無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CIMG2892-1.jpg


今日昼過ぎ、西口再開発100mビル工事現場の近くの方から一本の電話が入りました。

Aさん)月曜日の真夜中に煌々と明かりをつけてビル工事をしていたのですが、どういうことなんでしょうか?
佐藤)何時ころのことですか?道路じゃなくてビルですか?そんなことはあり得ない話だと思いますけど…。
Aさん)ビル現場です。12時、いや1時を過ぎていたかもしれません。なんだか音がするから出てみたら、作業員も大勢いました。

電話を切って北庁舎へ移った再開発担当へ向かいました。
佐藤)夜間工事のこと、聞いてらっしゃいますか?
課長)変更した道路の部分のことですよね…。
佐藤)ビルです。
課長)いえ、それは聞いていません。至急確認します。
佐藤)連絡お待ちします。

ほどなく電話が入りました。
課長の説明によれば次の通りです。

再開発組合に確認したところ、現在1階から2階にかけコンクリート打設をしているが、床部分のコンクリートを押さえるための「左官押さえ」という工程のために、深夜の作業を行った。
工事協定書にも作業日と作業時間の定めがあるが、その他必要に応じて作業が夜間に及ぶ場合はあリ得るとなっている。
今回の工事については12月8日(土)に駅前の掲示板の張り紙で伝えたし、沿道の方には口頭でお伝えした。


課長の話は、二つの重大な要素をはらんでいます。


一つは、10日深夜に行われた作業は、決して臨時的なものではなく、通常の工程であり、今後26階まで立ち上がる中で定期的に何回も行われるものである、ということ。
そしてもう一つは、市は事前に全く承知していなかった、ということです。

民間マンション現場でも、作業が深夜に及ぶケースは聞きます。しかしそれは、悪天候続きや何らかのアクシデントで作業に著しい遅れが生じたとか、周囲に音を出さない範囲で内装工事を急ぎたいとかいう場合ではないでしょうか。
この夜は、現場には煌々と照明が光り、工事現場でよく聞かれる鉄パイプがぶつかり合う音もしていたと言います。
現場と4mの道路を隔てたところには、民家が密集しているのです。

それに、何が「口頭で伝えた」でしょうか。目の前の方が聞いていないのです。「やるべきことをやっていません」という意味でしょうか…。
せめて小さな掲示板に貼り出したのと同様の紙を数日前には周辺に確実に配り歩くくらいのことをどうしてやらないのでしょうか?純粋な民間マンション工事でも、それくらいのことは行う業者がたくさんあります。

一般質問でも質した「最近、工事車両に約束した目印がついていない」という件も、「ダンプカーにはつけることを約束したが、コンクリートミキサー車については約束していない、と組合が言っている」とのこと。
私は、目印そのものの問題もありますが、それ以上に工事自体がどんどんルーズになっている印象を持っているので質問でふれたのです。

今まで一貫して近隣の皆さんからあからさまな異論が出てこなかったのは、役所が深く絡む極めて公共的な事業だからであり、旧い地域ゆえ再開発組合の幹部たちとも旧知の間柄だからです。
近隣の皆さんが黙っているのをいいことに、どこまで負担だけを押しつけ続けるつもりなのでしょうか?

「左官押さえ」は夜間しかできない工事なのでしょうか?そんなことはないでしょう。
本来は昼間の工程に入れるべき作業を、工期を短縮するために夜中に入れているとしたら、大変な問題だと考えています。
そう言えば以前、公表されている工期ではとてもおさまらないはずですよ、というコメントを事情に詳しい複数の方からいただいたことがありました。何か常識外の無理をしないと間に合わないはずです、とも。

もし業界等で事情に通じている方がいらっしゃったら、ぜひ教えてくださいませんか?
住宅地に隣接している超高層マンション現場で、夜中に「左官押さえ」をはじめとする作業を行うことは「よくある」ことなのでしょうか?


課長には、今後の作業工程の中でいったいどれくらいの深夜作業を計画しているのかを、再開発組合に大至急確認した上で再度連絡をください、と伝えました。
次の深夜作業日がわかり次第、まずは現場に出向くつもりですが、深夜の工事が常態化することのないよう、市や東京都に対しても厳正な指導を求めていきます。

冒頭のとても大きな看板は、西口工事現場の南端に立っているものです。
今年を象徴する漢字は「偽」だそうですが…。
組合にも施工業者の東亜建設工業にも、一日も早く信頼に足るレベルになってほしいものです。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
一つは、10日深夜に行われた作業は、決して臨時的なものではなく、通常の工程であり、今後26階まで立ち上がる中で定期的に何回も行われるものである、ということ。
そしてもう一つは、市は事前に全く承知していなかった、ということです。

