無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日と今日は4つの常任委員会(政策総務、環境建設、厚生、生活文教)が1日2つずつ開かれました。

政策総務委員会での「電子ロッカー」廃止については昨日の記事としましたので、それ以外のご報告をいくつかさせていただきます。

まず環境建設。こちらは私は傍聴できていませんが、道路認定と廃止議案について予想外にもめたようです。

「久米川町2丁目49-42先」の市道を廃止する議案は、いわゆる赤道(あかみち)について、隣接地権者からの希望により売却するという件だったのですが、現場は既に舗装され駐車スペースとして使われていることが各委員の調査で判明。順番としておかしくないか?ということだったようです。
赤道(あかみち・里道とも言う)とは昔の農道だったところが多く、公図上で赤く塗ることとなっていたのでこの名があり、長く国の所有だったものが平成16年度末をもって市町村へ移譲されました。そのため、いつの間にか田畑になっていたり建物が道の上に建っていたりすることも少なくなく、移譲された市としては管理が追い付いていない現状があるようです。

次に、同じく環境建設でのコミュニティバス拡充とリサイクルセンター関係の請願は、それぞれ継続審査となったようです。
私たちの会派からは奥谷浩一議員が委員となっていますが、いずれの請願も結論を出すべきと主張するも、継続を望む声が多かったとのことです。
また、リサイクルセンター関係については、1月半ばに市からの建設見積もりが出されるので、1月30日に次回の委員会を開いて議論することとなったそうです。

続いて、今日の生活文教委員会では、「東村山市立小・中学校東の全教室にエアコン設置を求める請願」について結論を出しました。
結果は、自民党は「9月議会最終日でエアコン設置を可能とする補正予算を可決。しかし特別教室まで含んだ全教室という願いには無理がある。熱中症対策も、学習内容によって普通教室で行う工夫もできるし、予防の指針に沿って対応しているので、全教室へという請願は不採択とせざるを得ない」と石橋博委員が討論。
公明党も、「既に普通教室への設置は実施へ動き出しており、願意は満たされている。全教室にという願いは、財政的にも難しい話」と小松賢委員が討論。
共産党は従来の主張通りに採択を主張。
最後に私は「そもそも、国の動向を受けて市長が設置見通しの厳しさを重ねて表明したことで出された請願。8月には市長に設置を要請したという会派もあったのに、なぜか9月議会では採決を見送った。あの段階で採択を図るべきでありながら議会側の事情で結論を引き延ばしたもので、採択をすべき。こんなやり方はもう今回限りとしましょう」と申し上げました。
結果は2:3で不採択となりました。
とはいえ、繰り返しになりますが、今年と来年の2年間で市内小中学校の普通教室にはエアコンが設置されます。

生活文教委員会には、行政側から計13点(市民部6、教育部7)の報告事項がありました。
まずは市民部所管の事項から。

1)基幹システムの稼働について
市のホストコンピューターは平成元年に導入されて拡張を重ねてきましたが、老朽化とシステム改修に限界があり、全て入れ替えることに。24年2月20日の新システム稼働へ向けて準備中。
契約方法だけ確認したところ、3社プロポの結果、日立システムに決定したとのこと。結果としてこれまでの業者と同じです。

2)男女共同参画基本計画の基本的な考え方(中間まとめ)について
今年6月30日に市長から審議会へ諮問。会議、DV勉強会、分科会等を重ね、11月21日に答申。
12月5日から16日までの期間でパブリックコメント(市民からの意見募集)をしています。意見箱は、本庁舎、各公民館、ふるさと歴史館、西口行政窓口等々に設置。市HPからでも、ご意見箱からでも、任意の用紙ででも構いません。ぜひご意見を、とのこと。

3)要援護者支援全体計画(素案)について
こちらも、12月5日から16日までの間、パブリックコメントを募集しています。震災時に特別な支援が必要な方々への対応をまとめていく作業。関係書類は各公共施設に置かれていますし、市HPからもご覧いただけます

4)歳末警戒・出初式について
消防団による年末の特別警戒が、今年も今月25日から31までの午前8時から深夜0時まで連日行われます。
消防団の皆さんは本業を持っておられるので、年末は大変なお忙しさのはず。そんな中、防火のための特別警戒活動を進めてくださるわけです。頭が下がります。
以前、ある団の団長さんから「消防車で警戒の夜回りをしていたら、うるさいと110番されたことがある」と伺ったことがあり、本当に悲しくなりました。
ここのところ市内では放火が続き、一昨日は秋津で全焼火災も発生しています。
大過なく新年が迎えられることを祈るばかりです。

