無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改選後初めての議会となる5月臨時議会が昨日1日間の会期で開かれましたので、自分のメモの範囲でご報告します。

9時20分に4つの交渉会派の代表…肥沼(自民)島田(公明)福田(共産)佐藤(変わろう!議会・東村山)による会議開催。一日の流れを確認。

10時に全議員が本会議場へ。議長が決まっていないので榎本議会事務局長の進行で、議員の自己紹介、渡部市長挨拶と理事者紹介、金子副市長による課長職以上の全管理職紹介、議会事務局10名の紹介を順次。
傍聴席には7~8名ほどの方がいらっしゃっていました。

渡部市長は「議会と首長が、節度と度緊張感をもって切磋琢磨することが、そのまちの自治力を高めることになる。議会には心して望んでまいる所存」と発言。
さらに3月議会以後の震災対応報告として「3月28日に避難者相談室を開設。4月28日以降、職員を被災地に順次派遣している。市民の皆さまからいただいた義捐金は約1,800万円を超えた。現在、都営住宅9戸を含めて60名近い方が市内で生活しておられる」と。また「秋水園(ゴミ処理施設)の敷地内で土壌汚染が確認された件で、調査報告書がまとまったので、生活影響調査書とともに全議員に配布させていただく。6月中には縦覧に付す」。

10時半。年長議員である保延議員(共産)が仮議長として登壇。
まず、保延仮議長による仮議席の指定が行われ、姫野議会事務局次長補佐が一人一人名前を呼ぶ。
1番・熊木敏己議員、2番・奥谷浩一議員、3番・佐藤真和議員、4番・大塚恵美子議員…と呼ばれた順に返事をして起立、一礼。5番・朝木議員は返事のみ。6番・矢野議員は返事も私には聞こえず。
※約一週間後に公開されるインターネット録画配信では、上記の保延仮議長登壇から放映されます。

続いて議長選挙に。
立会人に北久保議員(自民)と伊藤議員(公明)を指名。矢野・朝木議員以外の賛成で承認。
議会事務局職員により投票用紙配布。
南部議会事務局次長による投票箱の点検。8年前に初めて目にした時「マジックショーのようだな…」と思ったことを思い出しました。この点検作業は全ての選挙前に必ず行われるので、余計印象的。でも必要な作業です。
投票。一人ひとり点呼に応じて登壇して投票箱へ。
ここで議長が「念のために申し上げます。投票総数が出席議員数より少ない時は棄権とみなし、多い時は、超過分が選挙結果に影響を及ぼさなければ…及ぼす場合は…」と。多い時って、どんな時なんだろう?といつも思います。

開票作業が行われ、以下のように保延仮議長が報告。
「投票総数25票。有効投票25票。無効投票0票。有効投票中、熊木敏己議員(自民)18票、福田かづこ(共産)議員4票、矢野穂積(草)議員2票、肥沼茂男(自民)議員1票。以上であります。よって熊木敏己議員が議長に当選されました」。
議場内からは「おお?」「ん?」「自分で書いたのか?」等という声が聞こえましたが、肥沼さんがそんなことをされることは考えられないし、かえって迷惑な話だろうな、と思いながら私は座っていました。

議長に選出された熊木さんは次のような就任挨拶(骨子)をされました。
「2期目であり、満足に務められるかどうか緊張しており、責任の重さを痛感している。
先輩方が培ってこられたよき伝統を継承するとともに、しかし、しばられることなく新しい発想でやっていきたい。温故創新でいきたい。
議会改革、市民に開かれた議会、ルールづくり等を、ともに学びながら、しっかりとした基礎を培い、ゴールが見えるように進めていきたい。皆さまの温かいご協力とご指導をいただきたい」

ともに学びながら、ゴールが見えるように、という議会改革へのメッセージ。率直な言葉として受け止めました。

ここで保延さんに代わり熊木さんが議長席につき、追加議事日程が配布されました。
臨時議会を今日一日とする会期の決定を諮り、矢野・朝木議員以外の賛成多数で可決。
続いて副議長選挙に入りました。

