無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泊原発3号機が点検に入るため、今日5月5日をもって全国50基が全て停止、と報じられています。

国民投票、都民投票に関連したことは書いたりツイートしたりしてきましたが、原発問題自体へのコメントやアクションは表立ってあまりしてきませんでした。
なぜなら…、「いつの間にやら増えていた~」と清志郎さんが唄った通り、確かにいつの間にやらだったとしても、気づかず、考えずに来た自分自身がいます。それを考えると、デモに参加して「反対!」とシュプレヒコールを上げる気にもなれず。今日も「反原発の集会とデモ。芝公園23号地にて13時から。現地で会いたいな」という知人からのメールをスルーしたりしているわけです。

しかし、事故がもたらした取り返しのつかない結果を見たとき、日本経済の発展とか地元経済の振興とか、ゼニカネの話で語るようなことではない、というのが私の中にずっと流れる思いです。

そういう意味で、ドイツが脱原発を改めて決めた理由「人としての倫理にもとる」が、もっともしっくり来ています。

今頃ですが、青木理さんのこんな発言を見つけました。
アサヒニュースター 2011年12月15日放送分 「青木理の眼」 

今日はこどもの日。
次の世代を幸せにする、なんて大きなことは言えなくとも、少なくとも次の世代に不幸のつけ回しはしない、ということくらい、心に決めたい。そう思う夜です。
スポンサーサイト

【2012/05/05 23:59】 | 原発・震災
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。