消防出初式は1月10日(火曜)10時から12時。東村山駅東口ロータリーです。
いつも近隣の保育園児たちが先生に連れられてやってきて、今か今かと一斉放水を待っているのですが、前半1時間ほどは来賓あいさつや団員の表彰などがメイン。見て楽しいのは11時をかなり回ってからになりますので、いざという時には寒さで帰ってしまう姿が毎年見られます。
先日の北多摩地区の操法大会で第3位に輝いた第4分団の模範演技も予定されているようなので、お子さん連れの方は11時をひとつのメドに来ていただけるとよいのではないか、と思います。

5)協働連続講座について
市民協働課が担当する連続講座。
明日が2回目で、事例発表とグループワークを予定しているとのこと。定員50名に対して30数名の申し込みがあるようです。当日参加も大勢でなければ大丈夫そうです。

6)自治会フォーラムについて
3年目を迎える企画。来年2月26日(日)に、被災地・陸前高田市の自治会長をお迎えし、地域のつながりを考える場としたいとのこと。1月15日号の市報でお知らせする予定。

続いて教育部所管の報告。

1)学校保健会30周年式典と講演会の報告…12月3日に中央公民館ホールで開催。200名が参加。

2)いのちとこころの教育週間(各校の取り組み、公開講座等)について一覧はこちらでご覧いただけます。

3)青少年健全育成大会の報告…11月19日に中央公民館ホールで開催。527名が参加。

4)中学生クイズ大会の報告…11月26日に東村山高校体育館で開催。66チーム198名が参加。

5)成人の日のつどい…1月9日に明法高校講堂で開催予定。対象者は1,576名。

6)市民の集いの開催…2月5日に中央公民館ホールで開催予定。青少年健全育成や人権教育の年間総まとめの場。学校PR大作戦や講演会を予定。

7)ヤングレスティバルの開催…2月12日に中央公民館ホールで開催予定。多摩六都の事業として今回で5回目。


前期、委員長を務めていた頃の環境建設委員会では、こういう細かな事項の報告が全くされないことが多く、所管の震源循環部長とは事前によくやり合ったものでした。そういう意味で今日のような丁寧な報告がされることは大事なことだと思っています。

また、これらの報告に対して、毎週のように土日にイベントを担っているご苦労には敬意を申し上げつつ、ひと言付け加えさせてもらわらずにはいられませんでした。
それは、どれも「清く明るく元気な子」の話ばかりだったからです。
こういう活動はもちろん大事だと思います。周りから評価され、自信をつけて子どもたちは伸びていくのですから。
でも、こんな場は「全然かんけーねー」と思っている子たち、大人たちの怠慢や矛盾のツケを負う形でどんどんドロップアウトしていく子たち、声を上げようにもそんな気力さえ失っている子たち…。そういう子どもたちへの目であり、手こそ、今一番必要なのではないか。東村山の教育行政、それを担う大人たちは、大人から見た「善い子」ばかりに目を向けてはいないか…。
実際には丁寧にやってくださっていることもあるので、全部を否定しているわけではありません。
でも、先日の一般質問で中学校給食の現実を取り上げた際の答弁などを聞いていても、とっても気になったので、少し意見を述べさせていただきました。


ところで、東村山市議会では、慣例により4年間の任期の折り返しで議長、副議長をはじめ、委員会所属なども変わります。
私は平成15年の初当選直後が政策総務、その後は環境建設、生活文教、環境建設と移り、現在はまた生活文教委員会所属。3年前までは議論に参加できず、あてがわれたところに所属してきましたので、結果として自分自身の社会経験からは最も近いと思っていた厚生委員会には縁がないまま今を迎えています。

今後、議会改革の議論の中で、地方自治法改正によって可能となった複数委員会への所属制度や、1日1委員会方式への変更もぜひ土俵に上げて進めていけたらと思っています。
現在のような同時開催では、自分が所属していない委員会での議論もしっかり傍聴してつかまなくてはならないのに、2委員会同時開催をしている現状では物理的に不可能な場合が多々あります。
傍聴に来られる方のことを考えても、同時開催は不親切であり、また、議会改革を進める中で、少しでも早く改めていけたらと思っています。

尚、地方自治法上は議長任期は4年なので、2年経つと辞表を提出して、改めて議長選挙を行うという形をとります。他の議会、特に地方都市の議会では、まだまだ1年任期も多いようで、これは名誉職としての議長という考え方が残っているためと思われますが、議会改革が進む中では最低2年間は在職してしっかり仕事をする、という方向が広がっているようです。

