無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の議会運営委員会で行われた「議会改革」の議論には、市民の方たちが約10名、議員が5名ほど傍聴席を埋めました。
詳細は薄井議員が既に伝えていますが、以下の3点が調査項目と決定されました。
①インターネット中継実現へ向けて調査
②現行の質問時間制限について
③資料請求のあり方について

①はそのものズバリ。実は過去に議会運営委員会として他自治体への視察も行っており、渡部新市長のマニフェストにも明記されていることから、もはや調査という段階ではないはずです。あとは実現時期を定めて、具体的方法を検討、吟味していくということではないかと思うのです。
②は、東村山市議会が誇る?ローカルルールの最たるもので、26市中で断トツの「制限中」。
言論の府とはおよそ無縁の時間制限は、延々と何時間も特異な論理で非常識な主張を続ける東村山特有の議員の存在がその理由と聞いてきました。
しかし、だからと言って議会がよくなったのか、と言えば大いに疑問であり、本来のあり方に戻すべきであることは明らかです。
特異なケースを言い訳に私たちが自らの手足を縛ったり市民に見せないようにするのではなく、包み隠さず全部見せていけば、おのずと何がおかしいのかは市民の皆さんが見極めることになるに違いありません。

③も実は②と同じ理由が主に語られてきました。
ゆえに、すでに他の委員会や審議会などで委員に配布されている資料であっても、「情報公開窓口」を通してください、と言われるのです。
また議案審査や委員会質疑に際して、前提となる数値や他市の状況など基本的な点については、資料請求によって得ておいてから、本当に質すべき点を質し、議論を深める、というのが他市の常識ですが、東村山ではそれがあまり行われていないのが実情。
本当に必要な議論を効果的に行うためには、これも大事なポイントとなります。

そういう意味で全く遅ればせながら、ではありますが、東村山市議会が本来あるべき方向へ向かおうと歩みを始めたことは間違いないと思います。

ところで、議会傍聴を通じて東村山市議会のルール面での問題点を感じ、いったいどこがどうおかしいのだろうか?と思い立った市民の方々が、26市すべての議会事務局へ「議会ルールについてのアンケート調査」を実施されたことを知りました。
私も一部見せていただきましたが、26市で東村山だけ、というルールがいくつもあることが客観的にわかり、あらためて改善を急がなくてはならないと痛感します。

議会改革には敵味方はないはずで、問題はどれだけスピードアップして取り組めるか、ということになるでしょう。
どれだけ謙虚に現実と向き合って、徹底的に市民の目線に立って進められるかどうか。議会改革の生命線はそこだろうと思っています。

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
②は、東村山市議会が誇る?ローカルルールの最たるもので、26市中で断トツの「制限中」。
言論の府とはおよそ無縁の時間制限は、延々と何時間も特異な論理で非常識な主張を続ける東村山特有の議員の存在がその理由と聞いてきました。
しかし、だからと言って議会がよくなったのか、と言えば大いに疑問であり、本来のあり方に戻すべきであることは明らかです。
特異なケースを言い訳に私たちが自らの手足を縛ったり市民に見せないようにするのではなく、包み隠さず全部見せていけば、おのずと何がおかしいのかは市民の皆さんが見極めることになるに違いありません。

③も実は②と同じ理由が主に語られてきました。
ゆえに、すでに他の委員会や審議会などで委員に配布されている資料であっても、「情報公開窓口」を通してください、と言われるのです。
また議案審査や委員会質疑に際して、前提となる数値や他市の状況など基本的な点については、資料請求によって得ておいてから、本当に質すべき点を質し、議論を深める、というのが他市の常識ですが、東村山ではそれがあまり行われていないのが実情。
本当に必要な議論を効果的に行うためには、これも大事なポイントとなります。

そういう意味で全く遅ればせながら、ではありますが、東村山市議会が本来あるべき方向へ向かおうと歩みを始めたことは間違いないと思います。

ところで、議会傍聴を通じて東村山市議会のルール面での問題点を感じ、いったいどこがどうおかしいのだろうか?と思い立った市民の方々が、26市すべての議会事務局へ「議会ルールについてのアンケート調査」を実施されたことを知りました。
私も一部見せていただきましたが、26市で東村山だけ、というルールがいくつもあることが客観的にわかり、あらためて改善を急がなくてはならないと痛感します。

議会改革には敵味方はないはずで、問題はどれだけスピードアップして取り組めるか、ということになるでしょう。
どれだけ謙虚に現実と向き合って、徹底的に市民の目線に立って進められるかどうか。議会改革の生命線はそこだろうと思っています。

スポンサーサイト

【2007/12/17 23:54】 | 変えよう!議会
トラックバック(0) |

No title
富士見公園
「議会ルールについてのアンケート」内容知りたい、
どうすれば知りえますか。

富士見公園さんへ
佐藤まさたか
こんばんは。
アンケートですが、まとめられた方々が機会を見て発表されると聞いています。
情報が入り次第、またお知らせいたします。

議会の音声公開
iinkai
議会の音声での公開は、コストがかからずできるはずです。現在議事録の意味から、録音はしていると思われます。それをMP3などに変換してホームページ上に公開するのは容易です。その後に、画像、動画も含めた公開をするのはいかがでしょうか。いつまでも議会の内容を傍聴者だけでとどめておくのはあまりにもおかしいし、他の区市町村でも、ケーブルテレビやコミニティFMなどで集計されているのはご存知なはず。まずは議会の公開をすぐに始めてほしい。

Re:議会の音声公開
佐藤まさたか
iinkaiさん コメントありがとうございます。

確かに音声公開については、コストもそうかからないで実現可能だと私も思います。
現在の録音方法がデジタル化されているのか等、確認してみないとわからないこともあり、調べてまたお伝えしたいと思います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
「議会ルールについてのアンケート」内容知りたい、
どうすれば知りえますか。
2007/12/18(Tue) 18:48 | URL  | 富士見公園 #-[ 編集]
富士見公園さんへ
こんばんは。
アンケートですが、まとめられた方々が機会を見て発表されると聞いています。
情報が入り次第、またお知らせいたします。
2007/12/18(Tue) 22:38 | URL  | 佐藤まさたか #-[ 編集]
議会の音声公開
議会の音声での公開は、コストがかからずできるはずです。現在議事録の意味から、録音はしていると思われます。それをMP3などに変換してホームページ上に公開するのは容易です。その後に、画像、動画も含めた公開をするのはいかがでしょうか。いつまでも議会の内容を傍聴者だけでとどめておくのはあまりにもおかしいし、他の区市町村でも、ケーブルテレビやコミニティFMなどで集計されているのはご存知なはず。まずは議会の公開をすぐに始めてほしい。
2007/12/27(Thu) 14:17 | URL  | iinkai #-[ 編集]
Re:議会の音声公開
iinkaiさん コメントありがとうございます。

確かに音声公開については、コストもそうかからないで実現可能だと私も思います。
現在の録音方法がデジタル化されているのか等、確認してみないとわからないこともあり、調べてまたお伝えしたいと思います。
2008/01/01(Tue) 21:49 | URL  | 佐藤まさたか #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。