開票結果は、島田久仁議員(公明)19票、保延務議員(共産)4票、朝木直子議員(草)2票
島田さんが副議長と決まり、次のような挨拶をされました。
責任の重さを考えると、大変緊張している。誠心誠意、熊木議長を支えて頑張りたい。3.11の大震災直後の選挙で選ばれた私たちなので、市民の方々が一票に込めた思いをしっかり受け止めて、安全安心、活力ある東村山を目指したい。
熊木議長も述べておられたが、時代の要請に応える議会へ、着実な歩みを進めてまいる所存
」。

続いて、議長による常任委員会委員の指名が行われ、いったん休憩。委員会室へ移ってそれぞれの委員長、副委員長選挙の互選を行いました。
各委員会のメンバーは次の通りです。(◎は委員長、○は副委員長)

【政策総務委員会】 ◎駒崎(公明) ○肥沼(自民) 島田(公明)保延(共産) 矢野(草) 赤羽(みんなの党)
【厚生委員会】 ◎大塚(変わろう!議会) ○福田(共産) 土方(自民) 三浦(自民) 村山(公明) 島崎(市民自治)
【環境建設委員会】 ◎山口(共産) ○伊藤(公明) 奥谷(変わろう!議会) 小町(自民) 蜂屋(自民) 朝木(草)
【生活文教委員会】 ◎北久保(自民)○石橋光明(公明) 石橋博(自民) 小松(公明) 山崎(共産) 佐藤(変わろう!議会)

【議会運営委員会】◎肥沼 ○駒崎 北久保 石橋博 石橋光明 小松 保延 福田 佐藤


私は、常任委員会は2度目の生活文教委員会に所属が決まりました。
市民部、教育部が所管となります。防災計画、学校教育、施設耐震化、社会教育等々、スピードアップして取り組むべき課題がたくさんありますので、2年間、各種審議会等の傍聴にも積極的に出向き、頑張りたいと思っています。
北久保委員長は「初めての委員会。皆さまの意見を尊重してやっていきたい」、石橋光明副委員長は「微力だが、委員長ともども委員会の運営にあたり、活発な議論を交わしていきたい」と就任挨拶で述べました。

また、会派「変わろう!議会・東村山」の代表として議会運営委員会の委員にもなりましたが、前の議長・副議長・議運委員長のもと進めてきた議会改革の歩みを、新しい議長・副議長が就任挨拶が継承していくことを明言されましたので、「どんどん議論する議会」実現のため、意を強くして積極的に関わっていくつもりです。

この後、一部事務組合の5つの選挙がおこなわれました。結果は以下の通りです。

【昭和病院組合】石橋光明13票 北久保9票 矢野2票 島崎1票 ⇒ 石橋・北久保が選出。

【十一市競輪組合】肥沼9票 島田7票 白票3票 棄権6票

【四市競艇組合】肥沼9票 島田7票 白票3票 棄権6票

【たま広域資源循環組合】肥沼22票 朝木2票 島崎1票

【多摩六都科学館組合】奥谷12票 山崎10票 矢野2票 島崎1票



以上、人事が全て決まったのが午後2時過ぎ。
この後、議会運営委員協議会を開催し、時間制限等の協議を行いました。
長くなりましたので、この続きは次の記事にしようと思います。

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
まず、保延仮議長による仮議席の指定が行われ、姫野議会事務局次長補佐が一人一人名前を呼ぶ。
1番・熊木敏己議員、2番・奥谷浩一議員、3番・佐藤真和議員、4番・大塚恵美子議員…と呼ばれた順に返事をして起立、一礼。5番・朝木議員は返事のみ。6番・矢野議員は返事も私には聞こえず。
※約一週間後に公開されるインターネット録画配信では、上記の保延仮議長登壇から放映されます。