やらねばならんことがたくさんあります。

最後に、今日の厚生委員会では、国民健康保険税と認可保育園保育料の見直し(主に引き上げ)が、共産党以外の賛成多数で可決されたことだけを取り急ぎご報告します。

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
「久米川町2丁目49-42先」の市道を廃止する議案は、いわゆる赤道(あかみち)について、隣接地権者からの希望により売却するという件だったのですが、現場は既に舗装され駐車スペースとして使われていることが各委員の調査で判明。順番としておかしくないか?ということだったようです。
赤道(あかみち・里道とも言う)とは昔の農道だったところが多く、公図上で赤く塗ることとなっていたのでこの名があり、長く国の所有だったものが平成16年度末をもって市町村へ移譲されました。そのため、いつの間にか田畑になっていたり建物が道の上に建っていたりすることも少なくなく、移譲された市としては管理が追い付いていない現状があるようです。

次に、同じく環境建設でのコミュニティバス拡充とリサイクルセンター関係の請願は、それぞれ継続審査となったようです。
私たちの会派からは奥谷浩一議員が委員となっていますが、いずれの請願も結論を出すべきと主張するも、継続を望む声が多かったとのことです。
また、リサイクルセンター関係については、1月半ばに市からの建設見積もりが出されるので、1月30日に次回の委員会を開いて議論することとなったそうです。

続いて、今日の生活文教委員会では、「東村山市立小・中学校東の全教室にエアコン設置を求める請願」について結論を出しました。
結果は、自民党は「9月議会最終日でエアコン設置を可能とする補正予算を可決。しかし特別教室まで含んだ全教室という願いには無理がある。熱中症対策も、学習内容によって普通教室で行う工夫もできるし、予防の指針に沿って対応しているので、全教室へという請願は不採択とせざるを得ない」と石橋博委員が討論。
公明党も、「既に普通教室への設置は実施へ動き出しており、願意は満たされている。全教室にという願いは、財政的にも難しい話」と小松賢委員が討論。
共産党は従来の主張通りに採択を主張。
最後に私は「そもそも、国の動向を受けて市長が設置見通しの厳しさを重ねて表明したことで出された請願。8月には市長に設置を要請したという会派もあったのに、なぜか9月議会では採決を見送った。あの段階で採択を図るべきでありながら議会側の事情で結論を引き延ばしたもので、採択をすべき。こんなやり方はもう今回限りとしましょう」と申し上げました。
結果は2:3で不採択となりました。
とはいえ、繰り返しになりますが、今年と来年の2年間で市内小中学校の普通教室にはエアコンが設置されます。

生活文教委員会には、行政側から計13点(市民部6、教育部7)の報告事項がありました。
まずは市民部所管の事項から。

1)基幹システムの稼働について
市のホストコンピューターは平成元年に導入されて拡張を重ねてきましたが、老朽化とシステム改修に限界があり、全て入れ替えることに。24年2月20日の新システム稼働へ向けて準備中。
契約方法だけ確認したところ、3社プロポの結果、日立システムに決定したとのこと。結果としてこれまでの業者と同じです。

2)男女共同参画基本計画の基本的な考え方(中間まとめ)について
今年6月30日に市長から審議会へ諮問。会議、DV勉強会、分科会等を重ね、11月21日に答申。
12月5日から16日までの期間でパブリックコメント(市民からの意見募集)をしています。意見箱は、本庁舎、各公民館、ふるさと歴史館、西口行政窓口等々に設置。市HPからでも、ご意見箱からでも、任意の用紙ででも構いません。ぜひご意見を、とのこと。

3)要援護者支援全体計画(素案)について
こちらも、12月5日から16日までの間、パブリックコメントを募集しています。震災時に特別な支援が必要な方々への対応をまとめていく作業。関係書類は各公共施設に置かれていますし、市HPからもご覧いただけます

4)歳末警戒・出初式について
消防団による年末の特別警戒が、今年も今月25日から31までの午前8時から深夜0時まで連日行われます。
消防団の皆さんは本業を持っておられるので、年末は大変なお忙しさのはず。そんな中、防火のための特別警戒活動を進めてくださるわけです。頭が下がります。
以前、ある団の団長さんから「消防車で警戒の夜回りをしていたら、うるさいと110番されたことがある」と伺ったことがあり、本当に悲しくなりました。
ここのところ市内では放火が続き、一昨日は秋津で全焼火災も発生しています。
大過なく新年が迎えられることを祈るばかりです。

