無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災から1年。
それぞれの思いの中で、今日を迎え、過ごされていることと思います。
東村山市では震災フェアが開催され、私は午後の講演会の席で来場されていた方たちとともに黙祷を捧げました。

ついつい目の前のことに追われてしまう毎日ですが、南相馬の真野小学校の子どもたち、鹿島のテント村の方たち、石巻市雄勝で出会ったご夫妻、気仙沼市大島のおバカ隊の方たち…現地で出会った方たちの顔を思い出しています。また訪ねたいと思いますし、決して忘れることなくいたいと思います。

昨年の今日は、予算特別委員会の開会中で、ちょうど私の「総務費」質疑の最中でした。
「情報化推進事業費」に関連して、災害時のホームページアクセスに不具合が生じないような設計になっているのかを質し、情報システム課長からは「災害時には、通常ページから災害用ページに切りかわるようになっております。~飛躍的にアクセス数が伸びることが想定されておりますことから、災害用トップページは、画像等を必要最小限にいたしまして、災害時に必要な情報に特化した内容のみ掲載することで、災害時のアクセス増にも十分耐えられる設計となっております。」という答弁がありましたが、実際にはアクセス集中によるトラブルがしばらく続いたと記憶しています。

私は続けて、「職員研修経費」「福利厚生費」「職員互助会補助金」、そして庁内の協働推進体制について質し、大西市民協働課長の答弁を受けている時、突然ものすごい揺れが襲いました。
机の上の書類を両手で抑えながら、止むはずだと思っている揺れがさらに大きく激しくなることに驚き、田中副委員長(当時)が休憩を宣したため、何も持たずに市役所1階玄関前に急ぎました。
その後、委員一同は集められ、玄関前で立ったまま再開し、山川委員長が散会を宣告。

当日の会議録には次のように記録されています。



佐藤委員)市民活動の促進事業費ですけれども~(略)~職員に限って伺いますけれども、全庁にどうやってこの精神を徹底するのかということについて、お考えをまず課長に伺っておきたいと思います。

大西市民協働課長)~市民協働の実態概念は、今、佐藤委員が申し上げたとおり、非常に幅広く、個々の職員や所管によって考え方に幅があることから、御質疑どおり、全庁的に市民協働の考え方やルールなど、担当所管によって、また……

田中副委員長)休憩します。

午後2時48分休憩

午後3時20分再開


山川委員長)再開します。ただいま再開いたしましたが、このような状態ですので、本日はこれで終了します。なお、次回の委員会については、週明けに連絡いたします。本日の分については、16日に行うことになると思いますので、よろしくお願いします。本日の予算特別委員会は、以上をもって終了いたします。

午後3時21分閉会

【事務局付記】
・午後2時46分、「東日本大震災(マグニチュード9)」発生。
・「午後3時20分再開」以後は、避難した本庁舎正面入り口前広場での会議である。
 東村山市議会委員会条例第30条の規定により、ここに署名又は押印する。

予算特別委員長 山川昌子  予算特別副委員長 田中富造




さて、明日(12・月)からは、24年度予算案を審議する特別委員会です。
日程は12(月)13(火)15(木)16(金)の4日間を予定。

明日はまず一般会計の歳入部分を、自民党、公明党、共産党、変わろう!議会、草の根、市民自治、みんなの党の順番で質疑に立ちます。私たちの会派(変!議)は奥谷議員が以下の内容を事前通告しています。大会派から順に回るので、重複しそうな点は避けて用意をしています。また、持ち時間をにらみながらなので、一部割愛する可能性もありながら、となります。
明日は「歳入」で終わり、2日目が「議会費」「総務費」、3日目に入り「民生費」「衛生費」、その後「労働費」「農林業費」「商工費」「土木費」「教育費」等、そして4つの特別会計予算(国民健康保険・介護保険・後期高齢者医療・下水道)の審議に入ります。
市役所6階の第一委員会室での開催。もちろん傍聴していただけます。


1.市税等収納率向上基本方針下降修正について
達成可能な数値として、市税等収納率向上基本方針を下降修正したが、未達成の場合の責任の所在が明確ではない。株主総会で反映させる等の明確な責任の取り方を考えているか伺う。

2.児童クラブ・保育所
保育所や児童クラブ入所の際に必要となる「就労証明書等」を販売する「アリバイ会社」があるという報道があった。適正に書類を提出されている保護者との平等の観点から、何らかの対策が必要だと感じる。どのようなチェック体制をとっているか伺う。
3.公金横領事件再発防止
平成20年に公金横領事件再発防止委員会を前副市長が委員長として立ち上げ、公金管理適正化検討部会が開催されて、報告書が作成された。
1)副市長が新たに就任されたが、前副市長からの引き継ぎはどのようにされたのか伺う。
2)マンネリ化せず毎年、しっかりと見直しをしていく必要があると考えるが、平成24年度はどのように改善を考えているか伺う。

4.財産売り払い収入
1)土地売払収入の対象地は?売払予定が不調に終わっている土地はどこで、なぜか伺う。
2)新たに検討された売払収入源はないのか伺う。

5.雑入
1)庁舎や公共施設に設置されている自動販売機への新規参入はその後検討されたか伺う。
2)庁舎内での物品販売や営業活動が許されている事業者は、どのような許可を受けているのか伺う。

6.ペットボトル等再商品化事業配分収入
1)容器包装プラスチック分とペットボトル分をそれぞれいくらずつ見込んでいるのか伺う。
2)予算額と決算額の乖離は想定できるのか伺う。
3)容器包装プラスチックの品質は95%以上を目標としているか。していなければ、なぜなのか伺う。