続いて議長選挙に。
立会人に北久保議員(自民)と伊藤議員(公明)を指名。矢野・朝木議員以外の賛成で承認。
議会事務局職員により投票用紙配布。
南部議会事務局次長による投票箱の点検。8年前に初めて目にした時「マジックショーのようだな…」と思ったことを思い出しました。この点検作業は全ての選挙前に必ず行われるので、余計印象的。でも必要な作業です。
投票。一人ひとり点呼に応じて登壇して投票箱へ。
ここで議長が「念のために申し上げます。投票総数が出席議員数より少ない時は棄権とみなし、多い時は、超過分が選挙結果に影響を及ぼさなければ…及ぼす場合は…」と。多い時って、どんな時なんだろう?といつも思います。

開票作業が行われ、以下のように保延仮議長が報告。
「投票総数25票。有効投票25票。無効投票0票。有効投票中、熊木敏己議員(自民)18票、福田かづこ(共産)議員4票、矢野穂積(草)議員2票、肥沼茂男(自民)議員1票。以上であります。よって熊木敏己議員が議長に当選されました」。
議場内からは「おお?」「ん?」「自分で書いたのか?」等という声が聞こえましたが、肥沼さんがそんなことをされることは考えられないし、かえって迷惑な話だろうな、と思いながら私は座っていました。

議長に選出された熊木さんは次のような就任挨拶(骨子)をされました。
「2期目であり、満足に務められるかどうか緊張しており、責任の重さを痛感している。
先輩方が培ってこられたよき伝統を継承するとともに、しかし、しばられることなく新しい発想でやっていきたい。温故創新でいきたい。
議会改革、市民に開かれた議会、ルールづくり等を、ともに学びながら、しっかりとした基礎を培い、ゴールが見えるように進めていきたい。皆さまの温かいご協力とご指導をいただきたい」

ともに学びながら、ゴールが見えるように、という議会改革へのメッセージ。率直な言葉として受け止めました。

ここで保延さんに代わり熊木さんが議長席につき、追加議事日程が配布されました。
臨時議会を今日一日とする会期の決定を諮り、矢野・朝木議員以外の賛成多数で可決。
続いて副議長選挙に入りました。

開票結果は、島田久仁議員(公明)19票、保延務議員(共産)4票、朝木直子議員(草)2票
島田さんが副議長と決まり、次のような挨拶をされました。
責任の重さを考えると、大変緊張している。誠心誠意、熊木議長を支えて頑張りたい。3.11の大震災直後の選挙で選ばれた私たちなので、市民の方々が一票に込めた思いをしっかり受け止めて、安全安心、活力ある東村山を目指したい。
熊木議長も述べておられたが、時代の要請に応える議会へ、着実な歩みを進めてまいる所存
」。

続いて、議長による常任委員会委員の指名が行われ、いったん休憩。委員会室へ移ってそれぞれの委員長、副委員長選挙の互選を行いました。
各委員会のメンバーは次の通りです。(◎は委員長、○は副委員長)

【政策総務委員会】 ◎駒崎(公明) ○肥沼(自民) 島田(公明)保延(共産) 矢野(草) 赤羽(みんなの党)
【厚生委員会】 ◎大塚(変わろう!議会) ○福田(共産) 土方(自民) 三浦(自民) 村山(公明) 島崎(市民自治)
【環境建設委員会】 ◎山口(共産) ○伊藤(公明) 奥谷(変わろう!議会) 小町(自民) 蜂屋(自民) 朝木(草)
【生活文教委員会】 ◎北久保(自民)○石橋光明(公明) 石橋博(自民) 小松(公明) 山崎(共産) 佐藤(変わろう!議会)

【議会運営委員会】◎肥沼 ○駒崎 北久保 石橋博 石橋光明 小松 保延 福田 佐藤


私は、常任委員会は2度目の生活文教委員会に所属が決まりました。
市民部、教育部が所管となります。防災計画、学校教育、施設耐震化、社会教育等々、スピードアップして取り組むべき課題がたくさんありますので、2年間、各種審議会等の傍聴にも積極的に出向き、頑張りたいと思っています。
北久保委員長は「初めての委員会。皆さまの意見を尊重してやっていきたい」、石橋光明副委員長は「微力だが、委員長ともども委員会の運営にあたり、活発な議論を交わしていきたい」と就任挨拶で述べました。

