無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日(4月19日)、市長より4月26日(木)に臨時議会を招集する旨の告示が以下のようにありました。

臨時会招集告示

案件は「防災行政無線デジタル機器設置工事(第1期)請負契約」「市税条例の専決処分報告」の2件。





議案とともに配布された参考資料によると、防災無線デジタル化の工事については、3月から4月にかけて「公募型プロポーザル方式」で事業者選定が行われ、4社(応募は5社で1社辞退)による書類選考とプレゼンの結果、「日本無線株式会社」が1億3,053万6,000円(予定価格は1億8,632万2,858円)と仮契約。
1億5千万円以上の契約については議会の議決が必要なため、臨時議会の開会となったわけです。

同社を選定した理由としては
・設置予定の32か所の子局のスピーカー毎に音声制御が可能なため、町別、地域別の放送が可能となる。テレホンサービス機能、メールによる情報発信を一元操作による多角的な情報発信が可能。無線電話によって親局と子局の日常的な連絡も可能等。
・停電時にも96時間の無停電対応が可能で、ソーラーパネル電源を保有している。
・親局からの制御でスピーカー毎に6段階の音量制御が可能。
・緊急時の支援体制が整備されていて、災害時の迅速な対応が可能。
等とされています。

今日は臨時議会当日の議会運営を話し合いましたが、臨時議会当日は、10時から新たな管理職体制の紹介があり、その後ただちに議案に入ることとなります。

尚、これとは別に、請願2件が付託されている議会運営委員会をいつ開催するかの調整も行い、5月9日(水)午前10時からと決まりました。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
議案とともに配布された参考資料によると、防災無線デジタル化の工事については、3月から4月にかけて「公募型プロポーザル方式」で事業者選定が行われ、4社(応募は5社で1社辞退)による書類選考とプレゼンの結果、「日本無線株式会社」が1億3,053万6,000円(予定価格は1億8,632万2,858円)と仮契約。
1億5千万円以上の契約については議会の議決が必要なため、臨時議会の開会となったわけです。

同社を選定した理由としては
・設置予定の32か所の子局のスピーカー毎に音声制御が可能なため、町別、地域別の放送が可能となる。テレホンサービス機能、メールによる情報発信を一元操作による多角的な情報発信が可能。無線電話によって親局と子局の日常的な連絡も可能等。
・停電時にも96時間の無停電対応が可能で、ソーラーパネル電源を保有している。
・親局からの制御でスピーカー毎に6段階の音量制御が可能。
・緊急時の支援体制が整備されていて、災害時の迅速な対応が可能。
等とされています。

今日は臨時議会当日の議会運営を話し合いましたが、臨時議会当日は、10時から新たな管理職体制の紹介があり、その後ただちに議案に入ることとなります。

尚、これとは別に、請願2件が付託されている議会運営委員会をいつ開催するかの調整も行い、5月9日(水)午前10時からと決まりました。
スポンサーサイト

【2012/04/19 18:44】 | 議会報告
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。