民間マンション現場でも、作業が深夜に及ぶケースは聞きます。しかしそれは、悪天候続きや何らかのアクシデントで作業に著しい遅れが生じたとか、周囲に音を出さない範囲で内装工事を急ぎたいとかいう場合ではないでしょうか。
この夜は、現場には煌々と照明が光り、工事現場でよく聞かれる鉄パイプがぶつかり合う音もしていたと言います。
現場と4mの道路を隔てたところには、民家が密集しているのです。

それに、何が「口頭で伝えた」でしょうか。目の前の方が聞いていないのです。「やるべきことをやっていません」という意味でしょうか…。
せめて小さな掲示板に貼り出したのと同様の紙を数日前には周辺に確実に配り歩くくらいのことをどうしてやらないのでしょうか?純粋な民間マンション工事でも、それくらいのことは行う業者がたくさんあります。

一般質問でも質した「最近、工事車両に約束した目印がついていない」という件も、「ダンプカーにはつけることを約束したが、コンクリートミキサー車については約束していない、と組合が言っている」とのこと。
私は、目印そのものの問題もありますが、それ以上に工事自体がどんどんルーズになっている印象を持っているので質問でふれたのです。

今まで一貫して近隣の皆さんからあからさまな異論が出てこなかったのは、役所が深く絡む極めて公共的な事業だからであり、旧い地域ゆえ再開発組合の幹部たちとも旧知の間柄だからです。
近隣の皆さんが黙っているのをいいことに、どこまで負担だけを押しつけ続けるつもりなのでしょうか?

「左官押さえ」は夜間しかできない工事なのでしょうか?そんなことはないでしょう。
本来は昼間の工程に入れるべき作業を、工期を短縮するために夜中に入れているとしたら、大変な問題だと考えています。
そう言えば以前、公表されている工期ではとてもおさまらないはずですよ、というコメントを事情に詳しい複数の方からいただいたことがありました。何か常識外の無理をしないと間に合わないはずです、とも。

もし業界等で事情に通じている方がいらっしゃったら、ぜひ教えてくださいませんか?
住宅地に隣接している超高層マンション現場で、夜中に「左官押さえ」をはじめとする作業を行うことは「よくある」ことなのでしょうか?


課長には、今後の作業工程の中でいったいどれくらいの深夜作業を計画しているのかを、再開発組合に大至急確認した上で再度連絡をください、と伝えました。
次の深夜作業日がわかり次第、まずは現場に出向くつもりですが、深夜の工事が常態化することのないよう、市や東京都に対しても厳正な指導を求めていきます。

冒頭のとても大きな看板は、西口工事現場の南端に立っているものです。
今年を象徴する漢字は「偽」だそうですが…。
組合にも施工業者の東亜建設工業にも、一日も早く信頼に足るレベルになってほしいものです。
スポンサーサイト

【2007/12/13 00:13】 | まちづくり・都市計画・防災
トラックバック(0) |

左官押さえ
元工事をやっていた人間より
通常、左官押えはコンクリートを打設して荒均しを行った後、水が引いてから(表面から水がなくなった状態)行います。水が引くまでは、何時間かかかります。大きな面積の場合、一日かかってコンクリートを打設するようになります。荒均しが終わっても、鏝を引くときは夜になるでしょう。当然明りも必要です。多少鉄パイプがあたる音もするかもしれません。なれない音なので、うるさく感じる人もいるでしょう。ただ、現場ではなるべく気をつけていると思いますよ。

久々に
抹茶
コメントです。

コンクリート打設は構造上の品質を保つためにもその階の柱と上の階の床までは一緒に打つ事が殆どです。
その際に床面のレベルを出すためにもコテ押えまでは打設直後に行わなければなりません。(翌日ではもう固まって作業できない)

往々にして1階柱から2階床までの打設は、躯体量も大きく、かつ地上階最初の打設と言う事もあり手順等の不慣れで夕刻時間内までに終わらない事も結構あります。
さらに今回は高層RC造なので、恐らく高強度コンクリート使用であり、普通強度のコンクリートとはかなり性状が違うのでそういう面からも手間取った可能性はあります。

今後は同じ工事の繰り返しになりますので、手際も慣れてくれば今回みたいに深夜までって事は無くなってくるとは思いますが、それにしてもちょっと時間かかり過ぎですね。

気になるのは基礎工事段階で異様に時間がかかっていること。春先に着工してから8か月もかかってやっと1階打設は長すぎます。

何か施工上の問題で設計変更が生じ、変更申請期間中足止されてたって可能性もありますが・・・

Re:左官押さえ
佐藤まさたか
元工事をやっていた人間さん 
専門のお立場から早速にコメントくださり、どうもありがとうございます。

そうですね、現場で働く方たちは十分気を使ってくださっているのでしょうね。西口もそうだと思います。
ただ、目の前の人家に何の説明もなく深夜の作業をしてしまう再開発組合と元請け工事会社の感覚が残念でなりません。これまでもそんなことばかりでしたので…。
また、この作業だけを夜中に考えているのか、それともこの程度の作業なら他も夜中にやってしまおうと考えているのか。住民の方はそのことも大変気にされていました。

