無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日(5月29日)市長より招集告示があり、6月5日(火)から定例市議会が開かれることが正式に決まりました。

初日に提案される議案は以下の6件です。

議案第20号 東村山市組織条例等の一部を改正する条例
議案第21号 東村山市税条例の一部を改正する条例
議案第22号 東村山市国民健康保険税条例の一部を改正する条例
議案第23号 東村山市立図書館協議会設置条例等の一部を改正する条例
議案第24号 東村山市道路線(多摩湖町1丁目地内)の廃止
議案第25号 東村山市道路線(多摩湖町1丁目地内)の認定


そして東村山市議会では、これまで議員提案の議案だけだったWEB上での公開を、本日から市長提案の議案についても始めました。
こちらの市議会のページから、どなたにでもご覧いただけます。

なんだそんなことか…と言われるかもしれませんが、日経グローカルが実施した「第2回議会改革度調査」によれば、今年4月段階でネット公開は全国810市区議会のうち149議会(18.6%)に留まっており、人員減&業務増の中で議会事務局が相当頑張って実現させてくれたもの。

同調査によるランキングでは、東村山市議会は419位。2年前の第1回調査時は696位でした。

また、3つの指標が偏差値として示されており、公開度偏差値が67.10と総合順位6位の所沢市議会(66.47)よりも高い評価を得ている一方で、「住民参加度偏差値」は39.60、「運営改善度偏差値」は38.77と大変低く、結果として「総合偏差値」は46.74とされています。
所沢市議会が住民参加度85.15、運営改善度80.18であるのとは対照的な結果です。

同じく公開度を左右する「票決した議案に対する賛否の公開」についても、東村山市議会では市議会だよりと市議会HPの両方で全議員の賛否を公開していますが、全国的には非公開が半数以上、公開していても会派単位の公開や一部公開が多く、当市議会同様の公開は全体の16.5%に過ぎません。
また、本会議と委員会両方の議事録ネット公開(全国で18.3%)ははるか以前から行っていますし、政務調査費の使徒のネットと議会報での公開(全国では9.7%)も昨年度より始めています。

一方で、住民参加度の重要な指標である「議会報告会」や「参考人制度の活用」、議会の運営改善度を示す「一問一答方式の導入」「議員間の自由討議」等は全くできていませんし、「政策条例の議員提案」もゼロのまま。

これらから、東村山市議会では、議会事務局の実務として改善が施せる面はかなり進めてきている一方、議会の議員同士が合意し、議員自身が担わないと改善しない課題については遅々として進んでいない、ということを突きつけられていると私は受け止めています。

議会事務局は文字通り、議長、そして議会の意思で動くセクションですが、事務局の充実次第で議会運営が大きく変わることもまた、全国的に見えてくる事実です。
事務局を活かすも殺すも議会次第、と改革度の高いある地方議会の議長さんがおっしゃっていたことを思い出します。

私たち東村山市議会で問われているのは、議員一人ひとりの本気度です。

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
また、3つの指標が偏差値として示されており、公開度偏差値が67.10と総合順位6位の所沢市議会(66.47)よりも高い評価を得ている一方で、「住民参加度偏差値」は39.60、「運営改善度偏差値」は38.77と大変低く、結果として「総合偏差値」は46.74とされています。
所沢市議会が住民参加度85.15、運営改善度80.18であるのとは対照的な結果です。

同じく公開度を左右する「票決した議案に対する賛否の公開」についても、東村山市議会では市議会だよりと市議会HPの両方で全議員の賛否を公開していますが、全国的には非公開が半数以上、公開していても会派単位の公開や一部公開が多く、当市議会同様の公開は全体の16.5%に過ぎません。
また、本会議と委員会両方の議事録ネット公開(全国で18.3%)ははるか以前から行っていますし、政務調査費の使徒のネットと議会報での公開(全国では9.7%)も昨年度より始めています。

一方で、住民参加度の重要な指標である「議会報告会」や「参考人制度の活用」、議会の運営改善度を示す「一問一答方式の導入」「議員間の自由討議」等は全くできていませんし、「政策条例の議員提案」もゼロのまま。

これらから、東村山市議会では、議会事務局の実務として改善が施せる面はかなり進めてきている一方、議会の議員同士が合意し、議員自身が担わないと改善しない課題については遅々として進んでいない、ということを突きつけられていると私は受け止めています。

議会事務局は文字通り、議長、そして議会の意思で動くセクションですが、事務局の充実次第で議会運営が大きく変わることもまた、全国的に見えてくる事実です。
事務局を活かすも殺すも議会次第、と改革度の高いある地方議会の議長さんがおっしゃっていたことを思い出します。

私たち東村山市議会で問われているのは、議員一人ひとりの本気度です。

スポンサーサイト

【2012/05/29 20:03】 | 議会報告
トラックバック(0) |

Re: 一歩は大切
佐藤まさたか
ねこりぷすさん 初めまして。
コメントありがとうございます。

議会事務局、今とっても前向きに懸案の解決、解消に取り組もうとしてくれています。
できることはどんどんやっていく、という姿勢を私たち議員がもっとはっきり持てば、加速する話。

これからも率直なご意見をお寄せいただければ幸いです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: 一歩は大切
ねこりぷすさん 初めまして。
コメントありがとうございます。

議会事務局、今とっても前向きに懸案の解決、解消に取り組もうとしてくれています。
できることはどんどんやっていく、という姿勢を私たち議員がもっとはっきり持てば、加速する話。

これからも率直なご意見をお寄せいただければ幸いです。
2012/06/05(Tue) 18:08 | URL  | 佐藤まさたか #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。