無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末は久しぶりに娘たちと予定が合ったので、友人家族が待つ石打丸山と、20代30代の頃に仕事の関係でずっとお世話になった五日町へ、スキーに出かけてきました。

s111230_154700.jpg

s111231_102949.jpg

日野社会教育センター「冬の自然学園」参加者や学生スタッフとして、また後年は職員として、足かけ25年間にわたってお世話になった五日町。私の原点のような場所を約10年ぶりに訪ねると、民宿の方たちもスキー場の方たちも、昨日まで会っていたような笑顔で迎えてくださいました。
長引く不況や度重なる自然災害、暖冬が多く雪不足が常態化している中(今年は稀にみる豪雪でしたが)、生き残りは本当に大変な様子でしたが、一生懸命生きておられる姿に胸を打たれました。
存続が危ぶまれていた五日町スキー場は、NPO法人「南魚いつかまち」として再スタートを切っておられました。
若い頃から育ててもらった五日町。できる応援はしたい。そう思いながら帰って来ました。


さて、言い尽くせぬ悲しみと苦しみに覆われた2011年から、2012年へ。
暦は替わりましたが、晴れやかなメッセージを発する気持ちにはなかなかなれないというのが正直なところです。

私自身は今年5月を迎えると、この世界に足を踏み入れて10年目に入ります。
10年と言えば、つまらぬ言い訳はもう効きません。

自分は何ができたのか。
自分という存在が加わったことで、東村山市議会は、何が、どう変わったのか。
この街に暮らす人たちのために、どんなプラスがあったのか。

たくさんの方たちと出会い、全く知らなかったことに触れ、学ぶ機会にも恵まれ、私自身には両手で抱えきれないほどのプラスがあったことは間違いありません。
だからこそ、自分は何を成し得たのか、誰の、どんな力になれてきたのだろうか?
そして、自分を取り巻くあらゆる状況を踏まえた上で、何を目的に、何を変えるために、何をつくるために議会人として生きるのか。

役所、職員、議会、議員等々…相手に変わることを求めるのであれば、自分自身もまた更新を怠らず、変わり続けることが前提なわけで。

こんな私をこれまで支えてくださった方たちの力に、思いに、改めて深く感謝するとともに、このままではダメだし、相当頑張り直さないとならない、というかなり重めの気持ちでのスタートとなりました。

新年最初の記事はもっと元気で明るい話を、とも思いましたが、今の思いを率直に書いてみました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
さて、言い尽くせぬ悲しみと苦しみに覆われた2011年から、2012年へ。
暦は替わりましたが、晴れやかなメッセージを発する気持ちにはなかなかなれないというのが正直なところです。

私自身は今年5月を迎えると、この世界に足を踏み入れて10年目に入ります。
10年と言えば、つまらぬ言い訳はもう効きません。

自分は何ができたのか。
自分という存在が加わったことで、東村山市議会は、何が、どう変わったのか。
この街に暮らす人たちのために、どんなプラスがあったのか。

たくさんの方たちと出会い、全く知らなかったことに触れ、学ぶ機会にも恵まれ、私自身には両手で抱えきれないほどのプラスがあったことは間違いありません。
だからこそ、自分は何を成し得たのか、誰の、どんな力になれてきたのだろうか?
そして、自分を取り巻くあらゆる状況を踏まえた上で、何を目的に、何を変えるために、何をつくるために議会人として生きるのか。

役所、職員、議会、議員等々…相手に変わることを求めるのであれば、自分自身もまた更新を怠らず、変わり続けることが前提なわけで。

こんな私をこれまで支えてくださった方たちの力に、思いに、改めて深く感謝するとともに、このままではダメだし、相当頑張り直さないとならない、というかなり重めの気持ちでのスタートとなりました。

新年最初の記事はもっと元気で明るい話を、とも思いましたが、今の思いを率直に書いてみました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

【2012/01/03 21:57】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。