消防出初式は1月10日(火曜)10時から12時。東村山駅東口ロータリーです。
いつも近隣の保育園児たちが先生に連れられてやってきて、今か今かと一斉放水を待っているのですが、前半1時間ほどは来賓あいさつや団員の表彰などがメイン。見て楽しいのは11時をかなり回ってからになりますので、いざという時には寒さで帰ってしまう姿が毎年見られます。
先日の北多摩地区の操法大会で第3位に輝いた第4分団の模範演技も予定されているようなので、お子さん連れの方は11時をひとつのメドに来ていただけるとよいのではないか、と思います。

5)協働連続講座について
市民協働課が担当する連続講座。
明日が2回目で、事例発表とグループワークを予定しているとのこと。定員50名に対して30数名の申し込みがあるようです。当日参加も大勢でなければ大丈夫そうです。

6)自治会フォーラムについて
3年目を迎える企画。来年2月26日(日)に、被災地・陸前高田市の自治会長をお迎えし、地域のつながりを考える場としたいとのこと。1月15日号の市報でお知らせする予定。

続いて教育部所管の報告。

1)学校保健会30周年式典と講演会の報告…12月3日に中央公民館ホールで開催。200名が参加。

2)いのちとこころの教育週間(各校の取り組み、公開講座等)について一覧はこちらでご覧いただけます。

3)青少年健全育成大会の報告…11月19日に中央公民館ホールで開催。527名が参加。

4)中学生クイズ大会の報告…11月26日に東村山高校体育館で開催。66チーム198名が参加。

5)成人の日のつどい…1月9日に明法高校講堂で開催予定。対象者は1,576名。

6)市民の集いの開催…2月5日に中央公民館ホールで開催予定。青少年健全育成や人権教育の年間総まとめの場。学校PR大作戦や講演会を予定。

7)ヤングレスティバルの開催…2月12日に中央公民館ホールで開催予定。多摩六都の事業として今回で5回目。


前期、委員長を務めていた頃の環境建設委員会では、こういう細かな事項の報告が全くされないことが多く、所管の震源循環部長とは事前によくやり合ったものでした。そういう意味で今日のような丁寧な報告がされることは大事なことだと思っています。

また、これらの報告に対して、毎週のように土日にイベントを担っているご苦労には敬意を申し上げつつ、ひと言付け加えさせてもらわらずにはいられませんでした。
それは、どれも「清く明るく元気な子」の話ばかりだったからです。
こういう活動はもちろん大事だと思います。周りから評価され、自信をつけて子どもたちは伸びていくのですから。
でも、こんな場は「全然かんけーねー」と思っている子たち、大人たちの怠慢や矛盾のツケを負う形でどんどんドロップアウトしていく子たち、声を上げようにもそんな気力さえ失っている子たち…。そういう子どもたちへの目であり、手こそ、今一番必要なのではないか。東村山の教育行政、それを担う大人たちは、大人から見た「善い子」ばかりに目を向けてはいないか…。
実際には丁寧にやってくださっていることもあるので、全部を否定しているわけではありません。
でも、先日の一般質問で中学校給食の現実を取り上げた際の答弁などを聞いていても、とっても気になったので、少し意見を述べさせていただきました。


ところで、東村山市議会では、慣例により4年間の任期の折り返しで議長、副議長をはじめ、委員会所属なども変わります。
私は平成15年の初当選直後が政策総務、その後は環境建設、生活文教、環境建設と移り、現在はまた生活文教委員会所属。3年前までは議論に参加できず、あてがわれたところに所属してきましたので、結果として自分自身の社会経験からは最も近いと思っていた厚生委員会には縁がないまま今を迎えています。

今後、議会改革の議論の中で、地方自治法改正によって可能となった複数委員会への所属制度や、1日1委員会方式への変更もぜひ土俵に上げて進めていけたらと思っています。
現在のような同時開催では、自分が所属していない委員会での議論もしっかり傍聴してつかまなくてはならないのに、2委員会同時開催をしている現状では物理的に不可能な場合が多々あります。
傍聴に来られる方のことを考えても、同時開催は不親切であり、また、議会改革を進める中で、少しでも早く改めていけたらと思っています。

尚、地方自治法上は議長任期は4年なので、2年経つと辞表を提出して、改めて議長選挙を行うという形をとります。他の議会、特に地方都市の議会では、まだまだ1年任期も多いようで、これは名誉職としての議長という考え方が残っているためと思われますが、議会改革が進む中では最低2年間は在職してしっかり仕事をする、という方向が広がっているようです。

やらねばならんことがたくさんあります。

最後に、今日の厚生委員会では、国民健康保険税と認可保育園保育料の見直し(主に引き上げ)が、共産党以外の賛成多数で可決されたことだけを取り急ぎご報告します。

スポンサーサイト

【2011/12/09 18:07】 | 議会報告
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。