Re:久々に
佐藤まさたか
抹茶さん お久しぶりです。お元気でしたでしょうか。
早速のコメント、詳細な解説、本当にありがとうございます。
よ~くわかりました。

私が一番気になっているのは、これだけの公金を入れ、行政も深く噛んでいるのですから、より丁寧にきめ細かく地域や市民と向き合おうとするならわかるのですが、実態は民間事業よりずっと乱暴で高圧的な姿勢が変わらないという点です。
どうしてなんだろう?とずっと思っています。

また、基本設計を100mビル経験のないセントラルコンサルタントが行っており、施工も単独では100m経験のない東亜建設工業が行っていること、組合支援業務も途中から実績の乏しい新都市開発機構が実質的に行っていること等によって、工事品質に問題が生じる、ということはないのでしょうか?

これまでも、通常では考えられない想定不足、配慮不足から様々なトラブルがありました。
安全管理、周辺対策等、一向に安心できる域になりません…。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
左官押さえ
通常、左官押えはコンクリートを打設して荒均しを行った後、水が引いてから(表面から水がなくなった状態)行います。水が引くまでは、何時間かかかります。大きな面積の場合、一日かかってコンクリートを打設するようになります。荒均しが終わっても、鏝を引くときは夜になるでしょう。当然明りも必要です。多少鉄パイプがあたる音もするかもしれません。なれない音なので、うるさく感じる人もいるでしょう。ただ、現場ではなるべく気をつけていると思いますよ。
2007/12/13(Thu) 12:20 | URL  | 元工事をやっていた人間より #-[ 編集]
久々に
コメントです。

コンクリート打設は構造上の品質を保つためにもその階の柱と上の階の床までは一緒に打つ事が殆どです。
その際に床面のレベルを出すためにもコテ押えまでは打設直後に行わなければなりません。(翌日ではもう固まって作業できない)

往々にして1階柱から2階床までの打設は、躯体量も大きく、かつ地上階最初の打設と言う事もあり手順等の不慣れで夕刻時間内までに終わらない事も結構あります。
さらに今回は高層RC造なので、恐らく高強度コンクリート使用であり、普通強度のコンクリートとはかなり性状が違うのでそういう面からも手間取った可能性はあります。

今後は同じ工事の繰り返しになりますので、手際も慣れてくれば今回みたいに深夜までって事は無くなってくるとは思いますが、それにしてもちょっと時間かかり過ぎですね。

気になるのは基礎工事段階で異様に時間がかかっていること。春先に着工してから8か月もかかってやっと1階打設は長すぎます。

何か施工上の問題で設計変更が生じ、変更申請期間中足止されてたって可能性もありますが・・・
2007/12/13(Thu) 18:25 | URL  | 抹茶 #wriFTfcY[ 編集]
Re:左官押さえ
元工事をやっていた人間さん 
専門のお立場から早速にコメントくださり、どうもありがとうございます。

そうですね、現場で働く方たちは十分気を使ってくださっているのでしょうね。西口もそうだと思います。
ただ、目の前の人家に何の説明もなく深夜の作業をしてしまう再開発組合と元請け工事会社の感覚が残念でなりません。これまでもそんなことばかりでしたので…。
また、この作業だけを夜中に考えているのか、それともこの程度の作業なら他も夜中にやってしまおうと考えているのか。住民の方はそのことも大変気にされていました。
2007/12/13(Thu) 23:33 | URL  | 佐藤まさたか #-[ 編集]
Re:久々に
抹茶さん お久しぶりです。お元気でしたでしょうか。
早速のコメント、詳細な解説、本当にありがとうございます。
よ~くわかりました。

私が一番気になっているのは、これだけの公金を入れ、行政も深く噛んでいるのですから、より丁寧にきめ細かく地域や市民と向き合おうとするならわかるのですが、実態は民間事業よりずっと乱暴で高圧的な姿勢が変わらないという点です。
どうしてなんだろう?とずっと思っています。

また、基本設計を100mビル経験のないセントラルコンサルタントが行っており、施工も単独では100m経験のない東亜建設工業が行っていること、組合支援業務も途中から実績の乏しい新都市開発機構が実質的に行っていること等によって、工事品質に問題が生じる、ということはないのでしょうか?

これまでも、通常では考えられない想定不足、配慮不足から様々なトラブルがありました。
安全管理、周辺対策等、一向に安心できる域になりません…。
2007/12/14(Fri) 00:02 | URL  | 佐藤まさたか #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。