無所属の東村山市議会議員・佐藤まさたかです。市議としての活動、考え、こぼれ話、余談、雑感…。実感ある発信を続けていきたいと思っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出初式 一斉放水の様子

今年の出初式はいつになく穏やかな天候に恵まれ、平日にも関わらず大勢の方が長い時間足を止めて見ておられました。
東村山駅東口ロータリー内の北側に設けられた本部テントには市議会議員の席も用意されているのですが、私は今年も人垣の中から見学させてもらいました。前半の式典が続く間、ロータリーの南側では近隣の保育園の子どもたちや親子連れが、停めてある各分団の消防自動車に近づいて眺めたり、写真を撮ったりしています。
11時をだいぶ回った頃になり、7台の消防自動車がサイレンを鳴らしながら次々と登場すると、今か今かと待っていた子どもたちは大喜び。
消防操法と呼ばれるデモンストレーション(昨年東京都の大会で2位になったそうです)も、食い入るように見つめています。
そして間もなく12時という頃に、7台から空高く一斉放水が行われると、子どもたちは大拍手。
出初式は終わりました。

昨年市内で発生した火災の原因トップは、放火だそうです。
日頃のたゆまぬ活動によって市民の安全を守っている市民もいれば、それを脅かす行為に走る市民もいる、という現実。
生業を持ちながら活動を続ける消防団の皆さんに改めて感謝しつつ、活動に対する理解を広めることも私たちの務めであると感じます。

ところで、今年もいくつか気になっていることがあります。

8日の記事に出初式のことを書きましたが、もともとは市のHPにリンクを貼って紹介しようと思ったのでした。ところが…「今週の東村山市」に載っていません。さらにどこを探してもふれられている形跡がないのです。
最近はイベントはもちろん、児童館の行事や種々の会議、審議会も掲載されているので、何かの間違いかと思って所管課へ伝えにも行きましたが、結局最後まで載りませんでした。
市報にも写真入りで載せ、街のあちこちに大きなポスターも貼られていた行事ですから、残念な対応です。

また、今年も10時の開会時から消防自動車の登場と一斉放水を待ち続けながら、待ちくたびれたのか寒さからか、その場を後にした保育園の子どもたちや親子連れが幾人もいました。
この件は昨年も今回も、「インフォメーション時に、一部(セレモニー)と二部(デモンストレーション)という示し方はできないですか?そうすれば目安になるでしょうし…」と議会の委員会でも提案しましたが、そもそもデモンストレーションがメインではないから、という趣旨の反応でした。
まあ理屈は確かにそうなんですけど…小さな子どもたちが(大人もかもしれません)消防団員の皆さんと消防自動車の活躍する姿に胸躍らせることは、とっても意味があることだと思うのですが…。

消防団への理解と協力を広げたい、と真剣に考えるならば、もう少し工夫の余地があるような気がします。

※8日の記事中の写真ですが、市のHPにリンクできなかったために、せめて様子をと思って拝借したのですが、断りなしであったことはまずかったな、と思っています。関係者にお詫びし、削除します。
改めて、市のHP「消防団の役割」を貼っておきます。
東村山市消防団が東京都から表彰されたことなども含めてPRという視点がもっと加えられたり、対象地域を見やすく表示する工夫を施すことなども合わせ、ページが見る側に立ったさらなる充実が図られることを期待しながら…。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
11時をだいぶ回った頃になり、7台の消防自動車がサイレンを鳴らしながら次々と登場すると、今か今かと待っていた子どもたちは大喜び。
消防操法と呼ばれるデモンストレーション(昨年東京都の大会で2位になったそうです)も、食い入るように見つめています。
そして間もなく12時という頃に、7台から空高く一斉放水が行われると、子どもたちは大拍手。
出初式は終わりました。

昨年市内で発生した火災の原因トップは、放火だそうです。
日頃のたゆまぬ活動によって市民の安全を守っている市民もいれば、それを脅かす行為に走る市民もいる、という現実。
生業を持ちながら活動を続ける消防団の皆さんに改めて感謝しつつ、活動に対する理解を広めることも私たちの務めであると感じます。

ところで、今年もいくつか気になっていることがあります。

8日の記事に出初式のことを書きましたが、もともとは市のHPにリンクを貼って紹介しようと思ったのでした。ところが…「今週の東村山市」に載っていません。さらにどこを探してもふれられている形跡がないのです。
最近はイベントはもちろん、児童館の行事や種々の会議、審議会も掲載されているので、何かの間違いかと思って所管課へ伝えにも行きましたが、結局最後まで載りませんでした。
市報にも写真入りで載せ、街のあちこちに大きなポスターも貼られていた行事ですから、残念な対応です。

また、今年も10時の開会時から消防自動車の登場と一斉放水を待ち続けながら、待ちくたびれたのか寒さからか、その場を後にした保育園の子どもたちや親子連れが幾人もいました。
この件は昨年も今回も、「インフォメーション時に、一部(セレモニー)と二部(デモンストレーション)という示し方はできないですか?そうすれば目安になるでしょうし…」と議会の委員会でも提案しましたが、そもそもデモンストレーションがメインではないから、という趣旨の反応でした。
まあ理屈は確かにそうなんですけど…小さな子どもたちが(大人もかもしれません)消防団員の皆さんと消防自動車の活躍する姿に胸躍らせることは、とっても意味があることだと思うのですが…。

消防団への理解と協力を広げたい、と真剣に考えるならば、もう少し工夫の余地があるような気がします。

※8日の記事中の写真ですが、市のHPにリンクできなかったために、せめて様子をと思って拝借したのですが、断りなしであったことはまずかったな、と思っています。関係者にお詫びし、削除します。
改めて、市のHP「消防団の役割」を貼っておきます。
東村山市消防団が東京都から表彰されたことなども含めてPRという視点がもっと加えられたり、対象地域を見やすく表示する工夫を施すことなども合わせ、ページが見る側に立ったさらなる充実が図られることを期待しながら…。
スポンサーサイト

【2008/01/11 23:52】 | まちづくり・都市計画・防災
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。