無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨夜までの雨が上がって好天に恵まれた産業まつりどんこい祭は例年以上の人出で大賑わい。明日もお天気はよさそうなので何より。
また今日と明日は多摩市議会で議会報告会が開かれているので、私は明日の会に学びに出向くつもりです。

さて、学習会「どうする!?コミバス」です。
コミバスとはコミュニティバスの略称で、各自治体で生活の足として整備をしてきた公共交通路線のことです。
コミバス学習会チラシ

これは、NPO法人多摩住民自治研究所の地方議会研究会として年に1度開催している「市民と議員の学習会」の本年度版で、私もメンバーの一人として企画・準備を進めてきました。
今度の火曜日(15日)午後1時半から、会場は国分寺労政会館です。

前半は、「コミバスは生活バス」という冊子を出された「こだいら市民提言の会」の方、多摩市の交通担当課長さん、そして西武バス(株)の担当課長さんのお三方にそれぞれ30分程度の報告をしていただき、後半は質疑、意見交換を予定しています。

先日、西武バス(株)の関根課長さんを所沢の本社まで訪ねて打ち合わせをさせていただきました。
「コミバスはどの自治体でも立ち上げから10年前後を経過し、今後の展開に対して様々な課題を抱えています。どこまで話ができるかわからないけれど、タイムリーな企画だと思います」とおっしゃっていただきました。
10数市の事業を受託されている立場から見えるコミバスの状況、課題が伺えることと期待しています。
また、こだいら市民提言の会の方にも以前お会いして、冊子発刊の経過や市民が考える路線充実の提案などを伺いました。市民目線での提言、楽しみです。
さらに、自治体の担当課長さんがこういう形で直接に報告をしてくださることも今まであまり聞いたことがありません。多摩市は2つの路線を持っておられますが、どんなお話が伺えるのでしょう。

同じコミバスでも、自治体によって経過や背景事情が異なるために一概な比較はできないとは思います。
それでも、「次の一手」へ何かヒントを得て、それぞれが持ち帰っていただけるような場にできたらと思っています。
参加費は一般の方が500円、議員は1,000円。
こだいらの冊子を含め、資料を用意してお待ちしています。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
これは、NPO法人多摩住民自治研究所の地方議会研究会として年に1度開催している「市民と議員の学習会」の本年度版で、私もメンバーの一人として企画・準備を進めてきました。
今度の火曜日(15日)午後1時半から、会場は国分寺労政会館です。

前半は、「コミバスは生活バス」という冊子を出された「こだいら市民提言の会」の方、多摩市の交通担当課長さん、そして西武バス(株)の担当課長さんのお三方にそれぞれ30分程度の報告をしていただき、後半は質疑、意見交換を予定しています。

先日、西武バス(株)の関根課長さんを所沢の本社まで訪ねて打ち合わせをさせていただきました。
「コミバスはどの自治体でも立ち上げから10年前後を経過し、今後の展開に対して様々な課題を抱えています。どこまで話ができるかわからないけれど、タイムリーな企画だと思います」とおっしゃっていただきました。
10数市の事業を受託されている立場から見えるコミバスの状況、課題が伺えることと期待しています。
また、こだいら市民提言の会の方にも以前お会いして、冊子発刊の経過や市民が考える路線充実の提案などを伺いました。市民目線での提言、楽しみです。
さらに、自治体の担当課長さんがこういう形で直接に報告をしてくださることも今まであまり聞いたことがありません。多摩市は2つの路線を持っておられますが、どんなお話が伺えるのでしょう。

同じコミバスでも、自治体によって経過や背景事情が異なるために一概な比較はできないとは思います。
それでも、「次の一手」へ何かヒントを得て、それぞれが持ち帰っていただけるような場にできたらと思っています。
参加費は一般の方が500円、議員は1,000円。
こだいらの冊子を含め、資料を用意してお待ちしています。
スポンサーサイト

【2011/11/12 23:00】 | コミュニティバス
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。