無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口にしても仕方ないと思いつつ…この暑さ、いつまで続くのでしょう…。

昨日は朝6時から東村山駅西口に立ち、ニュース38号を配りながら9月議会開催をお知らせしました。
「久しぶりに見かけるわね」と声をかけられました。すみません、本当に久しぶりでした。

その後10時から代表者会議に出席し、初日に向けていくつかの確認。2時半からは公共交通を考える会を傍聴しましたが、コミュニティバスが抱える課題が共有され、事業者の本音や利用者の率直な声も聞け、今後に向けて大事な場になると感じます。

今日の午前中は、多摩住民自治研究所にお邪魔し、秋に予定する学習会の企画や、都政を考えるシンポジウム等について意見交換をしてきました。

明日、明後日は、「自治に議会は必要か」をテーマとした「市民と議会の条例づくり交流会議2010(第10回)(於・法政大学市ヶ谷キャンパス)」に参加してきます。
私は第2分科会「自治体運営と議会」に参加予定で、「総合計画と議会」「議会による政策評価と予算づくり」について学習してきますが、大変楽しみにしています。

日曜日はお昼前で市ヶ谷を後にして、午後から第二保育園の民営化対策委員会の皆さんと、同園の民営化をめぐる請願の紹介議員を引き受けた会派(共産党と私たちの会派)で顔を合わせ、請願についての話し合いを持つことになっています。
請願の願意についての理解を関係者間で正確に共有し、少しでもよい方向へ事態が進むよう、会派として力を尽くしたいと思っています。






スポンサーサイト

【2010/08/27 15:39】 | 未分類
トラックバック(0) |


第二保護者
対策委員、共産党の方々と話し合いがあるのですね。
お忙しい中、貴重なお時間を頂き誠にありがとうございます。
残暑厳しき折柄、健康に留意してお過ごしください。
今後も子どものため、そして、よりよい東村山市のため何卒よろしくお願い申し上げます。

第二保護者さま
佐藤まさたか
ありがとうございます。

民営化自体の根本的な是非について、様々な立場、様々な議論があることは当然ですし、来春の市長選、市議選でそのことを正面から問うこともまた、自由。大いにアリだと思っています。

ただ、今回の請願については、「民営化自体の反対運動ではない」「市のこれまでの進め方に問題があるので、いったんそれ以前の段階に戻してほしい」「どうして民営化自体の是非を第二の保護者だけが背負わされるのか?それはもっと他の大きなテーブルで(市民に広く投げかけてから、とか、利用者の集まりである保護連としっかり話し合ってからとか)やってほしい」とする説明をいただき、会派として十分に共感、理解するので紹介議員とならせていただいた、という経過があります。
しかし、共産党の皆さんは、「民営化の未来永劫にわたる反対」と捉えていらっしゃいます。

この違いを違いとして抱えたまま請願審査を迎えることは無責任だと考え、対策委員会の方に、一堂に会して理解を共有する場をつくってくださるようお願いをしました。

まずは事実経過を正確に共有し、今後に向けてどうすることが保護者の皆さんの思いに沿っているのか…。
丁寧に、粘り強く話し合ってみたいと思っています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
対策委員、共産党の方々と話し合いがあるのですね。
お忙しい中、貴重なお時間を頂き誠にありがとうございます。
残暑厳しき折柄、健康に留意してお過ごしください。
今後も子どものため、そして、よりよい東村山市のため何卒よろしくお願い申し上げます。
2010/08/27(Fri) 17:02 | URL  | 第二保護者 #-[ 編集]
第二保護者さま
ありがとうございます。

民営化自体の根本的な是非について、様々な立場、様々な議論があることは当然ですし、来春の市長選、市議選でそのことを正面から問うこともまた、自由。大いにアリだと思っています。

ただ、今回の請願については、「民営化自体の反対運動ではない」「市のこれまでの進め方に問題があるので、いったんそれ以前の段階に戻してほしい」「どうして民営化自体の是非を第二の保護者だけが背負わされるのか?それはもっと他の大きなテーブルで(市民に広く投げかけてから、とか、利用者の集まりである保護連としっかり話し合ってからとか)やってほしい」とする説明をいただき、会派として十分に共感、理解するので紹介議員とならせていただいた、という経過があります。
しかし、共産党の皆さんは、「民営化の未来永劫にわたる反対」と捉えていらっしゃいます。

この違いを違いとして抱えたまま請願審査を迎えることは無責任だと考え、対策委員会の方に、一堂に会して理解を共有する場をつくってくださるようお願いをしました。

まずは事実経過を正確に共有し、今後に向けてどうすることが保護者の皆さんの思いに沿っているのか…。
丁寧に、粘り強く話し合ってみたいと思っています。
2010/08/28(Sat) 08:51 | URL  | 佐藤まさたか #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。