無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の厚生委員会。

発達障害の早期発見につながる5歳児健診とその後の発達相談体制の整備について求める請願」は、朝木直子議員(草の根)だけが反対し、それ以外の委員の賛成で採択となりました。

その際、9月議会最終日に議会規則を変更したので、初の起立採決で行われました。
採決方法の変更は川上議長が実現に意欲を見せておられた件ですが、誰からもわかりやすくてよいと思います。
このルール変更と、ネット配信を目的とした映像録画が同時に12月議会から始まりますので、今後は全議員の賛否結果が議会だよりに掲載されることとなります。

全体像をしっかり描いての議会改革はこれからですが、できるところから変える、一つのケースとなりました。

ところで、この採決にあたっての討論の中で、熊木敏己議員(自民党)が何とも解せないことを口にされたのが気になって仕方ありません。


従来、自民党会派は、新たな財政支出を伴う請願には慎重に対応することになっていた、しかし重要なことなので前向きに検討すべきであり、賛成したい、という趣旨のことをおっしゃったと思います。ここまでは理解できたのです。
ところが、その財源について触れた次の発言に本気で首を傾げました。

議会がインターネット中継に予算をかけることになっているけれど、個人的にはそういうお金をそちら(健診)にかければいいのではと思う。

ん?何を言っているのでしょうか?
議会の可視化を目的としたネット配信については、これまで議会内で何年かかけて議論を積み上げ、熊木さんの会派の代表も入った代表者会議や議運で丁寧に集約をしてきました。
そして、ライブ中継を実現している議会が主流になってきている中ですが、東村山市議会としては財政面を考慮して当面は録画配信とした上で、12月議会初日からいよいよスタートすることになっています。
同時に、Ustreamなどの予算の要らない方法も具体に提案し、どうやってさらに小さな予算でも目的を達成できるか、議論してきているじゃないですか?

熊木さんは、冒頭の「起立採決」についても、その結果を議会報に掲載することについて、議会報編集委員会で難色を示していたと聞いています。
熊木さんは良識あるお方だと今でも思っているので、なおさら後ろ向きの発言の趣旨が知りたいところです。

直接伺ってまたご報告したいと思います。


そういえば、同じ会派の北久保眞道議員も、「議会基本条例の制定を求める請願」の審査をしていた議会運営委員会の中で、

東村山市も独自の議会基本条例を丁寧につくっていただきたいと思います。

と、他人事のような発言をして、「あなたはつくる立場だよ!」と傍聴席から顰蹙を買っていたことを思い出します。

可視化や市民参加を軸とした議会基本条例にも、渡部市長が検討をしている自治基本条例にも難色(難癖?)をつけているとかねてから耳にする人たちは、いったいどういう方向に東村山市、東村山市議会を持って行きたいと思っているのでしょう?

前の市長や副市長が、後継者である現市長に対抗する別の市長候補擁立を画策しているという話も、とうに街に広まっています。
何をどうしたいのでしょう?

市長がかわって、市民参加・協働、情報開示・共有化が進められる中、既得権だか特権だか知りませんが、過去の東村山市では有難がられたそういうものが、殆ど力を発揮できなくなってきているのは事実なのでしょう。
時計の針を反対に回したい人たちは、その旗にどんなテーマを大書きして登場されるのでしょうか?

ある意味、本当に楽しみです。

さらにこの動きに、草の根の矢野・朝木議員が秋波を送っているような発言を議会で重ねている、というのは多くの議員共通の認識。
摩訶不思議?魑魅魍魎?

さてさて、どうなることでしょう…。

続報は適宜お伝えします。

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
従来、自民党会派は、新たな財政支出を伴う請願には慎重に対応することになっていた、しかし重要なことなので前向きに検討すべきであり、賛成したい、という趣旨のことをおっしゃったと思います。ここまでは理解できたのです。
ところが、その財源について触れた次の発言に本気で首を傾げました。

議会がインターネット中継に予算をかけることになっているけれど、個人的にはそういうお金をそちら(健診)にかければいいのではと思う。

ん?何を言っているのでしょうか?
議会の可視化を目的としたネット配信については、これまで議会内で何年かかけて議論を積み上げ、熊木さんの会派の代表も入った代表者会議や議運で丁寧に集約をしてきました。
そして、ライブ中継を実現している議会が主流になってきている中ですが、東村山市議会としては財政面を考慮して当面は録画配信とした上で、12月議会初日からいよいよスタートすることになっています。
同時に、Ustreamなどの予算の要らない方法も具体に提案し、どうやってさらに小さな予算でも目的を達成できるか、議論してきているじゃないですか?

熊木さんは、冒頭の「起立採決」についても、その結果を議会報に掲載することについて、議会報編集委員会で難色を示していたと聞いています。
熊木さんは良識あるお方だと今でも思っているので、なおさら後ろ向きの発言の趣旨が知りたいところです。

直接伺ってまたご報告したいと思います。


そういえば、同じ会派の北久保眞道議員も、「議会基本条例の制定を求める請願」の審査をしていた議会運営委員会の中で、

東村山市も独自の議会基本条例を丁寧につくっていただきたいと思います。

と、他人事のような発言をして、「あなたはつくる立場だよ!」と傍聴席から顰蹙を買っていたことを思い出します。

可視化や市民参加を軸とした議会基本条例にも、渡部市長が検討をしている自治基本条例にも難色(難癖?)をつけているとかねてから耳にする人たちは、いったいどういう方向に東村山市、東村山市議会を持って行きたいと思っているのでしょう?

前の市長や副市長が、後継者である現市長に対抗する別の市長候補擁立を画策しているという話も、とうに街に広まっています。
何をどうしたいのでしょう?

市長がかわって、市民参加・協働、情報開示・共有化が進められる中、既得権だか特権だか知りませんが、過去の東村山市では有難がられたそういうものが、殆ど力を発揮できなくなってきているのは事実なのでしょう。
時計の針を反対に回したい人たちは、その旗にどんなテーマを大書きして登場されるのでしょうか?

ある意味、本当に楽しみです。

さらにこの動きに、草の根の矢野・朝木議員が秋波を送っているような発言を議会で重ねている、というのは多くの議員共通の認識。
摩訶不思議?魑魅魍魎?

さてさて、どうなることでしょう…。

続報は適宜お伝えします。

スポンサーサイト

【2010/11/09 19:37】 | 変えよう!議会
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。