7.循環型社会形成推進交付金、秋水園リサイクルセンター建設事業債
1)交付金割合が決定するのはいつか。1/3交付でない場合、1/9や2/9の場合、市の持ち出しとしていくら増額しなければならないと見込まれるか伺う。
2)償還計画を明らかにしていただきたい。交付金が1/3を下回った1/9や2/9の場合は、どう想定しているのか伺う。





スポンサーサイト


追記を閉じる▲
「情報化推進事業費」に関連して、災害時のホームページアクセスに不具合が生じないような設計になっているのかを質し、情報システム課長からは「災害時には、通常ページから災害用ページに切りかわるようになっております。~飛躍的にアクセス数が伸びることが想定されておりますことから、災害用トップページは、画像等を必要最小限にいたしまして、災害時に必要な情報に特化した内容のみ掲載することで、災害時のアクセス増にも十分耐えられる設計となっております。」という答弁がありましたが、実際にはアクセス集中によるトラブルがしばらく続いたと記憶しています。

私は続けて、「職員研修経費」「福利厚生費」「職員互助会補助金」、そして庁内の協働推進体制について質し、大西市民協働課長の答弁を受けている時、突然ものすごい揺れが襲いました。
机の上の書類を両手で抑えながら、止むはずだと思っている揺れがさらに大きく激しくなることに驚き、田中副委員長(当時)が休憩を宣したため、何も持たずに市役所1階玄関前に急ぎました。
その後、委員一同は集められ、玄関前で立ったまま再開し、山川委員長が散会を宣告。

当日の会議録には次のように記録されています。



佐藤委員)市民活動の促進事業費ですけれども~(略)~職員に限って伺いますけれども、全庁にどうやってこの精神を徹底するのかということについて、お考えをまず課長に伺っておきたいと思います。

大西市民協働課長)~市民協働の実態概念は、今、佐藤委員が申し上げたとおり、非常に幅広く、個々の職員や所管によって考え方に幅があることから、御質疑どおり、全庁的に市民協働の考え方やルールなど、担当所管によって、また……

田中副委員長)休憩します。

午後2時48分休憩

午後3時20分再開


山川委員長)再開します。ただいま再開いたしましたが、このような状態ですので、本日はこれで終了します。なお、次回の委員会については、週明けに連絡いたします。本日の分については、16日に行うことになると思いますので、よろしくお願いします。本日の予算特別委員会は、以上をもって終了いたします。

午後3時21分閉会

【事務局付記】
・午後2時46分、「東日本大震災(マグニチュード9)」発生。
・「午後3時20分再開」以後は、避難した本庁舎正面入り口前広場での会議である。
 東村山市議会委員会条例第30条の規定により、ここに署名又は押印する。

予算特別委員長 山川昌子  予算特別副委員長 田中富造




さて、明日(12・月)からは、24年度予算案を審議する特別委員会です。
日程は12(月)13(火)15(木)16(金)の4日間を予定。

明日はまず一般会計の歳入部分を、自民党、公明党、共産党、変わろう!議会、草の根、市民自治、みんなの党の順番で質疑に立ちます。私たちの会派(変!議)は奥谷議員が以下の内容を事前通告しています。大会派から順に回るので、重複しそうな点は避けて用意をしています。また、持ち時間をにらみながらなので、一部割愛する可能性もありながら、となります。
明日は「歳入」で終わり、2日目が「議会費」「総務費」、3日目に入り「民生費」「衛生費」、その後「労働費」「農林業費」「商工費」「土木費」「教育費」等、そして4つの特別会計予算(国民健康保険・介護保険・後期高齢者医療・下水道)の審議に入ります。
市役所6階の第一委員会室での開催。もちろん傍聴していただけます。


1.市税等収納率向上基本方針下降修正について
達成可能な数値として、市税等収納率向上基本方針を下降修正したが、未達成の場合の責任の所在が明確ではない。株主総会で反映させる等の明確な責任の取り方を考えているか伺う。

2.児童クラブ・保育所
保育所や児童クラブ入所の際に必要となる「就労証明書等」を販売する「アリバイ会社」があるという報道があった。適正に書類を提出されている保護者との平等の観点から、何らかの対策が必要だと感じる。どのようなチェック体制をとっているか伺う。
3.公金横領事件再発防止
平成20年に公金横領事件再発防止委員会を前副市長が委員長として立ち上げ、公金管理適正化検討部会が開催されて、報告書が作成された。
1)副市長が新たに就任されたが、前副市長からの引き継ぎはどのようにされたのか伺う。
2)マンネリ化せず毎年、しっかりと見直しをしていく必要があると考えるが、平成24年度はどのように改善を考えているか伺う。

4.財産売り払い収入
1)土地売払収入の対象地は?売払予定が不調に終わっている土地はどこで、なぜか伺う。
2)新たに検討された売払収入源はないのか伺う。

5.雑入
1)庁舎や公共施設に設置されている自動販売機への新規参入はその後検討されたか伺う。
2)庁舎内での物品販売や営業活動が許されている事業者は、どのような許可を受けているのか伺う。

6.ペットボトル等再商品化事業配分収入
1)容器包装プラスチック分とペットボトル分をそれぞれいくらずつ見込んでいるのか伺う。
2)予算額と決算額の乖離は想定できるのか伺う。
3)容器包装プラスチックの品質は95%以上を目標としているか。していなければ、なぜなのか伺う。

7.循環型社会形成推進交付金、秋水園リサイクルセンター建設事業債
1)交付金割合が決定するのはいつか。1/3交付でない場合、1/9や2/9の場合、市の持ち出しとしていくら増額しなければならないと見込まれるか伺う。
2)償還計画を明らかにしていただきたい。交付金が1/3を下回った1/9や2/9の場合は、どう想定しているのか伺う。





スポンサーサイト

【2012/03/11 18:31】 | 議会報告
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。