無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはようございます。9日の朝です。
ツイッターではつぶやけても、ブログ記事が完成しなくてやや気が重い今日この頃。
昨夜も一般質問の報告を書いていたのに、気がつけばフローリングで朝4時。窓からの冷たい風に目が覚めました。
寝るときは寝る、でなきゃいかんですね。
それにしても、9月らしい空気には感激すら覚えます。

さて、一昨日で3日間の一般質問が終了。
私はラストバッターでしたが、問いたいと考えていたことの半分程度しか届かず、またも反省しきりです。
ただ、あまり予定した原稿を気にせず、率直に向き合えるようになれてきたことで、市長や部長たちが何を考え、どんな思いで答弁しているのかを感じるようになってきました。

一般質問は、委員会と違って市長、副市長、教育長と各部のトップだけが出席します。
あまり事細かなことをちまちまと聞くのではなく、考え方、理念、思いをしっかりと確認する。
そのためには、予定原稿なしの再質問以降でどれだけ自分の言葉で語れるかが、議員も執行者側も問われていると改めて感じているところです。

昨日は、来週から始まる決算委員会の質疑通告締め切りでした。
会派3人でよくよく話し合い、昼前に提出しました。

今日は10時から環境建設委員会委員長席で市長、資源循環部、都市環境部と向き合います。

議案は次の6本。


議案34号「東村山市が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響調査結果の縦覧等の手続に関する条例」
議案35号「東村山市廃棄物の処理及び再利用の促進に関する条例の一部を改正する条例」
議案37号「東村山市道路線(久米川町4丁目地内)の廃止」
議案38号「東村山市道路線(久米川町4丁目地内)の認定」
議案39号「東村山市道路線(秋津町4丁目地内)の認定」
議案40号「東村山市道路線(青葉町1丁目地内)の認定」


このうち34号は、市が計画するリサイクルセンター建設にあたって、法の定めにより、周辺の生活環境調査結果の縦覧プロセスを新たに決めるものです。手続きの中身とともに、この条例化後の考え方などをめぐって議論になりそうです。
35号は、持ちこみゴミの計量単位を現行の1kgから10kgに変更したい、とする点が主。10kg単位しか計測できない大型の秤だけなのに、条例で1kgと定めていた経過等が問題になるのではないでしょうか。
道路議案4件のうち、37と38は、久米川町にあったゴルフ練習場北側の地域、39号は秋水園西側に造成された住宅地内、40号は青葉町のスーパー隣地の宅地造成地内の道について審議します。

同時間に、政策総務委員会も開かれ、議案33号「東村山市長期継続契約を締結することができる契約に関する条例の一部を改正する条例」や、公契約条例に関する請願2件(21請願10号)(21請願11号)が審議・審査されます。

また明日10時からの厚生委員会では、22請願第1号「東村山市における各種認可外保育利用者への助成金拡充に関する請願」22請願第2号「発達障害の早期発見につながる5歳児健診とその後の発達相談体制の整備について求める請願」22請願第3号「第二保育園の民営化撤回を求める請願」の審査が行われます。

第1号については、委員会として今回で結論を出す予定と伝え聞いています。
また第3号は今回初めて審査されます。
第2号も含め、請願者の切実な思いを正面から正確に受け止めて前向きな議論をしてほしい、と厚生委員会に席を持たない私たちの会派は願っています。

そして来週月曜日は10時から「リサイクルセンター計画に関する調査特別委員会」に出席。
こちらは議会の意思として設置した特別委員会ですので、議員同士の議論によって、一定の時期までに議会として良識ある方向性を示すことが必須だと考えています。




 
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
今日は10時から環境建設委員会委員長席で市長、資源循環部、都市環境部と向き合います。

議案は次の6本。


議案34号「東村山市が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響調査結果の縦覧等の手続に関する条例」
議案35号「東村山市廃棄物の処理及び再利用の促進に関する条例の一部を改正する条例」
議案37号「東村山市道路線(久米川町4丁目地内)の廃止」
議案38号「東村山市道路線(久米川町4丁目地内)の認定」
議案39号「東村山市道路線(秋津町4丁目地内)の認定」
議案40号「東村山市道路線(青葉町1丁目地内)の認定」


このうち34号は、市が計画するリサイクルセンター建設にあたって、法の定めにより、周辺の生活環境調査結果の縦覧プロセスを新たに決めるものです。手続きの中身とともに、この条例化後の考え方などをめぐって議論になりそうです。
35号は、持ちこみゴミの計量単位を現行の1kgから10kgに変更したい、とする点が主。10kg単位しか計測できない大型の秤だけなのに、条例で1kgと定めていた経過等が問題になるのではないでしょうか。
道路議案4件のうち、37と38は、久米川町にあったゴルフ練習場北側の地域、39号は秋水園西側に造成された住宅地内、40号は青葉町のスーパー隣地の宅地造成地内の道について審議します。

同時間に、政策総務委員会も開かれ、議案33号「東村山市長期継続契約を締結することができる契約に関する条例の一部を改正する条例」や、公契約条例に関する請願2件(21請願10号)(21請願11号)が審議・審査されます。

また明日10時からの厚生委員会では、22請願第1号「東村山市における各種認可外保育利用者への助成金拡充に関する請願」22請願第2号「発達障害の早期発見につながる5歳児健診とその後の発達相談体制の整備について求める請願」22請願第3号「第二保育園の民営化撤回を求める請願」の審査が行われます。

第1号については、委員会として今回で結論を出す予定と伝え聞いています。
また第3号は今回初めて審査されます。
第2号も含め、請願者の切実な思いを正面から正確に受け止めて前向きな議論をしてほしい、と厚生委員会に席を持たない私たちの会派は願っています。

そして来週月曜日は10時から「リサイクルセンター計画に関する調査特別委員会」に出席。
こちらは議会の意思として設置した特別委員会ですので、議員同士の議論によって、一定の時期までに議会として良識ある方向性を示すことが必須だと考えています。




 
スポンサーサイト

【2010/09/09 08:20】 | 議会報告
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。