちのお母さんたち、そして地域の方たちも詰めかけ、なかなかの賑わい。そろいの法被を着て威勢のいい掛け声が響いていました。

とはいえ、振興組合の方のお話から伝わってくるのは、いずこも変わらぬ商店街の大変厳しい現状。郊外型の大型店舗に客足を奪われ苦戦する姿は全国共通です。
それでも振興組合の方たちからは、打って出る意志を感じました。

東村山の場合もここ1年だけでも大型店が増え、商圏はどんどん変わりつつあります。商店街として機能しているところが殆どなくなってしまっている中、果たしてどんな知恵が絞れるのでしょうか…。

今週末は第46回 市民産業まつり
商工会も青年会議所とともに新たな仕掛けとして「どんこい祭」を開催するとのこと。
大型店にはない個性をどれだけ売り出せるのか…。個々のお店の意欲が何よりの原動力のはず。
当日の空模様も気になりますが、イベントの成功を祈りたいと思います。

スポンサーサイト

【2007/11/06 23:55】 | 子ども&子育て
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。