無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の生活文教委員会について概略をご報告します。

9時開会で初日に委員会付託された議案審議と、継続審査となっていた3件の請願審査を順次行い、午後3時頃に終了しました。

昨日の記事でお伝えしたように、議案は以下の4件でした。
35号「市税条例の一部改正」
39号「白州山の家条例の一部改正」
40号「スポーツ振興審議会条例の一部改正」
41号「スポーツセンター条例の一部改正」



市税条例は、通常国会で改正された国の地方税法を受けたもので、趣旨が理解でき、今年度の市の課税業務や市民生活に直接的な影響はほとんどないという中身であったため、質疑後、石橋博(自民)、石橋光明(公明)、小松賢(公明)、山崎秋雄(共産)、佐藤の全委員賛成で可決。

続く白州山の家については、21年度から5月から9月だけの開設としていたものを、4月と10月も追加したいという中身でした。
結果としては山崎委員だけが反対を表明し、残る委員の賛成で可決なりました。
が、私としては、3年前に条例改正をして開設期間を短縮した際の議論などまるでなかったかのように「市民サービス向上のために期間延長する」などと平然と答弁していることに憤りを感じました。
実は3年前、「桜の季節と紅葉の季節までクローズするべきではない」という声がけっこうあり、委員会審議でも議論になったのです。にも関わらず期間萎縮を行ったのです。

今回、議案には反対はしませんでしたが、経過を正直に説明した上で、反省すべき点はきちんと反省すべきであるし、教育行政と行革というものは相容れない側面が強いものなのだから、効率性に対する教育所管としての理念や論点をしっかり持ってほしい、と申し上げました。

その場その場で言いぬけるような姿勢が多いのは改めてもらわないと困ります。

スポーツ振興審議会条例の改正は、国の「スポーツ振興法」が50年ぶりに全面改正されて「スポーツ基本法」となったことを受けてのものでした。
いろいろ質疑はさせてもらいましたが、東村山市、市民によるスポーツ振興の積み重ねには敬意を表しつつ、(社)東村山市体育協会と加盟団体だけがスポーツ団体ではないので、広い視野で市全体を見渡して施策を進めるように求めました。
全員一致で可決です。

スポーツセンター条例の一部改正は、来年度から同センター(リニューアルオープンする温水プールを含む)を指定管理者制度へ移行するというもので、この議案が最終日の本会議で可決成立すれば、10月中に事業者募集を行って11月に選考、12月議会に議決議案を提出予定とのことでした。

東村山市には健康課が所管している東村山駅西口ビル内にある健康増進施設「サンパルネ」もあるわけで、両施設の位置づけ、連携、スポーツ医科学室の大いなる活用等を質疑とともに提案させてもらいました。

山崎委員以外の賛成で可決となりました。

取り急ぎご報告でした。
請願についてはいろいろ報告したいので、続きを改めて書きます。

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
市税条例は、通常国会で改正された国の地方税法を受けたもので、趣旨が理解でき、今年度の市の課税業務や市民生活に直接的な影響はほとんどないという中身であったため、質疑後、石橋博(自民)、石橋光明(公明)、小松賢(公明)、山崎秋雄(共産)、佐藤の全委員賛成で可決。

続く白州山の家については、21年度から5月から9月だけの開設としていたものを、4月と10月も追加したいという中身でした。
結果としては山崎委員だけが反対を表明し、残る委員の賛成で可決なりました。
が、私としては、3年前に条例改正をして開設期間を短縮した際の議論などまるでなかったかのように「市民サービス向上のために期間延長する」などと平然と答弁していることに憤りを感じました。
実は3年前、「桜の季節と紅葉の季節までクローズするべきではない」という声がけっこうあり、委員会審議でも議論になったのです。にも関わらず期間萎縮を行ったのです。

今回、議案には反対はしませんでしたが、経過を正直に説明した上で、反省すべき点はきちんと反省すべきであるし、教育行政と行革というものは相容れない側面が強いものなのだから、効率性に対する教育所管としての理念や論点をしっかり持ってほしい、と申し上げました。

その場その場で言いぬけるような姿勢が多いのは改めてもらわないと困ります。

スポーツ振興審議会条例の改正は、国の「スポーツ振興法」が50年ぶりに全面改正されて「スポーツ基本法」となったことを受けてのものでした。
いろいろ質疑はさせてもらいましたが、東村山市、市民によるスポーツ振興の積み重ねには敬意を表しつつ、(社)東村山市体育協会と加盟団体だけがスポーツ団体ではないので、広い視野で市全体を見渡して施策を進めるように求めました。
全員一致で可決です。

スポーツセンター条例の一部改正は、来年度から同センター(リニューアルオープンする温水プールを含む)を指定管理者制度へ移行するというもので、この議案が最終日の本会議で可決成立すれば、10月中に事業者募集を行って11月に選考、12月議会に議決議案を提出予定とのことでした。

東村山市には健康課が所管している東村山駅西口ビル内にある健康増進施設「サンパルネ」もあるわけで、両施設の位置づけ、連携、スポーツ医科学室の大いなる活用等を質疑とともに提案させてもらいました。

山崎委員以外の賛成で可決となりました。

取り急ぎご報告でした。
請願についてはいろいろ報告したいので、続きを改めて書きます。

スポンサーサイト

【2011/09/08 20:19】 | 変えよう!議会
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。