また、会派「変わろう!議会・東村山」の代表として議会運営委員会の委員にもなりましたが、前の議長・副議長・議運委員長のもと進めてきた議会改革の歩みを、新しい議長・副議長が就任挨拶が継承していくことを明言されましたので、「どんどん議論する議会」実現のため、意を強くして積極的に関わっていくつもりです。

この後、一部事務組合の5つの選挙がおこなわれました。結果は以下の通りです。

【昭和病院組合】石橋光明13票 北久保9票 矢野2票 島崎1票 ⇒ 石橋・北久保が選出。

【十一市競輪組合】肥沼9票 島田7票 白票3票 棄権6票

【四市競艇組合】肥沼9票 島田7票 白票3票 棄権6票

【たま広域資源循環組合】肥沼22票 朝木2票 島崎1票

【多摩六都科学館組合】奥谷12票 山崎10票 矢野2票 島崎1票



以上、人事が全て決まったのが午後2時過ぎ。
この後、議会運営委員協議会を開催し、時間制限等の協議を行いました。
長くなりましたので、この続きは次の記事にしようと思います。

スポンサーサイト

【2011/05/19 11:29】 | 議会報告
トラックバック(0) |

メールと臨時議会報告を拝見して
田中誠
民主と生活者ネットとの三人会派を組めて良かったですね。
佐藤さんの頑張りが、よく伝わってきています。東村山市議会を一回も膨張した事がなく、東村山市議会の内部事情はよくわかりませんが、いろいろな課題で苦労されているようですね。
先日の多摩市での議長・副議長選挙は、公開でした。立候補者の力量を少しばかり垣間見ることができましたが、事前に決まっていたようでした。
又のお便りを拝見します。

田中誠さま
佐藤まさたか
コメントありがとうございました。
お返事が遅くなって申し訳ありません。

多摩市議会の議長選挙の様子、東村山からも出向いた方があり、教えてくださいました。
所信表明が素晴らしかった方が議長になったわけでもないとのことですが、市民の皆さんの前で見える形で訴えることは大事ですよね。
東村山市議会では今回は実現しませんでしたけれど、2年後にはぜひ、と新議長に伝え、議長も前向きに受け止めてくれました。
6月議会最終日には、議会改革に関する特別委員会を設けられそうな感じです。少数会派も入れる形で議論を深めていけたらと考えています。
またそちらにも学びに行かせてください。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
メールと臨時議会報告を拝見して
民主と生活者ネットとの三人会派を組めて良かったですね。
佐藤さんの頑張りが、よく伝わってきています。東村山市議会を一回も膨張した事がなく、東村山市議会の内部事情はよくわかりませんが、いろいろな課題で苦労されているようですね。
先日の多摩市での議長・副議長選挙は、公開でした。立候補者の力量を少しばかり垣間見ることができましたが、事前に決まっていたようでした。
又のお便りを拝見します。
2011/05/20(Fri) 14:08 | URL  | 田中誠 #-[ 編集]
田中誠さま
コメントありがとうございました。
お返事が遅くなって申し訳ありません。

多摩市議会の議長選挙の様子、東村山からも出向いた方があり、教えてくださいました。
所信表明が素晴らしかった方が議長になったわけでもないとのことですが、市民の皆さんの前で見える形で訴えることは大事ですよね。
東村山市議会では今回は実現しませんでしたけれど、2年後にはぜひ、と新議長に伝え、議長も前向きに受け止めてくれました。
6月議会最終日には、議会改革に関する特別委員会を設けられそうな感じです。少数会派も入れる形で議論を深めていけたらと考えています。
またそちらにも学びに行かせてください。
2011/06/10(Fri) 16:16 | URL  | 佐藤まさたか #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。